たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ローズとアイリス」 みんなの声

ローズとアイリス 作・絵:メグ ホソキ
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
ISBN:9784894233737
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,939
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 違うものを受け入れる

    絵とタイトルを見て海外の絵本かと思ったのですが、日本のイラストレーターさんの作品なのですね。
    性格が真逆のローズとアイリスが出会い、自分の知らなかった世界の魅力を知っていくお話です。
    大人になるにつれ、自分とは違うタイプの人と打ち解ける努力をしなくなりがちですが、最後のページに書かれた「ローズとアイリスはともだちになってから、まえよりずっとものしりになりました。そしてまえよりずっとすきなものがふえました。」という言葉にハッとしました。
    自分とは違うものを受け入れる、柔らかい心を持てるようになりたいものです。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理解しあう素敵な関係

    お互いに性格が違う二人ですが、歩み寄ってお互いを理解出来たのは、お友達のよさをわかって財産を得たと思いました。お友達はやっぱり財産だと思う私ですからいつまでも長く続けばいいなあって思いました。
    とてもお洒落な絵に魅了されました。お互いにお友達になっていけるキッカケや理解していける過程なども参考になった絵本でした。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • こういう関係でいたいな。

    線が細く シンプルなイラストが私の好みで
    図書館から借りてきました。
    全然性格の違うローズとアイリス。
    お互いの違うところを素直に認めてあげて
    どんどん仲良しになってゆく様子が
    とてもさりげなくて いいなと思います。
    人の欠点を指摘するのは たやすいけれど
    良いところを「良い」と思って尊敬する気持ちって
    なかなか生まれないもんですよね。
    ローズとアイリスのようなお友達関係ってすごく素敵です。
    大人でも十分ジーンと出来る絵本です。
    ぜひ読んでみてくださいね。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世界を広げるともだち

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    新しい世界を教えてくれるともだち。
    その素晴らしさを感じることができます。

    好みも性格も違う2人の女の子、ローズとアイリスはちょっとしたきっかけで出会い、ともだちになります。
    自分とは違う世界を受け入れることで、新しい発見に感動し、どんどん近づいていく2人の距離に、見ていると安心します。

    自分の好み以外のものを受け付けない人って少なくないですよね。
    何だかそれはすごいもったいないことだなと、改めて感じました。
    いろいろなものをともだちと分かち合うことは、とても幸せなこと。
    ともだちとともに自分の世界をどんどん広げていける人、そういう人に娘にもなってほしいと思いました。

    掲載日:2009/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな出会い!

    最初から仲の良い友達だったわけではなく、むしろ絶対出会いそうもない位の
    全く違うタイプの女の子、ローズとアイリス。
    2人はたまたま出会えた事から
    自分とは全く違うタイプの友達をお互いだんだん認め合っていく、
    すてきな出会いが素敵です!

    そのだんだんと互いに惹かれあっていく過程がとても自然で
    子どもたちのさまざまなお友達関係のヒントにもなりそう。

    挿絵もごちゃごちゃして無くてスッキリしてるところも
    子どもたちのお気に入りの1冊になるきっかけになるんじゃないかな〜って思いました。
    子どもたちにも、このようなすてきな出会いがあるといいな〜

    掲載日:2007/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な発見!テキスト(字)の位置。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子7歳

    表紙を見るだけだと、この絵本は「長靴下のピッピ」とか、「赤毛のアン」とか、「トムは真夜中の庭で」などを彷彿させるイメージがあったので、(パッと見、カタカナで書かれている作者の名前のせいもあり)欧米の女性の方が書いたのかと思ってしまいました。
    ところが、読み終わってよく見たら日本の女性の方ではないですか!ちょっとびっくりでした。

    この絵本、いかにも下の子の好みだ。と思って、図書館で借りてきたのですが、想像以上に素敵な絵本でした。
    主人公のローズとアイリスが、ただ可愛いだけの女の子ではなかったせいと、最初から仲の良い友達だったわけではなく、むしろ絶対出会いそうもない全く違うタイプだったのに、たまたま出会えた偶然から、自分とは違うタイプの友達をお互いだんだん認め合っていく過程が、すごく自然でよかったです。
    また、今までない発見がありました。テキスト(字)です!
    大きすぎず小さすぎず、描かれているイラストを邪魔もしていない。むしろ、テキストが絵の一部のような感覚で見てしまうほど、自然な位置にあったように思いました。
    今までは、あまりテキストの位置など考えずに読んでいたんだなぁ。ということに、読みやすい絵本に出会って、気付きました。(今頃気づくのって、遅すぎですかね…)
    でも、新たな発見で、また絵本を読むのが楽しくなりました。

    掲載日:2007/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • オシャレなイラストです

    女の子向けの絵本だと思います。娘のお気に入りです。
    ローズとアイリスという性格のまったく違う2人の女の子が出会って、自分の知らなかった素敵なモノを知り、お互いがずっと仲良くなるお話です。
    似たもの同士もいいけれど、違う部分がある友達だからこそ、お互いの個性を認めつつ世界も広がっていくのですね。
    お友達に贈りたくなるお話の絵本です。

    イラストが素敵です。白い部分が多くて明るい画面がさわやかです。シンプルな線で描かれた2人も魅力的。野の花も可愛いです。ナチュラルが好きなお母さんのお気に入りの絵本になるかもしれません。(娘も好きな絵本ですが私の方がお気に入りかも)

    掲載日:2006/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 互いを理解する 幸せなわけっこ

     性格も行動も正反対なローズとアイリスがふとしたきっかけで出会います。ふたりは、互いの好きなものや知ってるものを分けていきます。フラットな日常に新鮮な喜びが溢れます。淡々とした文体とシンプルで美しい挿絵に心が震えますちゃんと自分があって新しいものを受け入れる余裕もあってとても素敵な世界が広がっているのです。私はローズ?アイリス?どちらに似ているのでしょう?あなたはどうでしょう?と考えながら読んでしまいました。大好きな友達と一緒に分かち合える絵本です。小学生から女の子たちに愛される作品です。

    掲載日:2003/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いのちはどこへ行く?チェコの美しい風景を旅する葉っぱの物語

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット