ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

いつかどんぐりの木が」 みんなの声

いつかどんぐりの木が 作:イヴ・バンティング
絵:ロナルド・ハイムラー
訳:はしもとひろみ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年10月
ISBN:9784265068029
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,694
みんなの声 総数 10
「いつかどんぐりの木が」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 未来への希望

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    まず、絵が素敵っていうのが第一印象でした。穏やかな風がこっちにまで吹いてきそうな、大きな木と草原。そして親子。この表紙の絵を見た時点で、素通りはできませんでした。
    家族だけでなく、みんなに愛されていた大きなどんぐりの木。ある日異変に気づいたのは、その家の娘であるアリスでした。
    調べた結果、木の根元に化学薬品がまかれたらしい。そのせいで木がどんどん弱っていくのです。
    周囲のみんなのたくさんの協力を得て木の快復を祈りましたが、その願いは届かず。木は生きる力をついになくしてしまいました。
    そんな絶望的な状況を知ったアリスがとった行動。それが、いつも集めていたどんぐりの実を埋めることでした。そんな悲しい状況でも、未来への希望を自分で見出したアリス。自分で出来ることを見つけたアリス。本当に凄いって思います。「いつかどんぐりの木が」・・・お願い。祈りよ届いて。
    本を閉じたあとも、しばし動けず、ストーリーから抜け出せないような余韻が残っていました。この本は、読み聞かせというよりは、子供自身が自分で読むことで何かを感じてほしいと思いますね。小学生くらいになったら薦めてみたいです。

    掲載日:2011/01/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • 環境問題

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子17歳

    どんぐりが題材の絵本だ!!と図書室にリクエストしたのです。・・・が、ちょっとイメージが違っていました。

    絵がとても素敵で、ページごと額に飾れそうなほど。

    内容は、環境問題を取り扱っています。
    文字が多いので、じっくり読みたい感じ。
    小学校高学年位の子の反応を見てみたいです。

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • アリスのとった行動

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    子どもの目から見た環境汚染を静かに訴えるおはなしです。
    丁寧に描かれた絵から周りの人たちの気遣いが伝わります。
    中でも私が注目したいのはアリスのとった行動。
    子どもなりに、「今自分にできる事は?」と考えて、
    どんぐりを埋めるのです。
    単に「ひどい話ね」で終わらせるのではなく、
    前向きに視点を考える・・・。
    とても素晴らしいストーリー運びだと思います。
    小学校などで環境問題を学んだ時に
    子ども達に紹介したい絵本です。

    掲載日:2005/03/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • どんぐりに祈りをこめて

    1本の木が枯れていくのは、心無い人が薬品を撒いたからでしょうか。
    美しい風景の中で、心無い人の仕打ちに胸が傷みました。
    自然環境って、意外な脆さも持っていることを知りました。
    象徴的に描かれたお話ですが、環境を壊すのはやはり人間の行いでしょう。
    アリスが埋めたどんぐりが、いつか大きな木に育つことを祈りたいと思います。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 表紙の構図

    大きな木がバックにそびえたちその前を手をつないで歩く親子。素晴らしい構図に息をのみました。自分勝手な人の御蔭で皆から愛されていた主人公がどんどん力がなくなっていく様子を臨場感たっぷりに丁寧に描いているのが素晴しい作品だと思いました。もう駄目だと思っても自分に何かできる事はないかともう一度問いかける事の意味と大切さを教えてくれる絵本でした。自然のも力と偉大さを再確認できる絵本でした。

    掲載日:2009/01/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 残酷な現実と、希望

    水彩の淡い色使いが優しい印象をあたえる表紙。
    でも、ただのほのぼのとしたお話ではありませんでした。
    実は不法投棄という重いテーマを扱った作品。

    アリスたち家族の一員のような存在だったどんぐりの木。
    通りかかった人たちも木蔭でのんびり過ごしてしまうほど、居心地のいい場所をつくってくれていました。

    その根元に誰かが薬物の瓶を投げ捨てたらしく、どんぐりの木はどんどん活力を失って弱っていってしまいます・・・
    絵本ではあまり見られないような予期せぬ展開で、胸が痛くなりました。
    でも、悲しいだけで終わらないのがこの絵本の素敵なところ。
    明るい希望で締めくくられています。
    子どもにも大人にもぜひ読んでほしいと思います。

    掲載日:2008/10/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • こども向けに環境問題を考えさせる本

    • オカズさん
    • 50代
    • パパ
    • 東京都
    • 女の子21歳、男の子18歳、男の子9歳

     木の根元に誰かが化学薬品を捨てたために、大事にしていたどんぐりの木がどんどん弱ってゆく。環境問題は決して自分に関係のない話ではなく、自分の身の回りでいつ起きてもおかしくないということを考えさせる本です。絵もすばらしいですね。

     木を助けようとしてさまざまな人たちが手を差し伸べますが、日本だったらなかなかこのようにはならないだろうなと考えさせられます。

     みんなの努力もむなしく木が枯れてしまうのが明らかになったとき、アリスは自分の宝物であるどんぐりを植えればまた木が育つのではないかと思いつくのですね。そういえば子供のころは、どんぐりや貝殻やセミのぬけがらなどいろいろな宝物があったななんて思います。
     植えたどんぐりから芽が出て立派な木に育つのは、子供にとっては遠い未来でしょうけど、これが大人だったらあと何年でどのぐらいの高さまで育つだろうとか考えながらできるので、「木を植えた男」のような壮大な話があるのですね。しばらくしたら子供たちには「木を植えた男」も読んでもらいたいなと思いました。

    掲載日:2008/07/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 感動しました。

    自分のニックネーム”どんぐりぼうや”にちなんだ絵本はないかなと
    探していて見つけたのがこの絵本です。

    アリスのうちの牧場にある古くて大きなどんぐりの木が主人公。
    ずうっとここにあるんだって思っていたどんぐりの木が、ある日、
    誰かに撒かれた化学薬品のせいで弱っていることに気付きます。

    どんぐりの木を助けようとさまざまな人達が協力し合います。
    けれども、日に日に弱り、葉を落としていくどんぐりの木。
    当然のように身近にあったものが失われていく深い悲しみ。

    普段目にしている木や草などの自然は永遠のものじゃないんだよ。
    この絵本は、そんなすごく当然のことを忘れかけている人間に対して
    大事なことを警告しているように感じました。
    環境問題をとてもわかりやすく取り上げている、素晴らしい絵本だと思います。

    日に日に枯れていくどんぐりの木に、アリスもアリスの両親も為す術がありません。
    しかし、アリスはそんな中で、1つの希望を見つけだします。


    それは、どんぐりの実。


    自然を大切にしている人達の気持ちに共感し、感動できる素敵な1冊だと思います。
    やんわりとした水彩画がとても好印象でした。
    小学校高学年頃の子から、大人まで読める絵本だと思います。

    掲載日:2007/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • じ〜んと来てしまいました

    木の下で、洗礼なんていう言葉があったから、5才の息子にはお話が充分理解出来るのだろうか? 顔色を見ながら、読み聞かせをしていました。が、ページをめくる度に、人々の木を助けたい気持ちが充分伝わってきて、「なんか、寂しいお話だね」と言っていた。
    本当に寂しいと思った。
    みんなの憩いの場でもあった木、この家族の歴史を見守り続けてきた木、それなのに化学薬品と言う仕業で、木は死んでしまう。
    これは、木に限らず、人々が自然を破壊してしまっている代表例だと思った。
    どんぐりを土に埋めてもどうしょうもないと思う。でも、それが、願いでもあるような気がしてならなかった。
    本の題名が、心に突き刺さっています。

    掲載日:2004/09/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 未来につなげようとする強い気持ち

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    化学薬品のために、枯れてしまったどんぐりの木。
    噂がひろまって新聞に載って、お見舞いのカード・マフラー・・みんなの励ましの気持ちの贈り物が届く。
    近所の人たちも消防署も力を貸してくれる。 ・・このあたり、あ〜海外だなって思った。・・
    結局みんなの祈りも努力も叶わず枯れてしまうどんぐりの木。
    アリスはこのどんぐりの木が残したどんぐりを地面に埋める。
    タイトルの【いつかどんぐりの木が】のあとにつながる言葉がきっと未来につながる言葉であるような気がしてならない。
    今自分ができることをする。そうすれば未来につながるんだね。

    掲載日:2003/11/17

    参考になりました
    感謝
    1

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / かぼちゃスープ / こねこのチョコレート

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット