キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

きんぎょのおつかい」 みんなの声

きんぎょのおつかい 作:与謝野晶子
絵:高部 晴市
出版社:架空社
本体価格:\1,500+税
発行日:1994年
ISBN:9784906268610
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,058
みんなの声 総数 10
「きんぎょのおつかい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 与謝野晶子氏の名作!?

    先日「おつかい」の話から
    「うちの息子、与謝野晶子の
    『きんぎょのおつかい』の絵本が好きで・・・」

    はぁ?
    与謝野晶子???
    金魚?がおつかいするの???

    と、とても気になりまして
    「絵も、昔なつかしい雰囲気なんですが
    子どもも喜んで見てましたよ」
    とのこと

    知らなかった・・・
    でも、古い絵本???なのかしら???
    と、早速図書館で調べていただき
    高部氏の絵だ・・・
    そんなに古くはないーはず・・・
    でも、文章は、与謝野氏の原文のまま?なんでしょうか
    ルビがふってあります
    停車場には、「すていしょん」とか
    ハイカラ(笑 です

    なんともナンセンス!
    確かに、「つっこみどころ満載」の感想に同感です

    私が気になったのは「ねこ」
    このねこちゃんは、家のねこで
    3匹の金魚が心配になって
    見守っているのではないですかね???

    紙の色もベージュで
    昔の作品の感じあり
    版画のような雰囲気も風景描写も素敵です

    それにしても
    与謝野晶子氏のおはなしがあったとは
    びっくり&感心でした

    高部氏の金魚シリーズを読んでみます!

    掲載日:2018/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大正浪漫な絵

    キンギョがおつかいにいくという、奇想天外なお話。
    なんと、文は、かの与謝野晶子さん。

    なんともいえない味のある、明治・大正時代の華やかさを彷彿とする美しい絵で、ときどき眺めては、ニンマリしたくなります。

    キンギョは、シリーズで、他のお話もあります。

    掲載日:2017/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「はじめてのおつかい」金魚編

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子16歳、女の子10歳

    平成になっての初版なのに、高部さんの絵がまるで
    復刻本のような印象です。
    与謝野晶子さんの文は、古めかしい良さを感じます。

    メールや宅配便はおろか電話も珍しかった時代、
    女中さんが遠方へお使いに行くこともあったのでしょうが、
    かわりに金魚3匹とはなんともシュール。
    彼らが乗車する甲武線は、現在も中央線として都内を
    走っています。
    私事ですが、学生時代から20年間ほど慣れ親しんでいた
    路線という点で身近に感じるお話でした。

    表紙の上目遣いの赤さんが少しとぼけた表情で、
    いい味をだしているのですが、絵本ナビでは空白のまま
    紹介されていないことがちょっと残念です。

    掲載日:2013/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 再度作者名を見てしまいました

    絵が高部晴市ということで借りたのですが、文が与謝野晶子とあり、あの与謝野晶子かと?と確認の意味でも、再度作者名を見てしまいました。

    お茶の水の停車場近くで、金魚のぼうふらをとっている人たち。ということはこの川は神田川?

    駅員ではなく「駅夫」という名称や髄所にレトロな感じを受けました。金魚がおつかいに行く?たらいを用意してもらう?など、ツッコミを入れたくなる箇所が多数ありました。

    絵もとてもマッチしています。

    掲載日:2009/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 突っ込み所、満載

    3匹の金魚がおつかいに行く様子を描いたお話です。

    切符をもらおうとしますが、手がないからと断わられる金魚たち。
    個人的には、金魚のヒレが人間の手に相当しないことに驚きました(笑)

    また、電車に乗ったとたんに水がないと言う金魚たちにもビックリで、色々と突っ込み所のある絵本です。

    おつかいを終えて駅に着いた時、バケツを持って待っている太郎さん達の姿が優しくてステキでした。

    掲載日:2008/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • みだれ髪と同じ作者とは思えません

    • 夢若太夫さん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子10歳、女の子8歳

     きんぎょが電車に乗っておつかいに行きます。きんぎょは人間のように切符を買おうとしました。駅員さんはきんぎょは手が無くて、切符が持てないので、切符を買わなくていいと言いますが…。                     あの国語の教科書に必ずでてくる与謝野晶子が書いた童話です。髪五尺ときなば水にやわらかき乙女心は秘めてはなたじ…。とのギャップに驚きながら読むおとなむきの絵本かもしれません。                      でも、笑えます!絵も昭和初期のレトロな雰囲気で懐かしくもあり、かえって新鮮な感じもします。こんな童話を創って子どもや孫を喜ばせていたのでしょうね。ユーモアたっぷりの家庭人という感じがして、与謝野晶子に対して持っていたイメージがガラリとかわりました。

    掲載日:2007/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作  与謝野晶子

    • ポポロさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳

    「きんぎょシリーズ」の感想をナビで見かけて以来一度
    読んでみたいと思って借りてきました。
    何気なく手にとったのですが、「作 与謝野晶子」?
    びっくりしました。
    ひょっとしてえらく文学的作品かしら・・。
    いえいえ、とても面白かったです。
    レトロな絵がお話しにマッチし、ユーモアたっぷり。
    おつかいを頼まれた3匹の金魚が初めて電車に乗り、
    駅員さんたちとの軽妙なやりとりがおかしかったです。
    手がないから切符はあげられないとか苦しいから水をくれとか。
    「金魚って水からあがると人間と同じくらいの大きさに
    巨大化するんだね。」
    息子は意外なところで面白がっていました。
    数ある「きんぎょシリーズ」この作品だけが高部晴市さんの原作ではないようです。
    この原作に出会って高部さんがシリーズ化を思いついたのかな?

    掲載日:2006/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイムスリップ

    歌人与謝野晶子さんの童話がもとの絵本。
    与謝野晶子さんが?と思いちょっと調べてみると、どうもお子さんに作ってあげたモノ?みたいですね^^

    金魚がお使いに行くってタイトルに誘われて読んでみると
    レトロな絵本でした。

    新宿から電車に乗りお使いに行くことになった赤・白・斑の3匹の金魚たち。
    金魚が電車に乗るの?え〜!と
    大げさ騒ぐ息子。
    この絵本の中では金魚は水槽から出ても大丈夫なんだぁ〜
    おかしな設定ね〜と息子と笑っていると・・・

    電車に乗り込むなり苦しいと騒ぎ出す金魚。
    やっぱりここは子供でも、今まで大丈夫だったじゃん〜と文句を言いながらも、
    もう絵本に引き込まれています^^

    「甲武線」って本当にあったようですね。
    タイムスリップしたような、文も絵もレトロで
    とても味のある興味深い絵本です。

    掲載日:2006/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 原作者は与謝野晶子だった!!

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子8歳、女の子4歳

    「えー、ありえな〜い」(どこかの子ども番組のセルフみたい)と、思われる方もおいででしょうが、『きんぎょ』が、電車に乗って、お使いに行きます。
    そして、この原作者。なんと、与謝野晶子だーッ!!(与謝野晶子さんは、こんなお茶目な作品もお書きになっていたんですね〜。驚きでした。)
    他の「きんぎょ」シリーズは、確か高部晴市さんのオリジナルだったような…。(あれ?記憶違いかな?)
    しかも「おつかい」以外のシリーズでは、金魚のあかさんはいとこの千代ちゃんの金魚だったんですもの!他のシリーズを先に読んじゃってたんで、な、なぜ、千代ちゃんの金魚が「ぶち」なの〜?という、違和感はあったものの、シリーズの他の作品に負けず劣らず楽しい作品でした。

    3匹は電車に乗ったとたん、苦しがって、駅夫(駅員)さんを呼んじゃいます。で、どうしてもらうと思います?「水が欲しい。水がないと死んじゃいま〜す」と言って、金だらいを電車に運び込んでもらうんですよ。水を要求する金魚達もすごいけど、金魚の為に、長時間電車を停車したあげく、金だらいに水を入れ、金魚達に渡してあげるところなんか、もうサイコーですね。
    さらに、結局何のお使いに出たのか分からないとことか。笑っちゃうというか、見ていてとても微笑ましい内容でした。
    与謝野晶子が実在した時代の背景にこだわった高部さん、すごい!!
    この美しくも懐かしいような風景にも、ぜひ!目をとめて下さいね。

    掲載日:2004/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 与謝野晶子さんのイメージがかわる!

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    文を書いたのがあの与謝野晶子さんというのでびっくり!
    内容を読んで、またびっくり!同姓同名の別人が書いたの?と思うくらい、
    与謝野晶子さんのイメージが変わりました。
    なにしろ、金魚をおつかいにやろうという発想ですからね(笑)

    おつかいを頼まれた3匹の金魚は甲武線の新宿駅につきました。
    切符をもらおうとしますが、駅夫(駅員)さんに
    「お手がないからあげられません」と断られます。

    え?そこなの??って思いませんか?

    切符無しで電車に乗る事を許された金魚たち。
    しかし、電車に乗って慌てる金魚。
    車掌さんも駅夫さんも駅長さんも飛んできます。
    そこで金魚はこんな事を言います。
    「水がなくて苦しいから電車に水を入れてください」

    おいおい、今まで平気だったじゃないか・・。
    駅まで歩いてきたんじゃないのか?
    と、つっこみたくなります。

    初めから10ページでこんなに面白い展開。
    絵もとっても素敵でお気に入りの一冊になりました。
    小さな子どもさんには文章が長く、言葉が難しいので
    是非ご家庭でわかりやすい言葉に代えて読んであげて欲しい絵本です。

    掲載日:2003/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あざやかな色彩と造形!赤ちゃん絵本の王道いないいないばあ

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット