そうべえときじむなー そうべえときじむなー そうべえときじむなーの試し読みができます!
作: 田島 征彦  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「じごくのそうべえ」シリーズ、7年ぶりの新刊!今度は琉球へ

ころちゃんはだんごむし」 みんなの声

ころちゃんはだんごむし 作:高家 博成 仲川 道子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:1998年06月
ISBN:9784494003273
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,749
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

39件見つかりました

  • 虫が苦手でも!

    ちょっと虫が苦手な女の子でも、脱皮とかグロテスクな
    感じのする様子もかわいらしく感じられ、
    親子で楽しめました。
    お母さんの「こわくなったらまるくなるのよ」の
    言葉に笑ってしまいました^^

    投稿日:2011/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • だんごむしの本の中で一番!

    いつも行く場所にダンゴムシの本が
    何冊か置いてあるのですが、
    息子の一番のお気に入りはこの本です。

    絵もかわいらしいのですが、
    ストーリーもハラハラする感じがいいのか
    息子は楽しんで聞いています。

    小さい子にもそれとなくわかるように
    ダンゴムシについて書かれていて、
    私もダンゴムシについて勉強になりました。

    この本を読むと
    ダンゴムシがさらに興味深い存在になります。

    投稿日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 脱皮しますか・・・

    子どもって、ダンゴムシ好きですよね〜。
    しかも、このダンゴムシは、かわいらしいし。
    ダンゴムシが脱皮するのは、初耳☆
    土の中の世界は不思議がいっぱ〜い☆☆

    投稿日:2010/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になります

    だんごむしのころちゃん、とっても色白だなぁって思っていたのですが
    だんごむしって、脱皮をして、その度に色も黒くなっていくのですね!
    3才の娘は、虫が苦手。
    どんなに小さな虫でも恐がります。
    この本を見て、ちょっと虫に興味を持ってくれれば・・・って思います。

    そういう私も、だんごむしは、どちらかと言えば苦手。
    出来れば触りたくないのですが、この絵本を読むと
    だんごむしに親しみが湧いてきます。

    地味な(?)主人公ですが、意外と面白くて楽しめました。

    投稿日:2010/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいだんごむし

    • 苺ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 女の子5歳、男の子2歳

    家の花壇で土いじりを子どもとしていると
    出会うだんごむし

    ちょうどそんな時、この本が見つかったので借りてみました。


    私は子どものころだんごむしはにがてでしたが
    子どもたちには自分たちの判断でと思い

    だんごむしと心では触れ合っています。

    だんごむしがせみのあかちゃんに助けられて
    最後はせみの真似をして
    服を脱ぎます。

    その後の土いじりの時に
    だんごんむしの抜け殻が転がっていて

    絵本と同じだねと喜んでいました。

    春にぴったりのかわいいお話しです。

    投稿日:2010/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供でもすごいよ

    とってもかわいらしい絵のえほんです。
    娘はカマキリサイズになると怖がって触ろうとはしませんが、
    ダンゴムシは見つけるといつも知らせてくれます。
    この絵本はダンゴムシの子供達がとてもかわいらしくて、
    天敵からもうまく逃げたりとスリルも満点。
    図書館で借りた絵本だったのですが、娘はとても気に入って
    いつまでも借りていたいと言っていた絵本でした。

    投稿日:2010/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本なのに詳しく分かる!!

    • ジソさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳

    お値段も手ごろで、小さめな絵本です。
    でも、単なるだんごむしの物語ではありません!!!
    ちゃ〜んと生態を知る事が出来ます。
    このシリーズのものは、他にも沢山あるようですが、全部がこのように
    詳しく知る事の出来る図鑑みたいな絵本なので、少しずつ集めていきたいと思っています。

    投稿日:2009/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ころちゃんの気分で

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    だんご虫のころちゃんの目線で書かれているので
    ハラハラしたりドキドキしたり
    とても楽しかったです。

    子供達はだんご虫が大好き。
    危険を察知したらまるまる、天敵はどんな虫など
    生態が書かれているので、勉強にもなりました。
    今はだんご虫の脱皮した皮(自分で食べてしまうらしいのですが)を
    探して見せると意気込んでいますよ。

    投稿日:2008/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になります

    たまに庭で見かけるだんごむし。
    へぇ〜だんごむしって脱皮するんだぁ。
    しかも体半分ずつ!
    だんごむしの生態って全く知らなかったので私も勉強になりました。
    娘も丸くなるだんごむしに興味津々の様子でした。
    カマキリやもぐらに襲われて大ピンチのころちゃんも、丸くなって身を守ります。
    絵もかわいらしいし、文章も小さい子にも分かりやすいと思います。
    他のシリーズも色々と出ているようなので、読んでみたいと思います。
    親も勉強になるお話でした。

    投稿日:2008/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ころちゃんが大好きに

    じいじが息子たちに選んでくれた本です。
    どうかなあと思っていたら
    やっぱり虫シリーズは王道ですね。
    とっても気に入って何度も読んでもらったようです。

    どこが楽しかったって聞くと
    ころちゃんっていうだんごむしがいて
    かまきりにぐわ〜〜〜って食べられそうになるの。
    でも丸くなったら、硬いから食べれないの。
    それが面白かった〜〜って。
    虫の生態がわかっていいですねえ。
    シリーズの違う本にも注目です。

    投稿日:2008/09/19

    参考になりました
    感謝
    0

39件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきくなるっていうことは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット