ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

だれのおうち?」 みんなの声

だれのおうち? 作:かどの えいこ
絵:大島 妙子
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\750+税
発行日:1998年11月
ISBN:9784251007636
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,437
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ボロボロおうちは誰の家?

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    小さくて持ち運びにも便利なサイズの絵本でした。
    おうちの窓部分から次のページがのぞけるようになっていて、おうちの中に誰がいるのかちょっぴり見えています。
    4歳の息子には何の動物かは簡単にわかりました。でも、おうちの中で何をしているのかまでは分からないので、何してるかな〜とわくわくしながらページをめくりました。
    ボロボロのおうちにいるのが誰なのかだけは私も息子も分かりませんでした。まさかおばけだったとは。てっきり今までの流れで動物かなと思っていました。
    最後に地図もあって、どんなおうちに行ったのかおさらいできるのも面白かったです。

    掲載日:2016/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • あそんだ いっぱい

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    ちいさなしかけえほん3。
    小さい子向けおはなし会用にセレクト。
    女の子がいろいろな家を訪問して、窓から見える動物たちをしかけで考える趣向ですね。
    もちろん、その動物たちと一緒にいろいろ遊ぶのですから、嬉しいです。
    ほら、女の子の満面の笑みがとてもいいですね。
    そして最後に帰るところには、大好きなあの人が。
    満足いっぱいの作品ですね。

    掲載日:2016/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 窓の向こう

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    窓のところがしかけになっていて、窓からうつる姿でいったいだれのおうち?とこどもとあてっこしていくと楽しそうです。
    文章が少ないし、1歳の子でもいいかなと思って読んでみました。
    まだあてっこ遊びはできませんが、しかけになっている窓のところをさわっていました。
    だれのおうち?のくりかえしの絵本なので幼い子でも楽しめたかな。

    掲載日:2014/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいらしいしかけ絵本

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    仕掛け窓からかわいらしい動物たちがちょこっと見える、
    とってもワクワクする絵本。

    窓からのぞく動物さんたちの姿を見ては
    「ぶたさんだ!」
    「ぺんぎんさん!」
    「ぱんださん!」

    と、大喜びする娘。

    そして、それぞれのどうぶつさんたちと、
    いっしょにおふろをはいったり、
    ダンスをしたり、とってもたのしそう。

    最後はお母さんのまつ我が家で、
    お母さんと一緒におやつ。

    「ぺんぎんさんと、ダンスしたの。」
    「おかあさんと、おやつをたべたの。」
    という語り口調が3歳の娘と重なるところがあって、
    娘も保育園でこんなふうに楽しく過ごせてたらいいな。
    そう思う一冊でした。

    掲載日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 近所にお友達がいっぱい

    いろんな動物のお友達の家にいって、

    お風呂に入ったり、体操したり・・・。

    楽しそうに過ごしてるのが絵で分かります。

    しかけになっていて、家の窓から動物が

    少し見えるようになっています。

    最後のページで全員集合してるというか、

    町の絵になっているので、

    誰となにしたか、またページを戻って

    確認しながら読みました。

    小さくてページ数も少ないですが

    読み応えがありました。

    掲載日:2012/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分でどんどん

    • つかたくかなさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 女の子15歳、男の子13歳、女の子1歳

    小さなしかけ絵本です。ページの中の、切り取ってあるドアの小窓から、部屋の中の動物さんの顔が少し見えます。子供は次ページが気になり、どんどん次をめくっていきます。
    絵もいろんな色を使ったカラフルなもので、赤ちゃんの目を引きやすいと思います。
    文字が少し書いてありますが、それを読む前にどんどんめくってしまうので、簡単に「トントントン、だれかな?」程度に言葉を添えています。

    掲載日:2010/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい絵本!

    息子が1歳の頃、購入しました!
    まだ早いかな?と思いましたが、仕掛け絵本という事もあり、
    とても楽しんでくれましたよ!
    2・3歳になっても、大好きでいてくれた絵本です!

    窓からちょっとだけ見て、私が「次は誰が住んでいるのかなー?」
    というと、息子が「○○〜!」と大きな声で楽しそうに言っていました。

    動物達が色々な事を繰り広げているので、見ているととても楽しくなります!

    本のサイズも小さいので、小さなお子さんでも持ちやすいと思いますよ。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちいさなしかけえほん

    窓枠の小さな仕掛け絵本です。

    窓の中に誰がいるのか、とってもワクワクします。

    ページ捲ると、また仕掛けになっていて窓枠のおまけ付きです。

    窓枠を左右に二回も楽しめます。

    とっても可愛い絵と、「誰のお家かな? こんにちは」

    の繰り返しで、「こんにちは」も言葉に出して言えるようになった孫で

    す。遊んだお家の地図つきのおまけまであって嬉しいです!

    色彩もカラフルで楽しくなります。


    掲載日:2009/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい絵です

    娘が1歳になる前からお気に入りでした。
    小窓から見えるクマさんやパンダさん。
    ページをめくると一緒にダンスをしたりお昼寝したり。
    みんなのおうちを訪ねて、最後は家に帰ってママとおやつ。
    特に最後の地図になっているページは、娘が大好きなようで、お友だちのおうちや小さな魚や鳥を指差してニコニコしていました。

    掲載日:2008/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしかけ参加

    主人公はおうちに次々と訪問して、くまさんの焼いたホットケーキを食べたり、かばさんとお風呂に入ったりしてすごします。
    おうちの窓に穴が開いていて、仕掛け絵本になっていて、
    絵もとても暖かなかんじでわかりやすく
    低年齢から楽しめる絵本です。
    娘はこのシリーズの絵本が大好きで
    時々思い出したように手元において
    一人で何回も楽しんでいます。
    おばけも出てきますが、全然怖くない(どころかかわいい)ところが
    このシリーズのいいところです。

    掲載日:2007/09/18

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット