うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

わたしいややねん」 みんなの声

わたしいややねん 作:吉村 敬子
絵:松下 香住
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1980年10月
ISBN:9784034300107
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,146
みんなの声 総数 13
「わたしいややねん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 車いすから見たら

    このお話は、車いすを使わなくてはいけない人が周りからみられることに対する気持ちを表現した絵本でした。子供もこの絵本を聞いて「僕も車いすの人いたらじろじろ見ちゃうから、見ないようにする!」とほかの人の気持ちになって考えれるようになった気がしました。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 車いすの描写、半端ないです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    表紙絵が車いすです。手のひらサイズの小さ目な作品です。
    中身も、登場するのは車いすだけです。
    でもこの車いすが、この作品に描かれている作者の心の動きに合わせて、いろんな表情を見せてくれます。
    その表情が半端ありません。
    幼いころに小児マヒになったせいで、現在も手足に障害を持ち、車いすなしでは生活できない作者が、その心の内を素直に語ってくれています。
    がんばれ、がんばれ!と、応援したくなります。

    幼いお子さんには伝わりにくいと思いますが、中学生・高校生くらいのお子さんたちに、ぜひ紹介したいなと思いました。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • わたし いややねん  
    車いす  
    私は今母の介護で車いすを押して町を散歩することが少しありますが・・・・

    車いすの表情が見事に訴えてくれています
    彼女は 障害を持っているので 外へ行くと みんなの目が 気になったり  恐怖心で 出無精になったそうです

    ほうれん草食べて ポパイのように強くなりたいと考えたのですね
    なんだか 胸が痛みます
    車いすを 風呂敷で包むところがすごく 胸が痛みました 心を閉ざしていく彼女の苦しみが伝わります

    「わたしが なんで 強ならなあかんのやろ・・・・か」

    大きな 車いすが 目にやきつきます

    後書きで 今江祥智さんにご指導をうけたとありますが・・・・
    今江さんは亡くなられて 吉村さん悲しかったでしょうね
    でも  今江さんの心の声聞いているのかな〜

    掲載日:2015/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いが直球で迫ってくる

    • たぽたぁぽさん
    • 40代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    車椅子を使う作者、吉村敬子さんが、
    自らの思いを文章にし、
    友人である松下香住さんが、
    吉村さんの思いを絵で表現した作品です。

    表紙の絵、
    車椅子の背もたれ部分のしわが、
    なんだか顔に見えてきて、
    ページをめくると、
    車椅子が吉村さんに代わって
    彼女の思いをストレートに伝えています。

    最初から最後まで描かれているのは車椅子のみ。
    だからこそ、吉村さんの気持ちが
    直球で心に迫ってくるように感じます。

    小学校高学年から中学生を対象に
    「人権」をテーマにした読み聞かせなどで
    おすすめの1冊です。

    掲載日:2015/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 5年生に読みました。

    • ヒロの恋人さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子10歳、女の子5歳

    「みんなじろじろ見るから、でかけるのん、いややねん。」

     私は、この本を読む度に泣けてきます。
    以前、新聞で、魂レベルが高い人は、自ら障害を持って生まれて来て、人々に愛を教えると載っていましたが・・・
    そんなに強くないですよね。。。

    私の娘は、障がい者ではありませんが、食物アレルギー持ちで、アナフィラキシーショックを何度か起こし、死に掛けました。
    給食も皆と違うものを食べています。
    先生や給食センターで、色々と配慮をして頂いてますが・・・
    「給食大嫌い!」です。
    この絵本にも、「わたしかてなんにもなかったら ゆうえんちもデパートもいきたいもん」とあります。
    娘も何もなかったら、給食大好きなはずです。

    5年生のクラスで読み終わり、教室を出た後、先生が
    「みんなは、車イスじゃないけど、何を思ったかな?」と生徒に問いかけてくれました。
    一人一人、感想は、違うと思いますが、生きる力を頂ける本でもあると思いました。

    掲載日:2013/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心に響く絵本

    • ねこなさん
    • 30代
    • その他の方
    • 埼玉県

    障がいのある人だけに対して
    「強くあれ」
    というのは間違っている気がする。
    もちろん、弱くていいと言っているわけではない。けれど、強くなくてはいけないのは、みな同じ。障がい者だからではない。

    この絵本で、最後に車いすが問いかける。
    「そやけど なんで わたしが 強ならなあかんねんやろ―か」
    この言葉が強く心に響いてくる。

    掲載日:2011/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地下書庫に眠る

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    先日読んだ「ななしのごんべさん」の作者の関連作品とのことで図書館で借りてきました
    モノトーンの絵本でページは最後まで車いすのデッサンです
    関西弁で作者本人がつづる文章は、素朴でかつ正直な気持ちをどんどんぶつけてきます
    「強くなること」として作者はホウレンソウを食べたとつづります
    私も幼き日に、強くなりたくて同じことをしたことがあります
    まったく違う思いからですが、良く分かるような気がします・・・
    そんなに簡単にいかないんです
    残念なことにこの絵本は地下書庫にありました
    リクエストしない限り、図書館では目に触れることがないのです

    掲載日:2010/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作者の心からの叫び。しっかり受け止めよう

    脳性小児マヒということ、どんなことかわからない。
    けど、作者のひとことひとことがぐっと来る。
    同じ人間なんだ。怪獣じゃないぞ。
    「なんで強くならなければいけないの?」
    強くならなければ、堪えられない社会があるから。
    嫁さんと、大いに感じ入った一言です。
    関西弁が良いのかも知れない。
    車いすだけの絵。
    車いすにも表情があるんだね。
    目の前に、この絵本の作者が現れたらどうするんだろう。
    障害者を自然に受け入れる優しさをもたなければいけないと思いました。

    掲載日:2009/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心で感じて欲しい。

    ページが変わるたびに挿絵の車椅子の向きや形が
    次々と変わっていきます。
    時には折りたたまれていたり、布にくるまれていたり・・・。
    車椅子の姿は作者の心を表しているのでしょう、
    「人のようさんいてるとこ嫌いや」というシーンでは車椅子は横倒し。作者の語りかける言葉が、胸に突き刺さり、
    無機質な車椅子がまるで人間のように思えてきます。
    心が空虚な気分を表す時には、車椅子は濃淡のない、
    ただの細い線で形だけを描いたもので表現されていたり、
    挿絵を描かれた松下さんは、友人として作者の車いすを
    押し続けて来た画家さんだそうで、2人の心の叫びが
    この作品のなかでの表現を単調ですが、素直な気持ちを
    そのままぶつける作品に仕上がったのでしょうね。
    是非、子どもたちにも心の中でしっかりと感じて欲しい1冊です。

    掲載日:2008/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんの人に知ってほしい1冊

    車椅子の女の子が、自分の気持ちを関西弁で語られているえほん。
    絵は白黒で車椅子の絵のみだけど、その分女の子の気持ちが伝わってきました。
    こどもから大人までたくさんの人に、この女の子の気持ちを感じてほしいです☆

    掲載日:2007/11/06

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / まどから おくりもの / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ / ぼちぼちいこか / がたん ごとん がたん ごとん / あおくんときいろちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット