モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

赤ちゃんにおくる絵本 2」 みんなの声

赤ちゃんにおくる絵本 2 作:とだ こうしろう
出版社:戸田デザイン研究室 戸田デザイン研究室の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年
ISBN:9784924710429
評価スコア 4.25
評価ランキング 13,954
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 絵もひらがなも!

    身近なものから、ちょっと変わったものまで、子どもが単語を覚えるのに最適な絵本です。絵もシンプルで、赤ちゃんにはわかりやすい。文字も大きく書かれているのでもう少し大きくなってからでも、ひらがなを覚えるのに使えそうな気もします。

    掲載日:2014/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • フラッシュカードの本

    7ヶ月の娘に読んでやりました。見開きごとに左がイラスト、右がそのイラストを文字で表してある、いわばフラッシュカード。見開きで子供にフラッシュカードとして見せてあげられる絵本です。取り上げられている言葉は身近な道具が中心です。テンポよく、開いて読んで、開いて読んでと繰り返して読んであげるのがいいのでしょうが、もっと娘に語りかけながら反応をみてやりたいと思う私には機械的でイマイチ。イラストを見ながらイメージを膨らましてやったり、表情で共感を求めたりすることができないので、ただただ読み続けるだけの一方的な感じがしました。フラッシュカードをお求めの方にはお勧めできるのではないでしょうか。

    掲載日:2012/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外と、大きくなってからも

    だいぶ言葉が増えてきた、我が家の次女(もうすぐ2歳)
    私の読む声に合わせて「りす」「りす」と、繰り返しています。

    予想外だったのは、6才の長女も興味をしめしたことです。
    字の練習のお手本としていました。
    字が大きくて、ひらがなだけなので、よいお手本となっているようです。

    赤ちゃん絵本というタイトルでしたが、意外と大きくなってからでも活用することがあるのだなと、娘から発見しました。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプル!

    1と同様この2作目もはっきりとした色使いで、単純に書かれた花の絵が描かれています。とてもシンプルで、小さな子供にもオススメです。娘が0歳のときから読んでいますが、絵に対する反応はとても良いです。今は言葉を覚える時期なのでそれぞれの単語をはっきり、ゆっくり、何度も繰り返しながら読んでいます。

    掲載日:2010/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 片言の頃から2歳半を過ぎても

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子11歳、男の子9歳、女の子6歳、女の子2歳

     2歳の娘が図書館へ行ったときに自分で選んできました。最近はストーリーのあるものを好んでいたので、向かないのでは…と思っていましたが意外に楽しんでいました。
     とんぼ、ちょう、かえるなどよく知っているものから、かみにんぎょうやまねきねこなど知らないものも含まれているのが興味をそそったようです。
     「トラック」では「これ なんだろう」という言い方がおかしくて、かわいくて、「ひつじ」ではまちがえて「モーモー」と言ってしまい横でちらちら見聞きしていた兄たちが大爆笑!
     片言をおしゃべりし始めた頃から、一人前の口をきくようになっても楽しめる絵本のようです。

    掲載日:2009/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃん

    赤ちゃんに贈る絵本という題名に惹かれてこの絵本を選びました。色々な動物や昆虫や物が登場し楽しめる内容でした。シンプルなデザインも良いと思いました。登場する単語の文字数もとても少ない物を選りすぐっているのが伝わってきて作者の配慮に胸が熱くなりました。何度も繰り返して読むうちに絵と言葉が結びつくようになるのではないかなと思いました。娘は1つ1つの単語を真剣に聞く事が出来ました。発音できるようになるまで熱心に読みたい絵本だと思いました。

    掲載日:2008/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 教科書

    • ピタ子さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子0歳

    1同様、子供が単語を覚えるのに丁度いい教科書的な絵本。絵が分かりやすくかわいい。
    初歩的な「おなべ」や「とまと」など身近なものから、「紙にんぎょう」のような上級物(人形と紙人形の違いが分かるようになるのはいくつ位か?)まであるので結構長い間使えると思います。

    掲載日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 破れるほどに・・・

    シリーズ2作目ですが1の時と同様、シンプルに描かれています。でもマンネリ化することなく、少しストーリーも加わりさらにおもしろみが増えました。
    男の子がこの「赤ちゃんにおくる絵本」をプレゼントされるところからはじまります。そしてラストは男の子が「おやすみなさい」と・・・。
    お母さんと一緒に楽しめる絵本ですね。
    うちの子たちは2人とも何度も何度も読み、その度にページが破れ何度もセロテープで修復しました(^^)
    すっかりボロボロになってしまいましたが、今でも時々本棚から持ってきては喜んで読んでます!

    掲載日:2007/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 引っ張り出しては…

    右のページには物の名前が平仮名で、左のページには
    太い線に鮮やかな色使いの画が描かれています。

    お話になっていないこの手の絵本は絵本の時間よりも、遊びの時間に大活躍です。

    ぱらぱらと思うがままにページをめくり、とまったところでさぁ!ひと遊び!!

    1歳の娘はきりんのページを見つけては、ぬいぐるみにマグネット、折り紙や他の絵本に描かれているきりんまで、家中のきりんを集めだします。

    言葉と遊びと絵本を繋ぐ糸口になる、そんな絵本です。

    掲載日:2007/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んであげても,じぶんで読んでも

    • びえんさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳、女の子1歳

    「赤ちゃんにおくる絵本1」に続いて,
    赤ちゃんになじみの深いものがたくさん出てきて,
    ものの名前を覚えるのにいいと思います。

    2文字,3文字のものがほとんどだった1巻から

     はくちょう・かたつむり・まねきねこ・・・

    5文字ほどの名前もでてきます。

    ・・・と言ってもすぐに読めてしまうので,
    1巻・2巻と続けて読んであげることが多かったです。

    1巻と同様,お姉ちゃんが妹に読んであげたりして,
    字を読む練習にも最適の本です。

    掲載日:2006/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット