貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ああ おどろいたふつうだと思う みんなの声

ああ おどろいた 作:長 新太
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1996年
評価スコア 3.33
評価ランキング 40,087
みんなの声 総数 5
「ああ おどろいた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おどろいたわりに落ち着いている?

    長さんの下手うまチックな絵がいいですね。
    たぬきの自動車がドライブに出るのですが、
    恐竜が乗ってきて・・・・というお話。
    恐竜の上には赤ちゃん恐竜ものっているのですが、
    途中で赤ちゃんが落ちそうになります。
    その時の恐竜が落ちそうな赤ちゃんを見てる目がいいですね。
    恐竜が「がおーっ がおーっ」ってほえてるのも、
    私のお気に入りです。
    恐竜が行ってしまった後に「これで あんしん」って言ってますが
    車の屋根はへこんでいます。
    本当に安心なのか?って、突っ込んでしまいました。

    掲載日:2007/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おなじみ長

    長 新太さんの絵が楽しい絵本。恐竜がにゅうっと出てきてどしんどしん、ああ驚いた・・・みたいな、単純なお話ですが、車、恐竜など男の赤ちゃんに受ける要素が多くわかりやすいです。長 新太さんはショッキングピンクの色使いが多いですね。この本の恐竜もショッキングピンクで可愛いです。

    掲載日:2006/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット