だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

おててがでたよ」 みんなの声

おててがでたよ 作:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1986年06月
ISBN:9784834006834
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,301
みんなの声 総数 249
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

249件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 赤ちゃんの仕草の可愛さあふれる絵本

    ほっぺの赤い可愛らしい赤ちゃんが、ダブダブの大きな服から手や足を順番に出していく、それだけのシンプルな絵本です。
    けれど、きちんと起承転結がつけられているところがすごい!ストーリーになっているのです。
    また、「おてて」「おかお」と出てくる言葉は全部日常的に使われているものばかりで、読む側もとっても読みやすく、子どもと一緒に言葉のお勉強にもなりそう。
    息子にはねんねの0歳の頃から読んでいますが、反応しだしたのは1歳になったくらいからでした。やはり、ある程度「おめめ」や「おかお」という言葉が理解できるようになってきた頃に面白さがわかるようです。「おかお」の部分でお顔をさすってやったり、ちょっとボディタッチも加えると大喜び。何度も読んでほしがります。
    私自身も好きな絵本のひとつです。

    掲載日:2010/08/30

    参考になりました
    感謝
    4
  • 体の名前を教えるのにGOOD!

    0歳8カ月の頃から読み始めたこの絵本。最初はジーっと見ているだけだったのですが、1歳を過ぎたころから、出てくる体のパーツを指したりしながら読むように。この本がきっかけで、体の名前に興味を持ってくれたような気がします。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    3
  • 体の名前を覚えられます

    娘の1歳の誕生日を過ぎた頃に購入した絵本です。ちょうど、言葉が少しずつ分かり始めて、読みながら「おてて」とか「あたま」とか覚えていきました。最初は手をひらひらさせたり、頭を両手でとんとんしたり、次第に「おてて」「あんよ」と口に出して言うようになってきました。絵がとても赤ちゃんらしくてかわいくて、うちの娘に似ていたのも私が気に入っている理由です。(この絵本のあかちゃんが我が子に似ているという意見はよく聞きます。それほど赤ちゃんをうまく表現しているんだと思います)

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    3
  • 是非まねしてお着替えしてみて!

    • 霧丸さん
    • 20代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子1歳

    本に出てくる、お着替えの時のフレーズがとても優しい感じで大好きです。
    実際に息子のお着替えの時にはこれと同じ言葉がけをしながら着替えさせていました。すると自然と息子も頭に入っていたようで、自分から、手や足を服に通すことが上手になっていましたよ。
    きっとこの絵本を思い浮かべながらお着替えができているのだと思います。母子でニコニコしながら着替えています。

    赤ちゃんの表情やしぐさがとてもかわいらしく描かれていて、ほほえましいです。

    掲載日:2007/08/24

    参考になりました
    感謝
    3
  • 向かい合って読んでみて!

    「くつくつあるけ」を保育所から頂き、親が林明子作品を気に入って同じシリーズのこの本を購入してみました。

    「くつくつあるけ」は本人が気に入るまで時間がかかりましたが、こちらは最初から大うけ!何度も「読ん!」のリクエストです。
    ちょうど私が使っているタオルケットが似たようなオレンジ色なので同じことを絵本を見ながらやってみたら、もう大笑い!!自分でもタオルケットをかぶって、「あたま、でたーー」って遊んでます。

    今では、シャツを着せるにも「でたーー」をやっています。
    かぶりモノ系の服を苦手にしていたのに、着替えを楽しんでいます。

    おひざに抱っこ、よりも、親子で向かい合って読むと楽しい本です。

    掲載日:2010/06/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • お着替え嫌いな息子に

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子2歳

    2歳にもなるというのに、いまだに着替えるのが嫌いな息子。
    毎朝逃げ回って、時間もないのに大変・・・
    この絵本をたまたま見つけて購入しました。
    文章の長さとしては、赤ちゃんからでも読めるような絵本です。
    着替えるのが好きには・・・なってないですが(泣)、
    この絵本を読むときは「でたー」と一緒に喜んでいます。

    林明子さんの描く赤ちゃんは、ほっぺがかわいい♪
    「うーん うーん」と頑張っている表情なんて、「そっくり!」
    赤ちゃん独特の肉付きのよさも愛らしいのです。
    でも、どんどんこの赤ちゃんらしさがなくなって、
    「少年」になってきてる息子を見てると、なんだか切ないような・・・
    あんなに「早く大きくなってほしい」と思っていたのに、勝手なものです。
    この絵本の中では永久に赤ちゃんのまま。
    ずっと大切にしたいです。

    掲載日:2008/05/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • 体でいないいないばあ

    • 夜の樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子2歳

    子どもが1歳の頃、親子共にとても好んで読んでいました。

    布に隠れた体の部位が順番に出てくるだけなのですが、「いないいないばあ」の全身版といった感じで、とても子どもに受けました。

    登場する子どもの絵がプクプクして本当にかわいらしいです。

    ファーストブックやプレゼントにもお勧めです。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • たのしく覚えられます

    あたま、手足などが順番にシャツから出てきて、
    何度も読んでいるうちに、いつの間にか覚えてしまいました。
    自分で洋服なども着たくなる時期なので、この本をお手本に
    一生懸命自分できようとがんばってます。

    掲載日:2010/11/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • でたー

    お着替えのときに、絵本と同じように
    「おててはどこかな〜」「あった〜」「でた〜」と言いながらしています。
    少しずつ言葉がわかるようになってきた今、
    袖から手が出ると「でったー!」
    絵本で見て聞くのも、実際お着替えするのもどちらも楽しそうです。

    掲載日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • いくつまで喜ぶんだ???

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    たくさんの方が読んだことのある絵本ですね。
    ベビー対象の読み聞かせの会では
    必ずといっていいほど選ばれているように思います。

    何回も読んだことがあっても我が家にはありません。
    年少の娘が園から借りてきたので
    年長のお姉ちゃんと一緒に読んであげました。

    赤ちゃんの絵本なのに
    なんでこんなに盛り上がってんだ??ってくらい
    「おててはここー」
    「あんよはここー」
    と楽しそうでした。
    多くのファンがいるのも納得です。

    掲載日:2010/09/30

    参考になりました
    感謝
    1

249件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(249人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット