十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

だいきらい だいすき」 みんなの声

だいきらい だいすき 作:やすい けいこ
絵:黒井 健
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
ISBN:9784323001982
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「だいきらい だいすき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読んだ日は、素直にお風呂にはいります

    • でこぽんさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子二歳、男の子十ヶ月

    タイトルから、違う内容を考えて読み出したので、ちょっとギャップがありました。
    読み始めたら、ねこの気持ちになったり、女の子ののこちゃんのきもちになったりと、
    「どうしたの?」
    と、聞きながら、一気に読みました。
    2歳の娘が感情移入しやすい本のようです。
    絵も、かわいらしくてよいのですが、のこちゃんの帽子を見て、
    「のこちゃんは、幼稚園なの?」とか、
    「みーたは、コレ(クッション)が好きなの?」
    「どらねこさんは、どこいってたの?」
    など、あれこれと想像できて、見ているだけでも飽きないらしく、なんどもなんども読み返していました。
    とても、良い本に当たったとうれしくなりました。

    掲載日:2004/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • やきもちから困らせてしまうお話

    息子が、4才の時にはじめて読んだ絵本ですが、もっともっと早く出会って読んであげたかったなと思いました。読んだあと、とっても優しい気持ちになれるし、もっと小さい年齢でも充分理解出来るお話です。こねこのみーたの気持ちは、子供だって、誰でも抱いていることと思います。だから、子供の心理と重ねて読むと、また、面白いのかも知れません。
    小さい子が、読み手のお膝の中で、ゆったりした気分で読むのに、もってこいの作品と思いました。

    掲載日:2003/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / ねこのだいくさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット