あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

「たぬきのちょうちん」 みんなの声

たぬきのちょうちん 作:浜田 廣介
絵:いもと ようこ
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,360+税
発行日:1996
ISBN:9784592760795
評価スコア 4.43
評価ランキング 3,371
みんなの声 総数 6
「たぬきのちょうちん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いもとようこさん

    いもとようこさんが絵を担当していらっしゃる作品だったのでこの絵本を選びました。いもとさんの絵が絵本の優しい心を持った内容をとても良く表現できているので感動しました。御爺さんが孫に自分の心を話し孫もそれを熱心に聞く姿は本当に素晴らしく、掛け替えのない時間を流れていると思いました。物ではなくて自分の持っている目には見えない技術を伝承出来る御爺さんは素敵だと思いました。私も主人公の御爺さんの様になにかしら孫に伝承出来る何かを身につけたいと思いました。

    掲載日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • こころあたたまるおはなし

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    私は廣介童話が好きです。
    まだ読んでいない絵本を見つけたので早速読んでみました。
    やはりとても良い話でした。
    もし、私がたったひとつだけ何かに化けられるとしたら、何に化けるだろう?おじいさんたぬきは、人のためになるようなことがしたいと思ったのです。そしてそれがこの上ない喜びだったのです。
    あとがきにありますが、善意のよろこび、心洗われるような童話は素晴らしいと思います。
    二男がこの話を気に入ったのか?たぬきの絵が気に入ったのか?何度か読まされました。いもとようこさんの絵にもまた力がありますね。

    掲載日:2008/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不器用な子どもが安心する言葉

    息子がいもとようこ好きなので借りました。
    子どもの頃に、おじいさんたぬきは自分のおじいさんから言われました。

    「なにか一つをしっかりおぼえていて、やくにたてばそれでいい」と。器用貧乏であるよりも、不器用でもいいから一つ役に立てばいいと言われると、不器用な子どもは安心するのではないのでしょうか。私自身器用な方でなく、子どもの頃に器用な母親から「不器用だ」と言われて育ったので、子どもの頃に、こういう言葉を聞けたらよかったなと思いました。

    おじいさんは自分がそう言われて嬉しかったので孫にもそのことを伝えたいと思ったのでしょうね。

    地味で目立たなくても誰かが喜んでくれる幸せ、それを感じられることがまた幸せであるということを静かに伝えてくれる本だと思います。

    息子の反応は今一つでしたが、また別の機会に読んでみたいと思います。

    掲載日:2008/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心に響く言葉

    • キンコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、男の子3歳、男の子1歳、男の子0歳

    たぬきのおじいさんが孫のたぬきにしてあげるお話。そのおじいさんたぬきが言った「いっしょうけんめい、やろうとおもってまじめにやれば、ものになる」言葉はとても心に響きました。私自身「努力、こつこつ地道に!」というのは人生の教訓なので、この言葉は子供達にとても伝えたいです。おじいさんの優しい口調と笑顔に心が癒されます。孫のたぬきも人の役に立てる化け方を必死で練習しようとします。おじいさんたぬきの想いが孫のたぬきに伝わったんだな〜。

    掲載日:2007/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいちゃんと孫の温かいやりとり

    日本の昔話で、たぬきや人間がでてくるというと、ばかしばかされといった対立的な話が多いなか、このお話は、たぬきのばけたちょうちんのおかげで、人びとが安心して橋を渡ることができたという、ほのぼの心が温かくなる愛情いっぱいの物語です。

    人びとがちょうちんのおかげで助かる、ありがたいという気持ちと、人の役に立ててうれしいというたぬきのおじいさんの心、その話を聞いて「ぼくもやっぱりそのちょうちんになりたいよ。」と目を輝かせる、まごのたぬきの心が、いもとようこさんの温かい絵とともに、私の心にじんわりとしみこんできました。

    浜田 廣介さんの他の作品もいくつか読みましたが、この「たぬきのちょうちん」は文章も短く、分かりやすいので、息子がもう少し内容を理解できるようになったら、読んであげたいと思います。

    掲載日:2006/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 綺麗な日本語、あたたかいお話、優しい絵!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子10歳、女の子7歳、女の子2歳

    作者は「泣いた赤おに」で有名な童話作家ですが、他の作品は意外と知られてないのではないでしょうか?
    いもとようこさんの、優しいかわいらしい絵に惹かれて、長女が借りてきましたが、実にあたたかいしみじみとしたお話でした。

    年をとったじいさんたぬきが、穴の出口で腰をおろしていると、孫たぬきがやってきて、じいさんが子どもの頃のお話を聞きます。そう、じいさんがちょうちんに化けたことを・・・。

    綺麗な日本語で書かれた、あたたかいお話を、優しい美しい絵で見る喜びを、現代っ子たちにもたっぷり味わわせてあげたいなと思える絵本です。

    掲載日:2003/11/14

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット