たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

なんででんねん天満はん 天神祭」 みんなの声

なんででんねん天満はん 天神祭 作:今江 祥智
絵:長 新太
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年06月
ISBN:9784494012381
評価スコア 4.08
評価ランキング 17,963
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 大阪の天神祭

    大阪の天神祭に行きたくなりました。壮大な長新太さんのスケールのでかい美しい挿絵がとくに素敵で、魅入ってしまいました。説明も詳しくわかりやすくてよかったです!特に表紙の絵は抜群で、表紙をいつまでもうっとりと眺めていた私でした!

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天神さん自慢

    大阪の天神祭は行ったことがないので、この絵本を見て、そのすごさを印象付けられました。
    それにしても全国各地に大小の天満宮があって、そのいくつかにおまいりしたことがありますが、この本は、どの天満宮にも通じる解説でもありました。

    掲載日:2015/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 全国の天神さん

    大阪弁の絵本探しで見つけた本です。

    全国の天神さんについて書いてあるので
    大阪弁だけでなく
    いろんなお国言葉がでてきます。
    日本人のゆるやかな宗教観をうまく描いた一冊だと思います。
    どこにでも「かみさん」はいるんです(*^_^*)

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大阪

    大阪の天神祭りが、テーマになっている絵本でした。
    実際に見たことはないのですが、とても有名ですよね。
    大阪弁はもちろんのこと、各地方の方言でのセリフが多いので、なかなかスラスラとは読むことは、難しかったですね。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天神さんのおはなし

    自分が読みたくて読んだ絵本です。
    3歳のうちの子には少し難しかったようです。
    わたしにとっては期待通り、文章も絵も読んでいて楽しかったです。
    関西弁の文章は気持ちよく、声に出して読むのは楽しいかぎり。
    関西育ちですが、少し地域もちがうので、その言葉の違いも楽しめました。
    そしてやっぱり天神さんのおはなしは、は〜んとうなずくことばかり。
    祇園祭の絵本もあるようで、ぜひ読んで見たいと思いました。
    子どもにはもう少し大きくなってからまた読んであげたいです。

    掲載日:2012/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • スラスラ読めるようになりたいものです。

     今江祥智さんの「長新太が好き。」という
    本に、「なんででんねん天満はん」の紹介が出ていて
    花火の絵が印象に残ったので探してみました。

     絵は力強くてなんだか楽しげでもある、好きな感じでした。
    長さんのユーモア本に親しんでいたので、絵が文に結構忠実・・・
    なのが、少し意外でした。

     言葉は関西弁なので、スラスラ読めない部分もありました。
    でも、読みやすい部分は流れるようで、読んでいて
    気持ちがよかったです。
     

     息子は、天神さんというお宮が、日本に
    1万1千89もある。 という部分で「マジッ!」と
    言っていました。 私も同感でした。

    掲載日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がすてき。

    大阪の天神さんに、全国各地の
    天神さんが集まって。。。

    スケールが壮大です。
    そして、それにあった絵が圧巻!

    大阪弁が主体ですが、全国各地の天神さんが
    お国言葉で話すので読み手泣かせかもしれません。

    天神さんがよくわからなくても、そのルーツなど
    詳しく、そしてわかりやすく解説されています。

    長さんの絵がとにかくすごい、花火の挿絵はすごい
    迫力で花火の音が聞こえてきそうですよ。

    掲載日:2008/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごく勉強になります

    天満さんにまつわるお話。
    天満さんへの人々の思い入れが伝わってきて
    すごく興味深く読みました。
    ただ 大阪弁や地方の言葉が入り混じっていて
    つっかえつっかえ・・・という感じで
    大阪弁には疎い私には馴染みにくかったところがありました。
    勢いのある長さんのいらすとに娘はすごく興味津々で
    「読んで」と持ってくるのですが
    いざ読み始めるとすぐに飽きて・・・
    4歳ではアタリマエですかね^^;

    掲載日:2007/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大阪の風物詩

    地元京都の祇園祭の絵本を読んでいたら、隣大阪のお祭り天神祭りの絵本もあるということをお友達が教えてくれ、さっそく読んでみました。

    関西弁の絵本は、やっぱすごく読み応えがあって、読んでいるだけで楽しい。
    大阪の人が天神さんを愛している思いがとっても伝わってくる絵本でした。
    長さんの絵もとっても新鮮でした。

    掲載日:2006/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 全国には11,089箇所の天神さん!

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子3歳

    作者の今江さんは、
    田島征彦さんの『祇園祭』の絵本を見て感銘を受け、
    自分でも お祭りの絵本が作りたくなったのだそうです。

    今江さんご自身が5歳のときに見た、
    戦前最後の「船渡御(ふなとぎょ)」のことを
    夢物語のように思い出し、題材にされたとのこと。
    大阪の天神さんが人々の日常に溶け込み、
    また愛されていることが とてもよく伝わってきます。

    それにしても、全国には11,089箇所に
    「天神」と名のつくところがあるんですねぇ!
    (町名や橋の名前なども含めると)

    自分の住んでいる地域の歴史について調べたくなりました。
    私が育ち、現在も住んでいる愛知県岡崎市は
    かの有名な徳川家康公が誕生された、ゆかりの地なのです。
    作者の今江さんが 田島さんの作品に感化されて この絵本を創作されたように
    さまざまなモチベーションを与えられる作品だと思います。

    掲載日:2006/03/02

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.08)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット