ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

へっちゃらへっちゃら」 みんなの声

へっちゃらへっちゃら 作:ジョン・サブロー
訳:いまえ よしとも
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,311+税
発行日:1991年
ISBN:9784892389122
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「へっちゃらへっちゃら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 可愛い冒険を覗けて心がほぐれました

     タイトルと訳者今江祥智先生の名に興味を持ち手にとりました。

     主人公の男の子が、いなくなった飼い犬を見つけるまでのお話です。
     愛犬がいなくなった時に見た(気がする)怪獣。
     そいつに食べられちゃったんじゃないかと、愛犬の足跡を頼りに追跡の大冒険へ。
     先々でどんなものが出てこようが、「へっちゃら へっちゃら」って自分に言い聞かせ前へ進む主人公。
     その想像の障害たちの退治法も愉快!愉快!
     あらいぐまの帽子をかぶって追いかける姿もなんか面白い!

     ラストの“めでたし めでたし”にクスリとして、この可愛い冒険を覗けて心がほぐれました。

     カバー折り返しの今江先生のコメントも、楽しく読めました。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子の気持ち【ぼくは強い!】

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    19歳の青年が描いた絵本です。

    小さな男の子って「トラだって竜だってやっつけてやる〜!!」
    なんて戦隊物のヒーローを気取って
    大きな事いいますよね。うん。実に頼もしい!
    空想の世界では誰もが勇敢でたくましくなれちゃう。
    そんな男の子の気持ちがよく表れている作品でした。

    掲載日:2003/12/01

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット