雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

おててがでたよ」 パパの声

おててがでたよ 作:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1986年06月
ISBN:9784834006834
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,384
みんなの声 総数 250
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ファーストブックの次に

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    童話作家の溝江玲子さん講演会に参加したときに、紹介してもらった絵本です。
    実際に読んでいただいたのですが、シンプルながら心に響いた記憶があります。

    改めて読んでみると、「おかおはどこかな」「おててはどこかな」といった語り口は、あかちゃんにとって凄く親しみやすいもの。
    とてもくっきりとした色合いの絵も、あかちゃんの心を惹きつけることでしょう。

    シンプルな内容ですが、あかちゃんと一緒に会話できる楽しみもあって着眼点の素晴らしい絵本だと思います。
    ファーストブックの次ぐらいが最適でしょう。
    流石に林 明子さんの作品だと脱帽です。

    掲載日:2008/05/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • ほっぺがかわいいです

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    ほんのり赤い頬がかわいい絵本の表紙で、自分から見ても愛らしい表紙だなと思います。
    分かりやすい絵で、赤ちゃんの特徴をよく掴んでいて、うまく描けているなあと感心する絵本です。
    子供も自分と同じような絵に興味があるのか、じーっと見ています。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • おきにいりです!

    赤ちゃんが着替えるするという内容で
    自然に「おてて」「あたま」「おかお」「あんよ」
    という体の名前を覚えられる本として
    いいなと思って購入しました。

    9か月の娘はまだまだ体のパーツの名前を
    覚えるというところまではいきませんが
    読みながら、娘の手や頭を触りながら(説明しながら)
    読んでいます。それがお気に入りのようで大好きな絵本のひとつです。

    掲載日:2012/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ!

    この本は自身のお子さんに読んであげるのにもプレゼントにもお勧めの本です。擬音語と体の部分の名前が沢山入っていて教えてあげられることが沢山詰まってます。絵も可愛いし、娘も一緒になって「あんよが出たー」と自分の足を差し出してくれたりします。とっても反応がいいです。「おてての本しようか」というと嬉しそうに持ってきて「てて」や「あんよ」と得意げに教えてくれます。この本は0歳からお勧めです。親子で楽しめます。これこそ赤ちゃんのための本です。

    掲載日:2010/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子いっしょに楽しめます

    おてて、あんよ、あたまなど体の名前を覚えるのに役立つ作品です。
    「おててはどこかな」と読むと「ここだよ、ここだよ」と絵のかくれている手の部分を必ず指差します。もっともっと早いうちに読ませても楽しめる一冊だと思います。

    掲載日:2008/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生活の中でこの本のフレーズが出てきます

    4冊ともよく読み、贈り物にした本です。やはり光沢の関係なのか厚紙絵本ではないので、子供が自分で手にとってページを舐めたり、かじったり、引っ張ったり(=めくったり)すると補修が必要になります。「おててがでたよ」はタイトルの「おててがでたよ。」が子供たちが着替えができたときの「頑張ったね」の気持ちをこめた褒め言葉でした。このシリーズの4冊はそれぞれの本の中に今も日常生活で子供たちとの会話の中に出てくるフレーズが入っていて思い出深いです。子供も親も「おててがでたよ」と言うとおそらく同じページが頭の中に浮かんでくる気がします。

    掲載日:2006/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あんよもでたよ

    ズボンを一人で履けるようになった娘。
    はじめ、かたっぽの足に両足入れちゃってはイライラして大騒ぎしてたけど、最近、少しコツを覚えたみたいでかなり上手になった。
    床にちょこんと座ってモゾモゾやってる姿をみて頭に浮かぶのがこの絵本。1歳になる前に買って、ママが読んであげてました。
    あんよを出すのに「うーん うーん」のページがお気に入りで、娘もお着替えでシャツの袖や首を通す時よく「うーん うーん」とマネしてました。
    そのころは自分で服を着ようなんてそぶりはなかったけど、子どもの成長は早い。
    ズボン履きも日に日に手際よくなって…、うーん、前後が逆なのはまだしょうがないか。

    掲載日:2006/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんの着替えがたのしくなります

    • 秋篠さん
    • 30代
    • パパ
    • 高知県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    まだ言葉のほとんど分からない0歳児から楽しめます。
    我が家では,この本のように「おててはどこかな〜」と言いながら着替えをして,着替え時のムヅガリを抑えていました。
    この本と「きゅっ きゅっ きゅっ」「くつくつあるけ」「おつきさまこんばんは」を合わせた4冊でセットになってカバー付きでも販売していますので,出産のお祝いにプレゼントするといいと思います。
    私は,このシリーズから,林明子さんのファンになりました。

    掲載日:2004/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


家族みんなでワイワイ遊べるグッズが盛りだくさん!

みんなの声(250人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット