大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

あかちゃん ひまわに」 みんなの声

あかちゃん ひまわに 作・絵:あきやま ただし
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2002年11月
ISBN:9784569683591
評価スコア 4.85
評価ランキング 86
みんなの声 総数 26
「あかちゃん ひまわに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • やっぱりあきやまワールドだなぁ〜

    「読んで〜」って親戚の子に頼まれ、あきやま作品にまた遭遇です。
    ひまわに&ひまわり間違わずにと注意をして読みましたが、滑舌が悪くなってきたなぁ〜と、少々気弱になってしまいました。

    あかちゃんの誕生に心躍り喜ぶのは、人間もひまわにの親も同じようです。
    でも、ひまわにのあかちゃんは、外の世界が怖くて、はなびらを開くことができないのです。

    そこで、おとうさんは、ひまわにを連れて旅に出ました。
    ここで、読みながら「えっ、なんて行動力のあるおとうさんなんだ」と驚きました。
    ここからのおとうさんの頑張りは尋常じゃありません。
    世界一の滝のページは爆笑です。

    親に力が入れば入るほど、子どもは怖気、及び腰になってしまうのかもしれませんね。

    ラストは、やっぱりあきやまワールドだなぁ〜って、納得感動しました。

    掲載日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頑張ったお父さん

    ひまわにシリーズはこれが1冊目です。やっぱりあきやまただしさんのお話を読むと、何だかほっこり、そして親として考えさせられます。

    あかちゃんひまわにのはなびらが閉じたままなので、お父さんひまわには、ひまわにを連れて旅に出ます。いろいろ行くのですが、さすがお父さん。「おどかしたもダメ。強い風をあててもダメ。無理やりあけるなんて絶対だめ。」という文章がありましたが、私の胸にチクリ。こういうことしちゃうことある・・・と反省。

    最後は頑張ったお父さんの顔が見たくて自分ではなびらを開くひまわに。私もこんなお母さんになりたいと思いました。

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一番みたいのはやっぱり親の顔?

    ひまわりのたねのような形のたまごから生まれるひまわに。たまごからひまわにの赤ちゃんが出てくるけど、顔はひまわりのような花びらで隠したまま外を見ません。おとうさんがあかちゃんを連れて旅にでて、いろんなきれいなものを見せようとしながら待ちますが、それでも顔を見せません。でも、ある晩、あかちゃんが顔を見せた理由は「おとうさが見たい」。

    そうだよね、いろんな景色より、大事な家族の顔が見たいよえ。

    家族愛の大切さや、顔を見せる勇気、そういったものを伝えてくれる絵本です。

    ひまわにの顔が、鼻が大きくて、カバのような愛嬌のある顔でなかなか癒されます。子供も気に入って、後から一人で眺めていました。

    掲載日:2011/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやこって

    • ひかりひまわにさん
    • 40代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子12歳、女の子10歳、女の子8歳

    まずこのキャラクター!!!
    ひまわにってなにもの?
    あの太陽のようなひまわりになぜブタ鼻とわに!?
    そうしてつぼみをひらかないかたくなな赤ん坊・・・
    こどもたちには大うけです。
    でもお話は・・・まさに親子の物語。
    秋山さんの父親像がうかがえます。
    お父さんってこうなんだぞ〜!!
    その意気込みが、あの巨大お父さんの寝顔にあらわれています。
    お父さん、ぜひ子どもたちによんであげて

    掲載日:2010/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • はなびらひらけ

    ひまわには花びらをひらかなかったので、
    お父さんがたびにつれていったけど、
    ひまわには、やっぱりだしませんでした。

    次の日の夜に、お父さんたちがねてるあいだに、
    ひまわにはお父さんやお母さんの顔が
    みたくなったみたいで、はなびらをやっとひらきました。
    だけど、どうしてお父さんがたびに、
    つれて行ってくれたときに
    花びらを開かなかったのかなあと思いました。

    掲載日:2010/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばる親心!

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    親になって子供の成長って楽しみですよね。
    子供ながらの不安な気持ちや何とか色々経験させたい親の気持ちが、すごく伝わってきました。
    一緒に旅に出るお父さんも、優しくてたくましく思えます。
    ぜひ、お父さんに読み聞かせに使ってもらいたいな〜
    と、思いました。

    掲載日:2008/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんの力

    子どもの成長に影響力のあるのはもちろん母親ですが、父親の協力なしにはできないこともあります。

    種から生まれたものの花を咲くことができないでいるひまわに。「すきてなものを いっぱい みせたら、きっと はなびらをひらいてくれる」とお父さんは考えひまわにと旅に出ます。

    子どもが花を開くまで見守り続けるお父さんが素敵です。お父さんにしかできないことを教えてくれる本なので、やはりお父さんに読んでもらいたいなあと思います。

    それと、お父さんにできることをお母さんが一人で頑張りすぎて奪ったりしないことも大切かなと思いました。それぞれの役割で子どもを育てていけるといいなあと思います。

    掲載日:2007/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとうさん、ありがとう

    うまれたばかりのあかちゃんひまわに。
    外がこわくてつぼみのまま。

    ああ、これって子育てでも起こることだよね。
    新しいことにしり込みしている子供に、どうしたらいいか。
    引っ込み思案な息子なので、いつもそのことに悩んでいます。


    「おどかしてもだめ」
    「つよいかぜをあててもだめ」
    「むりやりあけるなんて もちろんぜったいだめ」

    そうなんですよね。
    この言葉に、うなづきつつも、なかなかできない自分。

    ひまわにのおとうさんは、あかちゃんをつれて旅に出ます。
    素敵なものをみせてがえたら、きっとはなをひらいてくれると。

    でも、大人がどんなにがんばろうと、最後に花をひらいてみようと決意するのは、子供自身。
    それは大人が思いもよらなかったことがきっかけだったりする。
    ひまわにのおとうさんに、いろいろ教わった気がします。

    掲載日:2007/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひまわにかわいい!

    やっぱりひまわにかわいいですね!
    この絵本はひまわにが誕生したときのお話です。
    外の世界がこわくてなかなか花びらを開けないひまわにに対して、お父さんは世の中のいろいろな素敵なものを見せてあげようとします。
    こういう親の姿勢って大切ですよね。
    あたりまえのことに改めて気づかされたかんじです。
    そして、ひまわにが一番強く「見たい!」と思って初めて見たのがお父さんというのも素敵ですね!

    掲載日:2007/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひまわにが一番見たいもの

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    だじゃれからうまれたようなキャラの名前ですが、お父さんと子供の親子の絆が描かれたあたたかい絵本です。
    ただ、たまごにいちゃんシリーズをすべて読んだあとだったので、ちょっと似ているなあという印象を受けました。

    ひまわにが一番見たかったものは、お父さんの顔でした。
    それが見たくてつぼみが開いたのです。
    子供が一番見たいものって、好きなテレビやその子の興味のあるものかな?なんて漠然と思っていましたが、本当は親の笑顔かもしれないとふと思いました。
    そんなことを考えさせられた本でした。

    掲載日:2007/06/27

    参考になりました
    感謝
    0

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう / おならうた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.85)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット