貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おちんちんの話」 みんなの声

おちんちんの話 作:やまもとなおひで
絵:ありた のぶや
出版社:子どもの未来社
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年
ISBN:9784901330015
評価スコア 4
評価ランキング 24,196
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 勉強になります

    • ミブノさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子8歳、男の子5歳、男の子3歳

    子供に読むには少々難しい話でしたが、私にはとても勉強になりました。二人の息子を持つ親として将来どう説明しようかとそれが絵本で・・・。8歳の娘は自分で読んでいましたが、やはり難しいといっていました。でも大事なところであることは理解したようです。5・3歳の息子にはまだまだかもしれませんが、どうしてお姉ちゃんにはないの?とかここには何が入っているの?骨はあるの?疑問だらけのようです。少しづつ絵を見せながら解決できればと思っています。

    掲載日:2003/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット