アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

いろのダンス」 みんなの声

いろのダンス 作・絵:アン・ジョナス
訳:中川 千尋
出版社:ベネッセコーポレーション
本体価格:\1,456+税
発行日:1991年06月
ISBN:9784828849560
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,255
みんなの声 総数 3
「いろのダンス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 動きもあって素敵です

    体操チームのようなスタイルで、子供たちが
    動きのある、やわらかな布で見せてくれるダンス。
    3つの原色から作ってゆく基本的な配合と
    思ったら、そこからもっと濃淡を加えて
    いく種類もの色の種類と名前が出てきます。
    こういう作品好きです。
    実際にこういう舞台を見たら楽しいだろうなと思いました。

    掲載日:2017/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色を紹介する時に

    なかがわちひろさんの本を読むことになり、訳のこの本も読んでみました。

    そういえば前に、色に関係する本ということでこの本を紹介されたことも思い出しました。

    この本と色のセロハンを使って、色の配合を子どもたちに紹介されたのだとか。

    確かにそんな時にもお役に立ちそうな本ですね。

    色づかいがとてもきれいでした。

    息子はあまり興味を示さなかったのですが、色の配合についてまだよく知らない園児さんぐらいなら楽しめそうかもしれないと思いました。

    掲載日:2010/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色のしくみがわかる本

    • かりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳

    女の子たちがダンスを始めます。それぞれ赤や黄色、青や白、黒ほかいろいろな色の布を一人一枚もってダンスを始めると・・・赤と青が重なると紫色が出来上がり、青と黄色では緑色ができて、黒と白では灰色ができて・・と色はまざりあうことによっていろいろな色ができることがよくわかります。シンプルなストーーがすっきりしていてとても気持ちよく読める絵本です。

    掲載日:2002/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しょうぼうじどうしゃじぷた / うんちしたのはだれよ!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『藤城清治 影絵の絵本 グリム』<br>藤城清治さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット