ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

国際版 ディズニーおはなし絵本館 ピノキオ」 みんなの声

国際版 ディズニーおはなし絵本館 ピノキオ 作:森 はるな
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年03月
ISBN:9784062714631
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,366
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やっぱり。

    我が家は,いただきもので別の「ディズニー名作館ピノキオ」というピノキオ絵本を持っていますが,やっぱりピノキオはディズニーのイラストの印象が強いですね(笑)。
    はじめは決して「とてもいい子」とは言えないピノキオですが,色々な経験や気持ちを感じることによって「本当の人間の男の子」になれるというストーリーが,希望を与えてくれますね!

    掲載日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • DVDを見た後に

    DVDで見ていたので、絵本を見つけたとたん「あ、これ大好きなの!」と飛びつきました。ある程度、話の内容がわかっていたので本人も楽しかったと思います。途中の悪い人たちがでてくるあたりで怖がっていましたが、最後はハッピーエンドで笑顔でした。

    悪い行いをせず、いい行いをすれば人間になれるというのがまだ理解できないようです。それを理解できればまた反応は違うかもしれません。

    掲載日:2012/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプル

    4歳5ヶ月の息子に読んでやりました。ディズニーのストーリーです。でも、絵本での展開の仕方は少々荒いので、息子にはストーリーを理解するのは難しかったかもしれません。もう少し丁寧にページを重ねてわかりやすくストーリーを語ってくれるといいかも。もうピノキオを何度も読んでわかっているお子さんだったら、この絵本でも十分理解できるかもしれませんが、初めて読んであげるのであればあまりおすすめできないと思います。

    掲載日:2012/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとこわい?

    最後まで興味をもって、ピノキオのお話を聞いていましたが、
    子どもたちがロバにされてしまったり、ピノキオの鼻が伸びてしまったり、鯨に飲み込まれたり・・・と、ちょっと子どもにはこわいシーンもあったようです。
    こわいながらも、その部分には大事な教訓も含まれているので、
    そういうものが絵本を通して伝わればいいなと思っています。

    最後に、ピノキオが人間になれて、子どももうれしそうでした。
    やっぱりハッピーエンドがいいですね。

    掲載日:2009/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好き!

     「ピノキオ」と言えば、ディズニーの名作の一冊ではないでしょうか。

    「一人暮らしのゼベットさんは、男の子の 操り人形をつくりあげたところでした。名前はピノキオ。ピノキオは元気に学校に出かけましたが、途中きつねとネコにだまされ・・・」 

    ページが型紙で出来ており、かなり表紙もしっかりした絵本です。
    我が家は、どうも下の子が小さい頃は本をカジルくせがあり、破られることのない頑丈な本を選んでいました。
    セリフの上には、きちんと絵がついており 読む時には声を変えて読んだりできます。
    内容もしっかりしているので、5歳位のお子さんなら、理解して頂けるのではないのでしょうか。

    掲載日:2006/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ディズニーランドへ行く前にお勧め

    東京ディズニーランドへ何度か行ったのですが、親は「あのシーン」と思いながら見ていても、子供はお話を知らず、楽しみは半分以下だったと思います。アトラクションがストーリーの順番に1シーンずつになっているので、お話を知っていると、飛び出す映画みたいで、もっともっとおもしろいでしょうね。
    ピノキオはDVDになりましたが、あえて絵本を選びました。DVDはSTOPボタンを押しながら見たりしないですが、絵本だと、指差したり会話しながら、子供のどきどきわくわくが伝わってきます。忙しい時はいろんなDVDをつけて用事をしていますが、ピノキオは読んであげたかった作品です。我が家では、絵本を買って正解でした。絵もディズニーなので綺麗です。本で子供のイメージが膨らんでから、映像を見せてあげようと思います。

    掲載日:2003/11/17

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット