雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

リコちゃんのおうち」 みんなの声

リコちゃんのおうち 作・絵:酒井 駒子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1998年10月
ISBN:9784032049404
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,551
みんなの声 総数 42
「リコちゃんのおうち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • ドールハウス

    手作りのドールハウスです。
    私も、子供の頃に作って遊んでいたなーと思い出しました。
    段ボール箱に折り紙や空き箱。
    子供のつたない工作なのですが、自分のお城なのですものね。
    お兄ちゃんの仲直りの仕方が、とっても素敵です。

    掲載日:2013/05/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白そ〜

    子供って本当に物事に入り込むのがとってもうまいですよね!!そんな女の子のお話だったのですが、うちの子もこのお話に聞き入っていました!!ごっこ遊びで真剣になれる子供のころが懐かしくなる一冊でした!!お兄ちゃんがいじわるなのも子供はウケてました!!

    掲載日:2012/07/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • すごくお気に入り☆

    4歳長女に読みました。私が気になって借りてきたのですが、長女にはドンピシャだったようです。ものすごいお気に入りで、何度も読まされました。

    リコちゃんにママがダンボールで、リコちゃんのお家を作ってくれます。そこでリコちゃんは、ぬいぐるみたちとお家ごっこをして楽しみます。リコちゃんがお家に入って小さくなっていたり、現実の中の大きいリコちゃんだったり。でもスーッとお話の中に入っていけるんです。

    長女は途中でお兄ちゃんの戦隊物(?)がドアをノックして入ってくるのがとても面白かったようで、その場面は毎回大爆笑でした。

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 今とは違った雰囲気の絵

    酒井駒子さんのデビュー作とのこと。今の作風と違った雰囲気の絵ですが、これもまた爽やかで素敵です。
    リコちゃんが、お母さんが作ってくれたダンボールのおうちにぬいぐるみや人形を入れると、みんなが動き出して・・・
    我が家の子供達も、よく同じようなことをして遊んでいます。下の子が楽しそうに遊んでいると、上の子も羨ましくなるのか、途中から仲間入りするところなんかもそっくりでした。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • やりますよね。

    幼児期の子供達は,この絵本にとても共感しながら見入り聞き入ることと思います。
    「ごっこ遊び」や「おうちごっこ」が好きな年齢の子供にぴったりな絵本ですね。
    大人は幼き日を懐かしく思うでしょう。
    その年齢その年齢の遊びの大切さも改めて感じる絵本でもありました。

    掲載日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワクワク!

    3歳2ヶ月の息子に図書館で借りました。

    お兄ちゃんとお母さんに遊んでいる場所を使われてしまって
    ご機嫌斜めのリコちゃん。
    そこにお母さんが段ボールを持ってきて、リコちゃんのお家にしてくれて…。

    段ボールをきって、窓やドアを作り、下に布を敷くところが
    家のようになり、もう、大人の私でもワクワクします。
    いすの上に置いて2階建てにしたり、楽しそう。
    トイレをつくったり、ベッドを作ったり。
    そして、最後はお兄ちゃんとも仲直りをして。

    小さい子の気持ちが上手に表されていると思います。

    リコちゃんが小さくなって段ボールの家に入り込んだ姿の表現は、
    でも、3歳にはちょっと難しかったかな。

    でも、息子も喜んで読んでいました。

    掲載日:2014/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなのおうち

    とても懐かしい!私も小さい頃お人形のいえが欲しくて、段ボールで母に作ってもらいました!
    まどを開けて、まわりはクマの模様のかわいい布をはって、テーブルにイス、全部運んだら自分だけのおうちの完成。
    とてもお気に入りで、よく遊んでました。

    リコちゃんのおうちは、みんなで作った素敵なおうちになりましたね。
    いつのまにかリコちゃんもお人形みたいに小さくなって、おままごとに夢中に…。

    子どものつくった世界って、どうしてこんなに引き込まれるのでしょうか

    おにいちゃんの素直になれない不器用なところも愛しくてたまりません。経験あるなぁ…。

    結局最後はみんなで仲良く遊んでる!
    それが子どもなんですよね。

    私のおうち、久しぶりに出してみたくなりました!

    掲載日:2013/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • わたしのおうち

    • ミモザさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    ただの空き箱に「自分の家」を作り上げてしまう子供の想像力ってとても素敵だと感じました。
    娘も似たようなことをしているから、リコちゃんのおうちを目をキラキラさせて見ていました。
    これはリコちゃんのおにいちゃんも羨ましくなるだろうなあ。

    酒井駒子さんの絵が今とちょっと違う感じで、これはこれで可愛らしいです。

    掲載日:2013/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにいちゃんといもうと

    おにいちゃんに意地悪されてちょっとすねたリコちゃん。
    おかあさんに教えられた、「自分の部屋」で一人遊びを始めました。
    でも最後にはおにいちゃんも仲間入り。
    なんだかんだといいながら、仲の良い兄妹です。
    こうして、育っていくんだろうな。
    酒井さんの初期の絵ということです。
    なんだか初々しさと未消化の部分が感じられますが、子どもの世界を見る視点は酒井さんならでは。
    子どもととても近いところでものを見ていると思いました。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちの娘たちはカラーボックスで!

    図書館から借りてきて、3歳と8歳の娘たちと読みました。
    読み終えたら二人揃って、
    「わたしもやりた〜い!!o(>▽<)o!!」

    一緒にいるとケンカばかりしているうちの姉妹ですが、
    リコちゃんとおにいちゃんのように、
    離れていると、やっぱり一緒に遊びたくなってくるんですよね。
    どこも同じなんですね。

    うちの娘たちは、ダンボールの代わりに
    三段のカラーボックスを三階建てのおうちに見立てて遊び始めました。
    当分このおうちごっこが続きそうです(^^)♪

    子供の気持ちをちゃーんと察してくれる優しいお母さん。
    こんなおかあさんになれたらいいなぁ・・・。
    リコちゃんもおにいちゃんも、子供らしくてかわいかったです。
    あら、この本、酒井駒子さんのデビュー作なんですね!

    立派なおもちゃがなくっても、
    想像力を働かせるといつでもどこでも楽しく遊べるよー!と、
    娘たちに教えてくれた絵本です。
    親子でお気に入りの一冊になりました(^^)♪

    掲載日:2012/12/29

    参考になりました
    感謝
    0

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット