庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

世界をみにいこう」 みんなの声

世界をみにいこう 作:マイケル・フォアマン
絵:長田 弘
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年09月
ISBN:9784577026878
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,449
みんなの声 総数 3
「世界をみにいこう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 壮大な世界

    「世界を見に行こう」と誘い、いろいろな動物たちと、世界の景色を見に出かけます。
    麦畑や原っぱなど、のどかな風景画広がっていて、思わずため息が漏れます。
    色使いがとてもきれいで、朝焼けの空や、夕方から夜になる空の色など、絶妙でした。
    子どもたちがまだ見たことのない世界に、もっともっと素敵な世界があるんだよと、伝えてくれる絵本でした。

    掲載日:2013/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇気をくれる

    これから世の中に出ていく子供たちに勇気を与えてくれるようなステキな絵本でした。
    動物たちの不安が解消されていくにつれ、子供の不安も取り除かれていく気がしました。
    いつも見守っているのが太陽ではなく月と星であるところも穏やかで好きです。

    掲載日:2010/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わず微笑んでしまいたくなるような優しいペンタッチも、淡い色使いも、とても素敵な作品です。
    イラストが素敵なだけに、読者としての欲望も大きくなってしまい、しいていうと、ラストをもっと盛り上って欲しかったな。(この絵本ではしみじみして終わってしまうんです)
    「だからこんなにすごいんだ」とか、「世界は素敵なんだ」みたいな部分を見せて欲しかったと思います。
    一番印象的だったのは、最初の部分。
    ページをめくっていくと、まぶたを開くように、少しづつ少しづつ、空が明るくなってきてバーンと、題名の書いてあるページになるところ。
    とにかくイラストは見せてくれる作品でした。

    掲載日:2003/12/09

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット