だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ヘルガの持参金 トロールの愛のものがたり」 みんなの声

ヘルガの持参金 トロールの愛のものがたり 作:トミー・デ・パオラ
絵:ゆあさ ふみえ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1981年9月
ISBN:9784593501540
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,039
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • はたらきもの

    結婚するのに持参金が必要なのにヘルガは持参金を持っていなかったために恋人のラースが他の人にこころがわりしてしまったのは悔しいですね。働き者で頭が良かったヘルガはいっぱい仕事をして持参金を自分の手で稼ぎ出したのです。
    持参金のおおさにラースがきて結婚してほしいといったけど
    ヘルガはラースのことが信じられなくなっていたのです。
    持参金目当てなのが良くわかっていたからなのですね。
    ヘルガそのものにすっかりほれてしまったのは王様でした。
    財産はしっかりもっているので持参金目当てではなく純粋に好きになったのでしょう。
    ヘルガは本当の愛を手にいれたんでしょうね。
    持参金があるかないかではなく
    その人をどれくらい愛しているかが大切なんだということが
    よくわかりました。

    掲載日:2006/11/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • たくましい女

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    美しいトロールの娘ヘルガ。ハンサムな恋人ラースと結婚をしようとしますが、身よりのないヘルガは持参金がありません。
    ヘルガはしおしおと悲嘆するのではなく、見事に自力で稼いだり、ラースと結婚しようとするインジと戦いを始めたり、たくましい女性だなと思いました。
    トロールの間ではお金はとても大きな比率を占めるものらしいですが、ラースがヘルガよりもお金のほうが大事っぽいのが気になっていました。そんなところにラストのヘルガの態度は気持ちが良かったです。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 痛快な

    紹介されなければ知らずにいた絵本でした。

    折しも『ルパン対ホームズ』を読んでいた中に貧しい老教授が娘に持参金を持たせてやらなければ結婚できないというようなくだりがあり、西洋の持参金の持つ意味を考えさせられました。

    持参金を稼ぐために働くヘルガのとてもたくましいこと。これなら一人でも生きていけるような気さえしますが。

    早い時点でインジがヘルガをふってくれたことはかえってよかった気がしました。

    このバイタリティと行動力、私には真似できそうにありませんが、とても痛快なお話でした。

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいい女性

    器量はよいが貧しいトロールの娘ヘルガは、結婚の持参金を自分で作ろうと、秘密道具を持って、人間世界にさっそうと出かけて行きます。彼女の働きっぷりは、お見事の連続。怠け者やら、見栄っ張り、欲張りな人間相手に、莫大な財産をつくっていきます。
    自分の力で幸せを勝ち取るヘルガ。なんだか今時の恋愛ドラマを見ているような気分になりました。お金に目がくらんでフラフラしてしまうハンサム男のラースの甘い言葉を、毅然とはねつけるヘルガのセリフには、スカッとします。娘たちも、ヘルガのようにたくましくかっこいい女性に育ってほしいなと思いました。
    この本は、自分で読める子でも、はじめは読んでもらうといいと思います。陰ながらヘルガを見守る人がいることなど、絵をじっくり見ながらお話しを聞くと楽しいですよ。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「トロール」の特性が面白く描かれています

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    トミー・デ・パオラの作品のファンなので読ましたが、この話はかなり個性的(?)だと思います。
    ストーリーは面白いのですが、なにしろ「結婚:持参金」というテーマがタイトルからして、
    子どもたち向きではなく、笑い話というには少し重たい内容ですので、小学校などの読み聞かせやブックトークには向かないかもしれません。
    タダ、昔話っぽい作りに放っているので、1人読みするのでしたら小学校高学年くらいからでも楽しめると思います。
    どちらかというと、ストーリーの面白さを理解できるのは高校生以上の大人という気はします。

    ウチの下の子は「妖精」とか大好きなのですが、ヘルガのような妖精はもう、見た目だけで却下。
    (この話に登場する妖精は、タイトルに「トロール」と書いてある通り、ヨーロッパではどちらかというといたずら好きの妖精を指し、体のサイズも、手のひらサイズとかではなく、大きめに表現されていることが多いタイプを言っていると思いますが)
    正直、小さい子が夢見るようなかわいい妖精ではなく、むしろ魔女(?)的な感じがいかにも「トロール」で、その特性がよくにじみ出ていて面白いのすが…。
    読者の好みによって、大きく好き嫌いが分かれそうな作品でした。

    掲載日:2011/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛情って何だろう

    トロールのラースはヘルガに愛を告白するのですが、ヘルガには持参金がありません。
    持参金がないと結婚できないというのは何故だかわかりませんが、トロールの世界では当たり前のことなのです。
    ラースはスヴェンじいさんに相談しますが、スヴェンじいさんは娘のインジを薦めます。
    ラースはそれほどにいい男なのだろうか?
    それにしても、ラースのヘルガに対する愛情はどこに行ったのかインジに乗り換えます。
    こんなんでいいのか!
    ヘルガは持参金を稼ぐためにあれこれと働くのですが…。
    結婚って何なの?
    ヘルガの努力実って、ヘルガを認めた王様のお妃さまになりました…、めでたしめでたし…?
    あまりめでたくないと思う。

    この本変です。
    って考えるのは考えすぎでしょうか?
    愛はもっと純粋だって子どもに伝えたいのですが、それほど単純じゃないって我が身を振り返りました。
    この手は苦手です。

    掲載日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子の家に一冊

    • 苺ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    楽しい本でした。

    絵もかわいいし、最後のどんでん返し
    結末が笑える、
    納得のいくものでした。


    生きていくうえで大切な、何事にも工夫、
    すぐに諦めない
    ということが本の中では結婚という内容のストリーで楽しく展開されています。

    生きることが、または女性が
    受身ではなく、主体的に動くことができるということ

    娘にもいつか伝われば良いなあと思いました。

    掲載日:2009/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結婚する時はよく相手を見きわめて!?

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    トロール(妖精)の女の子の話なので 
    ブラックなコメディとして読めますが
    これが人間を主人公にしたお話だったら 
    かなりシビアな状況だと思います。
    なぜなら 彼がお金持ちの女の子(インジ)と 
    身寄りの無い貧しい自分(ヘルガ)を天秤にかけ
    一度はインジを選んでしまうんですもの。
    「こんな男はダメダメ!」って感じです。
    本文の前に“ほんとのしあわせをもとめる人に”
    という献辞があります。
    読み終えた時 結婚するならこんな人と☆って 
    心の中で思い描いてみるのも楽しそうです。
    (私の場合は もう終わっていますが…笑)

    掲載日:2008/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヘルガばんざい!

    • まあささん
    • 40代
    • せんせい
    • 神奈川県
    • 女の子14歳

    ぱっと絵本を開くとあんがい文字がたくさんで、こどもは手に取りにくいかもしれません・・・
    でも、一度丁寧に読んであげると、トロールのヘルガのパワーにみんなも元気になっちゃいます!

    貧乏なんて吹き飛ばす!逆境にめげず!しかも明るく乗り越える!
    ヘルガの「トロール魂」に読んでるこちらも力をもらいます。
    そして見た目の良さや財産の有無で相手の価値を判断することがどんなに愚かなことか、すっきり実感させてくれるのです。

    カラフルで独特な絵のなかに、たくさんの「発見」もあってこどもも大人もなんども飽きずに頁をめくることができますよ♪

    掲載日:2008/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもユニーク

    トロールの「ヘルガ」は、「ラース」と恋仲。「ベルガ」は結婚するときの持参金を持っていません。そんな中、「ラース」はお金持ちの娘「インジ」に心変わりが、、、。
    そこで「ベルガ」は持参金を稼ぎにいきます・・・。
    自分の力で解決する、なんとも力強い女性を描いています。
    トロールと人間の世界を上手く利用して、とてもユニークな絵本です。

    掲載日:2003/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット