だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おさるはおさる」 みんなの声

おさるはおさる 作・絵:いとう ひろし
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1991年
ISBN:9784061978256
評価スコア 4.74
評価ランキング 847
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • おさるたちのかわいらしい姿

    いとうひろしさんの「おさるシリーズ」は、我が家の2年生の次女のお気に入りのシリーズです。かわいらしいイラストと、シンプルで短い文章が、飽きずに読めて楽しいようです。
    娘は特におさるたちの生き生きとした無邪気な仕草が好きなようで、おさるたちが木の上からおしっこをしている場面などをうれしそうに見ているのです。
    どうわという読み物のスタイルですが、まだまだイラストが主なので、小さい子も絵本と同じように楽しめるシリーズです。6歳の息子もこのシリーズが好きになったようです。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歴史は繰り返す

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子19歳

    『おさるのまいにち』の続編です。
    南の島に住むおさるの作文のようなお話です。
    相変わらずのんびりとした生活が描写されますが、
    ある日、カニが耳を挟み、離そうとしないのですね。
    自分一人だけ、と疎外感にさいなまれるのですが、
    おじいちゃんが子どもの頃の話を話してくれると、同じようなエピソードが!
    しかも、おじいちゃんのおじいちゃんにも同じような体験があったことも判明するのです。
    で、結局どうなったかって?
    なるほど、そういうものなんですね。
    この島の空気に触れたら、妙に納得してしまった、読後感です。
    のんびりと読める、読み物初心者向けの作品ですね。

    掲載日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • しっぽに!

    みなみのしまにすんでいる、おさる。
    のんびりみんなと過ごしているおさる。
    ところがあるひ、かにがおさるの耳を。。。
    おじいちゃんにこの話をすると、おじいちゃんも昔、おじいちゃんのしっぽに。。。
    そのうち、耳から離れたことも忘れ、楽しく過ごしていたおさる。

    面白く楽しい絵本。
    笑いがほしいときに読むともっと笑えると思います。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おさる」シリーズ第2弾。

    今回も、きっとほのぼの〜なお話なんだろうけど、我が家では大爆笑で読みました。
    なんでだろう・・・いとうひろしさんの面白さがやけにツボにはまる感じなのです。

    南の島で、いつもの毎日を過ごすおさるたち。
    ところがある日、ぼくの耳をカニがはさむという事件(?)が起きます。

    これが強情もののカニで、なかなか離れてくれない。
    ところが、みんなのカニは強情ではなくて・・・って面白すぎでしょ!

    その後のタコやヘビで、もう息子の笑いは止まらなくなり・・・
    恐るべし、いとうひろしワールド!!

    それでも、読んだ後はほのぼの〜、なんだか深いメッセージも伝わってきて、素敵な1冊だと思いました(*^^*)

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安心する絵本

    繰り返しの楽しい絵本です。
    ページ数は多めですが、文字が大きく読みやすいので、小学一年生の娘が一人で読むのに調度良いくらいでしたが、「よんでー!」とせがまれ一緒に見ました。

    この絵本を読むと何だか安心します。
    ちょっと人と違っていても気にすることなんて無い。
    人生いろいろな事が起こるんだから、一つの物事にあまりこだわりすぎないこと。
    もし何かあってもご先祖様が守ってくれているような、命のつながりを感じるお話でした。
    娘は何を感じたかはわかりませんが、楽しんで笑顔で聞いていました。
    ほっとできる絵本です。

    掲載日:2013/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんとなく安心させてくれます。

    絵本ナビで、おすすめの幼年童話として紹介されていたので、息子に読んでみました。

    絵本から幼年童話へすすむのに、本当にぴったりだと感じました。
    挿絵がカラーの部分があったりして、絵本のような感じでも楽しめます。

    みんなと同じであることを幸せと感じていたおさるが、
    強情なカニに耳を挟まれたことから、他のさるとの違いに悩む・・・というおはなしです。

    ざっくり言ってしまえば「人と違っても大丈夫」というメッセージなのでしょうが、
    そのメッセージがプンプン臭い過ぎることなく、あくまでも「なんとなく」安心させてくれます。

    カニのことを忘れたころに取れていた、という終わり方もすごく素敵♪
    いろんな悩みは周りの環境ではなく、
    自分の心の中にある、という真理を教えてくれているように思うのですが、あくまでもさらっと。

    きっと、息子には生きていく糧になる。
    私自身は、いまを受け止めろ!と応援してもらった気分になれた。
    素敵な本だと思いました。

    掲載日:2012/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • かたの力がぬけます

    • ちっちゃんさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    なんだか本当に何も理屈抜きで楽しい絵本です。
    子供もにやりとしながら、読んでいました。
    こんなお話もただただ面白いだけですが、
    落ち込んでるときなんか、元気になってくれると思います。
    たまには読んであげながら、自分も癒されるシリーズだと思います。

    掲載日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外と深いなぁ

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子4歳

    一見、くだらねぇ〜(笑)と悩みのバカバカしさに吹き出してしまうようなお話ですが、
    いやいや、なかなか、奥が深い。

    自分がどれかわからなくなるほど、仲間と同じより、一人だけ異彩を放っている方が、かっこいいですよね。
    それに実は、みんな、人と違うところを持っていて、同じように悩んだりしています。

    自分がわかってよかったね。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなちがう

    ある日、強情なカニがくっついた おさる。
    みんなと違うのはいやだと、思っていましたが、おじいちゃんの話を聞くうちに・・・

    みんなと同じは安心です。
    でも、本当に同じかな?

    本当は、みんな違うところがあるんだよね。

    児童書のようですが、各ページに絵があり、文章も短いので、絵本感覚で読めました。

    子供はこの本で「ごうじょう」という言葉を知りました。

    掲載日:2011/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おさるのメッセージ

    「おさるはおさる」では、おじいちゃんとのやりとりが、実に微笑ましい。娘は絵がかわいいからという理由で、1年生の時にこの本を選んで読んでいました。この本を気に入り、その後他のおさるシリーズもよんでいました。南の島で、まったり、のんびり暮らすおさる達から、素敵なメッセージを受け取っていたようです。読むとあたたか気持ちにまれます。おさるシリーズは、いとうひろしさんの魅力が光る作品だと思います。もしその中でもどれかひとつと言われたら、私は「おさるはおさる」です。

    掲載日:2011/04/25

    参考になりました
    感謝
    0

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット