十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おおきくても ちいさくても……」 みんなの声

おおきくても ちいさくても…… 作:マリア・エンリカ・アゴスティネリ
絵:エルザベス・ボルヒェルス
訳:長谷川 四郎
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1979年03月
ISBN:9784593501021
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,680
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大きくても小さくても、悪いことばかりではありません。
    自分にないものには憧れるけれど、みんながそう思っていることに気づいたら、気持ちも楽になって来ますね。
    何より自分を認めることが大切だと教えられました。

    掲載日:2016/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな違ってみんないい

    金子みすずさんの「みんな違ってみんないい」の言葉を思い出す絵本でした。
    太っていてもいい。やせっぽちでもいい。大きくてもいい。小さくてもいい。
    最後の一ページに、この絵本の全てのメッセージがこめられています。
    「とりはぞうではありません。かばはハエではありません」「おおきいのがいたり、小さいのがいたり、みんな違った大きさなのです」「だれが一番いいなんて、そんなことは無いのです」
    最近は、やせているのがいいとされ、必要以上にやせようとする子どもが増えてきました。
    健康に害がないなら、ぽっちゃりもかわいいと思います。
    もちろん、やせている人も素敵です。
    だれかをうらやむのではなくて、だれかになろうとするのではなくて、自分を大事に思える人になってほしいなと思いました。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • かなしまないこと

    カラフルな色で大胆な絵が楽しいです。画面からはみだしている「ぞう」は迫力があります。涙をながしている「わに」の悲しみもつたわってきます。

    たとえ、ほかのものになっても、またほしいものがでてくるだけです。ないものねだりをして、かなしんでもしかたのないことだなと思いました。哲学のようなことを、わかりやすくお話にしているので、小さな子供の心にもすーっとはいっていきそうです

    掲載日:2007/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も学ぶ事があるな。

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

     大きいとか小さいとか、重いとか軽いとか、色々憧れるのは良いけれど、それになれないからと悲しんではいけないと書いてあるんです。
     私も、子供の成長を兄弟や同年代の友達と比べてしまうけれど、それを悲しむ事は、いけないと思わされました。
     ただ、それに向かって努力する力は必要なんでしょうけれどね。

    掲載日:2004/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 個性を認めること

    自然界にはゾウのように大きいのがいたり、反対にハエのように小さい生き物がいたり、姿も特技も様々です。でも、そんなことは個性であって、小さい生き物は大きい生き物に負い目を感じることはないし、他者をうらやましく感じて、自分に自信を無くすのはおかしいんです。この絵本では様々な生き物を紹介しつつ、個性の大切さを訴えていると思います。絵は優しいタッチで動物たちも生き生きと描かれています。

    掲載日:2003/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット