だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ダイアナと大きなサイ」 みんなの声

ダイアナと大きなサイ 作:エドワード・アーディゾーニ
訳:あべ きみこ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784772101608
評価スコア 4
評価ランキング 18,246
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • こどもの純粋さ

    風邪をひいたサイを献身的に看病するダイアナの姿が印象的でした。
    大人たちは、サイを「悪いサイ」「危険なサイ」と決め付け、射殺しようとしますが、ダイアナはサイを守ります。
    歳をとったダイアナが、サイと一緒に歩いている姿は、とても幸せそうで、幸せのおすそ分けをもらいました。

    掲載日:2013/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • サイとの暮らし

    ダイアナの家に突然やってきたサイと長い年月を一緒に暮らし、女の子だったダイアナも年をとっておばあちゃんになりました。きっと60年以上も年月が過ぎていると思いますが、サイも年をとってしまってこれから先のことが心配になった私でした。サイと二人だけの暮らしで、元気なうちはいいけれどやっぱり気になってしまう私でした。

    掲載日:2011/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • サイと生涯をすごしたお話?

    4歳1ヶ月の息子に読んでやりました。外国の作家さんの絵本には珍しい視点のものがありますが、これはちょっと変わりすぎ。そして、よくわからないものでした。サイと一緒にすごした女の子の生涯のお話みたいですが、なぜサイなの?とちょっと不思議でした。サイなんてとてもペットにするには難しい動物を取り上げ、それを飼育しているなんて・・・。変わった絵本を読んであげたいというときにはいいかもしれませんが、息子はあまり興味を示しませんでした。

    掲載日:2011/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奇想天外な実話のような話

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    海洋冒険絵本チムシリーズの著書で知られるエドワード・アーディゾーニの1964年の作品。
    他に「時計つくりのジョニー」を読みましたが、イギリスを代表する絵本作家とのこと。

    物語は、両親と娘のダイアナが、居間でくつろいでいるところに、サイが現れるシーンから始まります。
    取り乱す両親と対照的に冷静なダイアナ。
    サイが風邪をひいているのに気付き、大量の風邪薬と咳止めと、バター付きのトーストを与えるのです。
    サイは動物園から逃亡したことがわかり、銃を持った3人の男が射殺にやってくるのですが、なんとダイアナはサイを育てると言ってきかないのです。
    こうしてサイは、ダイアナによって育てられるのですが、物語は、ダイアナとサイが一緒に過ごす何十年もの時を綴るのです。

    まさに奇想天外な展開なのですが、ダイアナとサイの関係が変ることなく淡々と描かれていて、その交流が何とも言えず心を癒してくれることでしょう。
    犯罪のニュースが絶えることのない毎日を過ごす私達にとって、こうした静かな生活もあることを知ることは、非常に貴重である気がしてなりません。
    また、生物のととの関わりあいを教えてくれる側面もあると思います。

    文章が長いので、読み聞かせというよりは、小学校低学年の子が、自ら読むといった類の絵本だと思います。
    エンディングも心地よく、ゆったりとした気分で読むことができるので、オススメします。

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • うらやましい関係です

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    家にいきなり大きな動物が入ってきたら、どうするでしょう。おどろきふためきますね。こわがって、どこかに隠れてしまうかな?
    大人は、自分を守ることしか考えないのかもしれないけど、この本に出てくる女の子は、動物を優しく迎えます。動物の気持ちを察することができる彼女の優しさに感心し、「いいなあ!」とうらやましくもなりました。
    動物と心が通いあうことができたら、とっても幸せなんだろうなあ。さらには、普通はいっしょに住むことが難しい動物と同じ場所で生活できるのだったら、もっと幸せなんだろうなあって、いろいろと想像しました。絵本では、女の子が成長し、大人となり、年をとるまでの長い年月がしるされています。一生を大好きな動物とともに過ごすことができるという深い絆に、心底あこがれてしまいました。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • アーディーゾーニの絵だったので

    アーディーゾーニの絵だったので選んだ本です。

    読み終わった時に息子が「サイを飼ったらさ、えさですごくお金がいるよね」と言いました。確かにサイのえさ代はばかにならないでしょうね。

    ダイアナがサイを看病する場面があります。そこでバタートーストを食べさせるので、しばらくの間、息子からバタートーストのリクエストがありました。

    サイと一緒にいたいと願うダイアナの意志の強さに驚かされました。

    いろいろな幸せの形がありますが、好きなもの、好きな人と一緒にいるのが幸せというのはこの本を読んで思うことです。

    掲載日:2010/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • サイと暮らす

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    サイを怖がる親と、サイの気持ちが分かっている子供。子供の方がわかることってありますよね。ダイアナは、大人になってもサイの気持ちが分かり続けていた、特別な人なのでしょうね。

    凶暴だと言われたサイでも、ダイアナにとってはかわいいペットというより、いなければならない相棒のようなものでしょうか。

    かなり長い間サイと暮らしたのにもかかわらず、お父さんとお母さんは相変わらず心を開けないのが、少し寂しく感じました。

    掲載日:2009/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絆を感じます

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    小さな女の子が、突然いえにやってきた病気のサイを看病し、
    そのまま一緒に暮らします。
    その出会いから、数十年間もずっとずっと一緒に暮らすのです。

    サイも歳を取り、女の子もおばあさんになりますが、ふたりの関係は変わらないままです。
    周りの家族は変わっていきますが、ふたりは穏やかにふたりの世界を過ごしています。

    周りからどんなことを言われても、この女の子ダイアナは自分の意思を変えず、自分の人生を歩んでいます。
    自分というものを持っているダイアナに拍手を送りたくなります。

    アーディゾーニの絵は、あたたかくてお話を引き立ててくれます。
    ゆっくりとページをめくりながら読んでもらいたい絵本です。

    掲載日:2008/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペットは長くかわいがることが大切

    • ホートンさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子5歳

    昔、ドッグフードか何かのCMで、よちよち歩きの子犬が女の子の後をついて懸命に階段を登り、次にティーンエイジャーの少女と犬が元気に駆け上り、最後はよぼよぼになった犬を成長した女性が抱き上げて階段をのぼっていくというものがあって、CMながら涙がこぼれそうになった覚えがあります。この絵本も、ペットのサイと小さな女の子が一緒に成長し、年老いていくという意味で胸が熱くなります。我が家の年長の息子、年中の娘には、まだ年を取るという感覚がピンとこないようでしたが、サイが出てくる絵本はなかなかないせいか、とても喜んで聞いていました。人間も動物も年を取るんだということを教えるには良い本だと思います。私もこんなふうにペットと一緒に静かに年を取れたらいいなあ……。夫よりペットのほうがよかったりして。

    掲載日:2007/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • サイを飼う?

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

     ある日、ダイアナの家にサイが風邪をひいてやって来ました。 最初は、驚いた家族でしたが、少女だった子がおばあさんになっても一緒に過ごすのでした。
     まあ、サイと暮らすのは無理でも、身近なペットもこの話のように、ずっと変わらぬ愛情で一緒にいられたら幸せだろうなと思います。

    掲載日:2004/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(11人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット