おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ボートがしずんだの、だれのせい?」 みんなの声

ボートがしずんだの、だれのせい? 作:パメラ・アレン
訳:ゆあさ ふみえ
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年
ISBN:9784751514542
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,618
みんなの声 総数 7
「ボートがしずんだの、だれのせい?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • だれだろう?

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    年長さんの息子と読みました。
    ボートに次々に動物が乗り込んでいきます。
    いつ転覆してもおかしくないくらいの
    光景にひやひやしながら読み進めました。
    そしてついに転覆!
    さて誰のせい?

    読み終わって息子に「どうおもう?」って聞いたら
    「みんなのせいだよ。ぎゅうぎゅうだったもん」ですって!
    平和的だなぁと思いました

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 推理絵本

    6歳5歳の娘たちと読みました。

    めうしに、ろば、ひつじにぶた、ねずみがボートに乗るのですが、転覆しちゃうんです。その犯人を当てるお話です。はっきりとした犯人は書いていないのですが。絵を見ながら推理して楽しむお話です。

    一見ねずみなのかな?と思うのですが、本当のとこどうなんだろう?娘たちは「ねずみのジャンプが激しかったからだよー」と言っています。

    掲載日:2014/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモラスな絵♪

    めうしにロバ、ひつじにブタ、そしてちっちゃなネズミ。
    全員が乗ると、ボートは沈みました。
    さて、誰のせいで、ボートは沈んだのでしょう?
    というお話でした。

    順々にボートに乗っていくのですが、絵がユーモラスで、とっても楽しい。
    一匹乗るごとに、「あっぁぁぁ……!」と声が出ます。

    ボートに乗り込むだけのお話。
    しかも、ボートは転覆。
    帰っていく姿まで笑えます。

    軽いカンジで、楽しめるお話です。

    掲載日:2014/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気も毒なねずみさん

    元々原因は定員オーバーなだけなのに、よく経験することだと思いました。ツアーで旅行に行った時にホテルのエレベーターで大丈夫かな?って思っていると最後に乗り込んだ一人が乗った途端に、「ブー!」です。やっぱり、この絵本のようにねずみさんが最後に乗ったのでねずみさんのせいになってしまうのは気の毒だと思いました。「ブー!」と鳴ったらちょっと恥ずかしく思うのは、私の場合は体重が重いからそう思うのも当然な気になりますが、やっぱり軽い小さいねずみさんは気の毒だと思いました。

    掲載日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 推理するドキドキ感

    五匹の動物たちがボートに乗ります。さあ、ボートが沈んだのは誰のせいでしょうか?

    言葉の繰り返しと、だれが乗った時にと推理するドキドキ感がある絵本です。

    流れたままのオールと日傘が私には気になるのですが。

    遠景と近景を巧みに使って、動物たちの表情や動きを映しだしています。

    この騒動で一番驚いたのは、落ちた動物たちではなく実はこの湖かもと思わないでもないです。

    園児さんぐらいから楽しめそうな絵本だと思います。

    掲載日:2011/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物たちの表情が愉快

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子10歳、女の子4歳

     ペッファーさんの牧場は海のそば。めうし、ろば、ひつじ、ぶた、そして小さなねずみがボートに乗ろうとやって来た。一匹ずつ、危なっかしくボートに乗り込んで……。
     「やっぱりそうだあ〜」――息子とわたしは結末が見えてしまったのですが、娘はおもしろそうに見ていました。
     乳をたくさんたたえた(ように見える)牛、ちょっぴり太めのろば、編み物している羊というのがおとぼけで魅力的。『てぶくろ』のひとつのバージョンに、最後にコオロギが入ってきて、パーン!と手袋がはじけ飛んでしまうものがあるのですが、そのお話を想起しました。
     最後のページの、のどかな海の風景がいいなあ。オーストラリアあたりって、こういう入り江みたいな海岸が結構あるんですよね。ちょっとぜいたくなプライベート・ビーチです。そこに動物たちがやって来るという設定が愉快でした。

    掲載日:2004/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • よ〜く考えよう!

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    1983年度オーストラリア最優秀児童図書賞受賞作品です。
    1そうのボートに、めうし・ろば・ひつじ・ぶた・ねずみの順番で乗り込みます。
    それぞれバランスを考えて気をつけて乗るのに、ボートは見事に転覆!
    さあ、一体誰のせい?
    一見最後に乗ったねずみが原因のように見えるけど、本当にそうなのかな?
    幼児も楽しめそうな1冊でした。

    掲載日:2003/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット