だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ぼくとおかあさん」 みんなの声

ぼくとおかあさん 作・絵:宮本 忠夫
出版社:くもん出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1996年
ISBN:9784774300412
評価スコア 4.8
評価ランキング 294
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 母の日に…

    いかにも母の日に選びそうなタイトルですが、
    繊細なタッチの絵がとても好きな絵本です。
    ぼくとおかあさんのたわいもないやりとりなんですが、
    そういうゆったりした時間が
    親子の間に流れている時期って
    本当に短い。
    だから、大事にしなくちゃな〜と
    いつもいらいらピリピリしかってばかりいる
    私は反省しました。

    掲載日:2014/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛らしい

    かわいらしいくまの絵に心惹かれて図書館で借りてきました。
    おかあさんとこぐまのやり取りがとっても楽しい絵本です。
    こぐまがおなかの中にいたときのことを話すシーンが私は好き。
    表情豊かな絵もすごく大好きです。

    掲載日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんて素敵なおかあさん

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    口が達者になってきた娘の、「ああ言えばこう言う」節に辟易している私。
    この絵本に出てくるクマのお母さんの対応の上手さに、思わずうなってしまいました。
    ダメなことはダメと言いつつ、根底に流れる愛情はしっかり伝わる受け答え。
    思わずグッと答えにつまってしまいそうなコグマちゃんの言葉にも、ユーモアを交えて鮮やかな切り返し。
    「あなたのやってしまったことはいけないことだけど、それでもお母さんはあなたが大好きよ」という大切なメッセージを受け止めながら導かれた子どもは、きっとすくすくと素直に立派な大人になるのではないかと思います。
    真似したいポイントがたくさんありました。
    ぜひたくさんのお母さんに読んで欲しいな。

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなお母さんになりたい!

    こんなお母さんになりたい!そう思った、私自身が大好きな絵本です。

    いたずらっ子の子グマとお母さんグマの会話が続く絵本。

    時々いたずらをしてしまう子グマ。
    「いけないこ」と叱られて不安になる子グマ。
    お母さんが大好きなのに。。。

    「おかあさん、ぼくがすき?」
    「ええ、すきよ〜。」
    「どうして、ぼくがすきなの」
    子グマの不安を表す言葉から、絵本は始まります。

    お母さんグマはどんな返答をしたと思いますか?
    子グマの不安な気持ちを、会話の中でおおらかに、そしてユーモアたっぷりに受け止める返答です。
    ぜひたくさんの方に読んで欲しいです。

    ただ厳しく叱りつけるのではなく、愛情を示しながら楽しく良い方向に導こうと機転をきかせることができるお母さんグマ。
    そんなお母さんに私もなりたい!
    この絵本を読んで視界が広がった気がしました。

    「ぼくとおとうさん」も早く読んでみたいです☆

    掲載日:2010/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私の勝利でした!

    魚捕りやハチミツ採りをする母ぐまと、手伝うこぐまのかわいい会話

    です。こぐまがつまみ食いをいようが、おおらかゆったりに「まー!い

    けないこ」っていましめるお母さんぐま。

     自分もちょっとつまみ食いなんかしちゃって、完璧賢母じゃないから

    こどもものびのびしているのかしら。



     この絵本は現在10歳の息子のお気に入りの一つでした。
     
    4歳から7歳くらいまで読みました。
     
     
     あらためて、どうして好きだったか聞いてみました。
     
     答1  くまのお母さんと、うちのお母さんの体型がとおても似ているから。    

     答2  これを読んでくれるときのお母さんの話し方は、とてもやさしかったから。
     
     答3  こぐまが、「ああいえば、こういう」、という風にお母さんぐまと会話しているのがおもしろい。

     答4  お母さんぐまが、おなかの赤ちゃんぐまに話しかけているところが、すきだから。  

     答5  最後のページが大好きだから。


     『ぼくとおとうさん』(もちろん主人が読みました)も家にありま 

    すが、お父さんっ子のはずが、この本だけは、私の勝利でした。

    最近『ぼくとおじいちゃん』も出たそうですね。

     
     やっぱり、手元に残しておきたい一冊です。

    掲載日:2009/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子のやりとりがほほえましい

    「お母さんはぼくが好き?」
    「なんでぼくが好きなの?」
    子供って、必ず1回は、こんな質問をしてきますよね。
    好きな理由なんてないんです。好きなものは好き。親は自分の子供が大好きなのよ。
    でも...それは、親になってみてはじめてわかること。
    次々と質問してくる子供に、ちゃんと答えてあげる母親。2人のやりとりがとてもほほえましい。
    お母さんは、生まれるもっと前、おなかの中にいる時からあなたをずっと愛していたのよ、って聞かせる母親。
    ぽつりと、自分もお母さんが好きなんだという子供。
    親子の関係がとってもいい感じ。

    掲載日:2008/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなおかあさんになりたい

    「おかあさん、ぼくのこと すき?」
    「えぇ、すきよ」
    こんな会話で始まるこの本、娘のお気に入りです。
    娘は3歳という反抗期(?)でもある今、自分が愛されているかどうか確認したいっていう気持ちがとても強いようで、この本を読んでからは毎日のように「おかあさん、○○のことすき?」「ねぇ、○○はいい子?」ときいてくるようになりました。
    「だいすきだよ」「いい子だよ」の言葉をきくと本当に嬉しそうにしています。

    “ぼく”がいけないことをした時は・・・やさしいクマのおかあさんも「こんなことをするのは いけない子よ」ってちゃんと叱ります。
    私は娘を叱るとき、これまでは「悪い子」という表現を使っていたのですが、「いけない子」の方がやわらかい響きだなぁって思いました。これからは「いけない子」という表現に変えてみようと思います。

    最後に子グマと一緒にちょっとだけはちみつをなめるおかあさんグマ、おちゃめです。
    時には厳しく、時にはおちゃめな、こんなやさしいお母さんに私もなりたいなぁって思いました。

    掲載日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい絵本です

    お母さんのことがだいすきなこぐまの男の子のお話です。この絵本を読んでいると時間がゆったりと流れているようなかんじがして好きです。こぐまのぼくの口の達者なところには脱帽ですが生意気な風ではなくて本当にかわいいなと思えます。娘はお母さん熊のおなかが大きいことにすごく興味を持っていたのでもしかしたらあかちゃんがいるのかもしれないねと言ってました。

    掲載日:2007/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本を読んで、こんなおかあさんみたいに話ができるだろうか?こんなおかあさんみたいに、本当の会話らしい会話ができているだろうか?こんな熊の子みたいに、自立したこどもらしいこどもに育てているかなあとふと、反省というか考えてみたくなりました。いつも、息子と「だいすき」といっていても、言葉にユニークさが少ないなあと感じました。
    いけないこといいこの違いをしつけをとおして、明確です。私は、いい子にたいして、悪い子といいますが、これからは、いけないこにします。いけないこのほうが、愛情あふれ、親の願いや想いがあるようにおもいます。言葉の重要性は、やはり本から学ぶことがおおいですね。

    掲載日:2007/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいです!

     もう、文句なしに五つ星です。
    こういうシンプルかつダイレクトなお話、大好き。

     びっくりしたような目をした、クマの親子。
    おかあさんと坊やです。
    おかあさんはぼうやが大好きです。その子は基本的には「いいこ」なんですが、ときどき「いけないこ」にもなります。

     みんなで食べるはずの魚を食べてしまったり、はちみつをこのなめてしまったり。。。

     ちょっと口答えする男の子に、お母さんはおなかにいるとき いい子になるっていうから生んだっていうんです。
    わすれちゃったの?って。

     この切り返し、すごいですよね。

    このおかあさんクマは、おおらかであたたかくて包容力を感じさせます。ほめるのも叱るのも上手なんです。

    こぐまも、すなおでかわいい。

    こんな親子っていいな、と素直に思える絵本です。
    胸にじーんと来ました。

    未読の方は是非、どうぞ。

    掲載日:2007/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット