しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

たわし」 みんなの声

たわし 作・絵:井上 洋介
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,450+税
発行日:2001年10月
ISBN:9784097274377
評価スコア 3.89
評価ランキング 28,678
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 井上さんはたわし好き

    絵本の勉強会で井上洋介さんの本を勉強した時に「さむくなってきたので ぼくたわしかわなくちゃ」、「なんで寒くなったらたわしを買うの?」と疑問が出たのがこの絵本でした。

    確かに一読すると、「なんでたわし?」なのですが、刈谷市美術館で行われていた井上洋介図鑑展へ行った時にこの『たわし』の原画のそばに「井上さんはたわしがお好き」と説明が書かれていて、その単純明快な説明に、「そうだったんだー」と納得できてしまいました。

    と同時にナンセンスを理解するって、理解という言葉自体がすでに固いですが、ナンセンスを感じるセンスって、とても素直な心なのかもしれないなあと。

    最初はすんなり乗せてくれたかえるが、乗客が増えすぎたところでイヤイヤをするところにクスリ。

    最後にほっとした思いがしました。

    そうそうこの絵本も横顔の本なのですが、最近わかったこと、井上さんの絵本ってお出かけするお話が多くて、縦書きなので、顔が左に向いているんですよ。

    どうして横向きが多いのかな?と思って読んでいた末に気づいた結論でした。

    子どもたちはどんな反応を示してくれるのかな?楽しみな一冊です。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • みのむし??

    全部読んだ後も、冬にたわしを買わないといけないという理由がわからないままの、不思議な絵本でした。
    でも、絵を見る限りでは、たわしはみのむしの服になったのかなぁと……
    途中で、かたつむりに乗ったり、かえるに乗ったり、冒険たっぷりなので、その経緯は楽しめるかなと思います。
    不思議な世界観の絵本でした。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜに、たわし??

    寒くなってきたので、たわしを買わなくちゃ、という男の子が出てきます。
    なぜに、たわし??

    突拍子もなくいろんな生き物が登場してくる辺りは、なんだか
    長新太さんの作品を思わせるような楽しい展開でした。

    そして、想像できなかった衝撃のラスト!!
    たわしがこういう使い方をされるなんて。
    人間だと思われていた男の子の正体もわかります。

    確かに、本物の素材もたわしっぽいですが・・・(笑)
    今後は、そういう目で見ちゃいそうです。

    掲載日:2012/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家には「難しい」本でした。

    理屈っぽいタイプの私&息子。
    残念ながら、この本を楽しむのは難しかった。

    なぜたわしがボクと同じサイズなのか?
    なぜボクがたわしを背負って木からぶら下がっているのか?

    最後まで読んでから、
    「えーっとぉ、この子はね、ほんとうは・・・」なんて説明をする寂しさ。

    お好きな方にはたまらないと思いますが、
    ただ、はははは〜、って笑うことができない我々親子。
    これも遺伝なのか環境なのか、やっぱり親子だね〜と確認できました。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • えぇ〜そうだったの〜

    結末が意外でした。人間の男の子がなぜ、寒くなったらたわしがいるのか?と、読んでいる間、ずっと不思議でした。最後まで読むと、答えがわかりました。この人間の男の子だと思っていたのは、実は、みのむしだった!?ストーリーに意外性があって楽しかったです。

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナンセンス絵本!?

    オビの「ナンセンス絵本の大御所井上洋介の最新書下ろし絵本」とゆう文句がきになって図書館でかりてみました。

    ナンセンスの意味が私にはよくわかりませんがほんとに不思議な絵本でした。
    6歳のお兄ちゃんに読んであげたのですがきょとんとして
    もう一度自分で読み返していました。
    で、やっと意味がわかったらしく、うれしそうに報告にきてくれました。^^

    つぎつぎと現れるおおきなかたつむりやかえるやこうもり。
    「もぐらたち」かと思っていたら、なぜか「もぐらもち」
    そして最後にやっと帰りつくおうちがまさかあそことは。。

    不思議な世界にトリップさせてくれる絵本でした。

    掲載日:2007/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 惹き付けられたけど・・・

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳

    「寒くなってきたので、ぼく わたしを買わなくっちゃ」
    この最初の一文で何?何で?・・とひきつけられました。
    読みすすめるうちに謎は深まり・・最後に・・・
    すみません、全然わかりませんでした。
    たわしを家にしたみのむしなんだろう・・とは思ったんですけど
    たわしってみのむしが入るような作りになっていないよな・・
    なんておもってしまったもんだから、もうどうにも理解不能になっちゃいました。

    掲載日:2006/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何で冬はたわし買うの?

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

     男の子が、寒くなったからたわしを買いに行かなくちゃと言うのですが、何でたわしなの?と思いました。
    読み続けてやっと分かりました。この男の子は、ミノムシだったようです。たわしに入って、木にぶら下がる。これがおうちなんだって!

    掲載日:2003/11/14

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.89)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット