ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

あこがれの星をめざして」 みんなの声

あこがれの星をめざして 作:ラッセル・ホーバン
絵:パトリック・ベンソン
訳:久山 太市
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1999年11月
ISBN:9784566006454
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「クジラはクジラ分の大きさだし、おれはアホウドリの分の大きさだ。おまえだってウミドリ分の大きさなんだ。それ以上、何を望む!」

    このアホウドリの言葉が大好きです。
    そう私は私の大きさ
    あなたはあなたの大きさ
    それ以上でも以下でもない。
    それ以上を望むことも過小評価することも、必要ないよね。


    「自分の中の呼び声に従えば、道は見えてくるんだよ」

    ここも好き!
    雑音が大きくて自分の中の呼び声が聴き取り難い時も多々あるけど、
    そんな時って案外自分のところでも聴きたく無かったりするんだよね。だって、聴こえなければ前に進まなくてもいいから・・・。
    とりあえずなんとかなってるし、変化がない分、明日の予測も立ちやすいしね。
    それになにより前に進むの(どうなるか解らない事が)怖いんだもん。

    でもさ、これらの言葉とともに自由に旅立っていくアホウドリやウナギに出逢っちゃったら、本当のところの心の声が叫びださずにはおれない!嫌でも聴こえてきちゃう!!


    傷ついたり、後悔したり・・・
    怖さで前に進めない。

    そんな時って誰にでも何度でもあるよね。

    壁を作ってみたり、
    誰か(何か)のせいにしてみたり・・・

    そんな時に繰り返し繰り返し、手に取りたくなる本です。
    思春期を迎える子どもたちにも読んだ欲しいなぁ。
    そして巣立っていく子どもを支える大人たちも。
    アホウドリとウナギの関わり方がとっても素敵なの。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 高学年以上むきかな?考える絵本

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    平成12年度読書感想画課題図書です。
    実に課題図書らしい難しいお話でした。
    高学年以上向きだと思います。
    絵もきれいで、可愛くて、お話も素敵なんですが、奥が深すぎて、小さな子ども達には作者の言わんとする事が理解できないと思います。
    【勇気をもって自らの手で道を切り開いて進んでいこう!】
    そんなメッセージが伝わってきますよ。

    掲載日:2003/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ / あおくんときいろちゃん / いいこってどんなこ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット