うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

かじってみたいな、お月さま」 みんなの声

かじってみたいな、お月さま 作:フランク・アッシュ
訳:山口 文生
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1985年07月
ISBN:9784566002579
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,544
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 大旅行の末に…

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、男の子7歳

    登場人物は、クマくんとコトリさん。
    お月さまをかじってみたいと思ったクマくんは
    ロケットをつくりました。

    ちょうど冬眠の時期に、絶妙のタイミングで!
    クマくんはお月さまに行って(?)月を食べて(?)きました。
    ちゃんと月からの生還を果たしてコトリさんにご報告。
    『お月さま、おいしかった!』

    薄い本で文字も少ないのに、この絵と雰囲気で、
    宇宙の広さや時の流れを深く感じさせてくれる…。

    クマくんのおとぼけが、
    実はこのお話に重要なポイントだったのです。
    感動しました。

    自然なのに、狂いのない時間配分に、
    アッシュの職人技を見せてもらいました。
    ほんとにすごいと思いました。

    クマくんは幸せ者です。

    掲載日:2010/11/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • ボケっぷりがかわいいクマくん

    3歳の息子と5歳の娘と読みました。
    クマくんが友だちのコトリと月をながめているうちに、おなかがすいてきて、月をかじってみたいなと思うところからおはなしがはじまります。お月さまをつかまえようとクマくんは試行錯誤。ついにロケットをつくって月にいくことにするのです。
    ロケットをつくるなんて、大仕事をやってのけるクマくんですが、じつは天然ボケというか、無邪気というか・・・でもそのボケっぷりがかわいくて、ほのぼのと癒されます。子どもたちも予想外の展開に、ニコニコでした。
    他にもこのクマくんを主人公にした絵本がシリーズであるようなので、読んでみたいです。

    掲載日:2013/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な勘違い

    「月を食べてみたい」という夢のために、一生懸命ロケットを作ったくまくん。
    ロケットの発射直前、いよいよ!というときになって、ロケットの中でうとうと冬眠に入ってしまいます。
    そしてふと目を覚ますと、一面の銀世界。
    冬をしらないくまくんは、月についたと勘違い。
    雪をすくって食べて大満足!

    勘違いなんだけど、本当は月には行ってないんだけど…
    でもこういう素敵な勘違いって、そっとしておいてあげたくなりますよね。なんともかわいいクマくんです。

    掲載日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロケットを作って、、、月へ?

    クマさんが月に行って見たいと、ロケットを作る。雪を食べて「月は美味しい」と思うクマさん。

    コトリもですが、とってもほのぼのしていて、子供も喜んで読み聞かせを聞いていました。2-4歳向けだと思います。

    掲載日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピュアな心

    くまくんのかわいい勘違いがとってもおもしろい。
    「ぼく、お月さまとはなしたよ」と同じで
    純粋なくまくんの行動に癒されました*
    うちの息子はもしかしたらこの勘違いにまだ気づいてないかも。
    クマくんと同じように月に行って月を食べたおはなしとして聞いているようです。
    息子がいつ、このからくりに気づくのか楽しみですw

    掲載日:2011/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • フランクさん

    1歳の娘と一緒に読みました。フランクさんのほかの作品が気に入ったのでこちらも手にとってみました。相変わらず勘違いが多いこのくまくんの行動が拍子抜けというか、面白かったです。グーグー眠ってしまうところもどこかお茶目で可愛い。娘もそんなクマ君の様子に笑ってました。

    掲載日:2010/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • クマくん、かわいすぎるっ!

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    フランク・アッシュさんの絵本は
    「ぼく、お月さまとはなしたよ」を読んでから
    とっても好きになりました。

    今回も、クマくんの勘違いというか思い込みというか
    そういうのが本当に可愛すぎる。

    お月さまをかじってみたいっていう発想と
    ロケットを作って飛んでいこうという発想が
    あまりにも可愛すぎて泣きそうになるくらいでした。

    雪の上についた足跡を自分のものだと思わずに
    おっかない怪物のものだと思って怖がるクマくんも
    バカだなーって思いつつも可愛いすぎますね。

    最後にコトリくんに月へ行ったことを報告するクマくん。
    最後の最後まで可愛いかったです。

    掲載日:2009/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • くまくんはそれでも幸せ。

    月に行きたくてロケットまで作ったのに…
    でも行った気分になれて(いえ、本人は行った事になってますが)、しあわせです。くまくん。
    息子も喜んで、何度も読んでとせがんで来ました。
    私も昔、月に行ってみたいな〜と思った記憶がちょっと思い出されてほんわかしました。

    掲載日:2007/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • のんびりやのくまさん

    • かお犬さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    「おつきさまを食べてみたい」
    この手の本は他に何作品は読んだことがあります。
    しかしこの絵本はちょっと他と視点が違うかもしれません。
    この絵本の中のくまさんは、お月さまをかじってみたいために、ロケットを作ってしまうのですから。
    しかも何ヶ月もかけて・・・。
    冬になりトリさんは南の国へ飛んでいってしまいますが、
    くまさんは・・・・?
    くまさんも冬眠しますよね。
    頑張ってロケットを作り、いざ出発という時に眠ってしまう。そして目が覚めると、そこは今まで見たことのなかった冬の世界・・・それをくまさんは「月」だと勘違いしてしまいます。

    月の味は雪の味。

    なるほどよくできてるなと感心しました。
    このシリーズの絵本は、私達の小さな力ではどうしようもないことを、「かわいい勘違い」で解決してしまいます。
    今回の絵本もそう思わせる内容でした。

    掲載日:2007/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • そのまま、信じていて。

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    お月さまを食べようとロケットを作ったくまくん。冬になって、やっと完成したロケット乗って、いざ秒読み開始!!でも、あれ・・・寝ちゃった!?

    初めて見る雪を、お月さまに着いたと勘違いするくまくんが、かわいい。秒読み途中でまたお約束のように寝ちゃうのに、子供たちは大ウケ。くまくんには、ずっと真実に気づかずにいてほしいような気がしました。

    もともとのタイトルは「MOON CAKE」なんですね。おいしそう!!

    掲載日:2007/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん / おおきくなるっていうことは / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット