なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

しらないいぬがついてきた」 みんなの声

しらないいぬがついてきた 作・絵:小林 与志
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2003年09月
ISBN:9784790251002
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,837
みんなの声 総数 11
「しらないいぬがついてきた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • しらないいぬが ついてきたんです   だめ!って いっても ついてくる
    ぼくは にげるのですが・・・・  どこまでもついてくるんです
    いぬは この男の子のことが好きなんですね
    なんだか 二人の姿が かわいくて 微笑ましいのです
    あれっ? ここ どこだ?  男の子といぬの姿   なんともいえない かわいさが ニンマリします
    帰り道がわからず 困っていると  なんと いぬが くんくん はなで臭いをかいで  元の場所まであんないしてくれるんです
    男の子の嬉しそうな顔!  いいえがお    
    だいすきな 男の子の顔をペロペロなめて
    この二人の関係が ほのぼのとしていて いいですね〜
     
    二人が通る  レトロな町の様子がたまらなく 懐かしいような 心温まります

    とっても ステキな 絵本でした!

    掲載日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほっこり

    「表紙の男の子の顔がかわいかったから。」という理由で息子が借りてきた絵本。
    最近は自然の本、写真が載ってるような本や、お話ものの児童書を読むことが多くなっていたので、絵本が新鮮でした。しかもかわいらしい。
    子どもが言ったように、本当に男の子がかわいらしい。そしてわんちゃんも素敵。野良犬なんて感じではなくて、おしゃれなわんちゃん。
    そんな男の子とわんちゃん。読んでいて、ほっこりと優しい気持ちになります。

    掲載日:2016/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキ!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    しらない犬がついてきたら
    ドキドキします。
    たぶん絵本の男の子もドキドキしたでしょう。
    少し怖かったりもしたでしょう。
    そんな心細さが文章がすくない絵本の世界からも
    伝わってきます。
    でも迷子になった男の子をおうちに返してくれます。

    犬はとっても賢くって人間の気持ちがわかるのですね。
    子供と動物の無垢なつながりにほんわかします

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ついてくるついていく

    いぬがひたすらついてくる。
    無言でうしろからついてくる。

    振り切ろうとあちこち移動している間に知らない場所へ。
    こまっていると今度は犬が動き出した。

    ついていく。
    しらないいぬについていく。

    同じ言葉の繰り返しがリズムよく、絵の感じが不思議感
    たっぷりで新鮮でした☆
    ただついてきて、ただついてもどるだけの話だけど、
    娘の反応も割と良かったです。

    掲載日:2010/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目が合うとダメなんですよね。

     表紙絵のワンちゃんが可愛らしくて、手に取りました。
     目が合うとダメなんですよね。「ン?この人いい人かも?」って、決めつけて、ついて来ちゃうんですよ。特に、子どもに。

     私も、小学生の時、野良犬に話しかけたら、ついてくる、ついてくる。「ついて来ちゃ、ダメよ。」って、優しくいってもついて来ます。途中、ランドセルの中から、給食で残したパンを出して あげたりなんかしたら、家まで来ちゃって。『ここまでついて来たんだから、何とかなるかもしれない。』って、子どもの浅知恵で。


     主人公のこの子は、どうも迷惑そうです。一生懸命足早に急いで、まこうと思ったらしいのですが、……。


     なんといっても、このワンちゃんのキャラは、魅力あります。
     油絵のように見えますが、暮れて行く夕方の町の様子が美しい。町並みも、一昔前の商店街という感じです。
     話の流れ上、もとのページの所まで戻ってくるのですが、子どもたちは、きちんと記憶していて、ほっとした様子で、最後のページを楽しんでいました。

     どうも、このワンちゃんは主人公に会った時から、保護者的な気持ちで、この子の事を観ていたような気もしてきました。

    掲載日:2009/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後はほっと・・・

    • オナミーさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子3歳、男の子0歳

     男の子に、犬がついてきます。
     どんどんどんどんついて来て、そのうち男の子は迷子になってしまい、最終的には、犬につれて帰ってもらう・・・というお話。

     行って、帰る。ただそれだけの物語なんですが、子供にとっては、「知らない犬」という未知の生物とドキドキしながら冒険するお話なんだと思います。

     最後に犬につれて帰ってもらう、というところがほっとします。

    掲載日:2008/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬好きはワクワク・苦手はドキドキ

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    しらない犬がついてくる・・・これって怖くないんでしょうか?
    絵でみるとけっこう大きな犬で・・・娘は『私なら泣く!』そう彼女は動物が苦手。
    犬好きさんにはほのぼの〜って思う本なのかな・・・私は犬好きだからこんなことあったらやっぱりわくわくするけどな!

    ついてくる犬から逃げようとして最後は犬に助けられるんだからなんとも楽しい絵本なのに・・・犬きらいの娘には『わからん!』

    なので星4つにしました。
    作者さんはとても犬好きのようです。
    読み手もいろいろな人がいますからね・・・
    動物好きな人は楽しめますよ・・

    掲載日:2008/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬と少年の心温まるストーリー

    私が、犬が大好きなので、発作的に購入した一冊です。
    犬がついてくるのを振り払おうとほっつき歩いているうちに迷子になってしまい、
    今度はその犬にくっついて歩いて、迷子脱出というストーリー。
    町を、少年と犬が追いつ追われつする様子が
    少ない文字と絶妙のカットわりで表現されていて
    少年と犬の距離感が、物語の進行にあわせてかわります。
    (高架下を抜けるときの奥行き感がなんともいえません)
    物言わぬ犬の台詞も感じさせます。

    掲載日:2008/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何も言わないけど ついてくるんだ

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    「なんだよう。ついてこないでよう」
    男の子の思いに反して野良犬はついてくる。逃げる逃げる、追いかける追いかける。気付くと、、あれ、ここはどこ?見知らぬ場所に来てしまって帰り方が分からず落ち込んでいる男の子を見て、犬は・・・。

    犬が取る距離感がたまりません。(この子についていってみようかな)ついていきたい好奇心と、受け入れてもらえるか不安な気持ちがよく表されています。

    薄暗い工場群やはだか電球など、描かれた時代背景は戦後まもなくでしょうか?セピア調で統一されていて独特の雰囲気が漂ってきます。同時代に生活されていた方なら遠き日を思い起こす作品です。
     ひらがな表記ですので小さいお子様でも一人で読むことが出来ます。昔はこんなだったよ、と補足してあげると子供は時代背景を理解し易いと思います。

    掲載日:2007/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬をまいていて、迷子に!

    可愛いお話です。
    読んでいて、とってもホッとしました。
    見知らぬ犬が後をついてきて、困ってしまった男の子は犬をまくためにあちこち歩き回ります。
    ところが、あまりあちこち歩いたために、男の子自身が迷子になってしまって…。
    途方にくれていると、その犬が「後をついて来い」という、仕草をします。
    男の子は犬の後をついて歩いて、やっと自分の家の近所まで戻れる。というお話でした。
    私にも、似たような経験があります。
    動物好きにはこたえられない1冊ですねー。

    掲載日:2003/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



自由研究にぴったり!夏休みのおたすけ絵本

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット