たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

クリスマスにはやっぱりサンタ」 みんなの声

クリスマスにはやっぱりサンタ 作:ビル・ピート
訳:いまえ よしとも
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1979年11月
ISBN:9784593501212
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,448
みんなの声 総数 8
「クリスマスにはやっぱりサンタ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いつものサンタで安心

    時代に遅れないようにと
    使い込んだ袋を投げ捨て新しい袋に変え
    ソリにペイントし
    来年はジェット機に…
    と考えるサンタの姿に危機感を感じるトナカイたち
    どこかの会社のように思えます。

    でも、続いてきたものには理由があるんですよね。

    一生懸命袋を探し
    いつもの変わらないサンタになって
    ホッとしました。

    「流行をきめるのはあなたですもの
             少なくともこの時期には」
    というおかみさんの言葉は、メッセージ力がありますね。

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 新し物好きのサンタ

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    クリスマスの時期なので、読んでみました。
    原題は、Countdown To Christmas

    物語は、サンタじいさまのおもちゃ工場で、小人たちがせっせとおもちゃ作りをしているシーンから始まります。
    何を思ったか、サンタじいさまは、お決まりのサンタグッズを一新しようとします。
    トレードマークの袋は捨ててしまうし、ソリはサイケ調に塗ってしまうし、来年はジェットソリにして、トナカイをお払い箱にしようとさえ考えているのです。
    その話を聞いたトナカイ達の打ちひしがれる姿が、何とも言えません。

    新調した袋は物が沢山入らず、さらに、ソリとトナカイを空に飛ばせる魔法の袋だったことがわかり、サンタじいさんの袋探しが始まるのです。

    ストーリーの発案自体は良いと思うものの、あまりに袋を探す部分が長すぎて、間延びした展開になっています。
    新しもの好きなサンタという設定なので、もっと思い切った話にした方が古きよき物が際立ったと思うのですが、余りに中途半端。
    心に響くようなストーリーに至っていないのが残念です。

    ただ、絵自体は、おもちゃ工場の描き方なんて、見るだけで楽しさが伝わる手の込んだもの。
    絵を見て充分に楽しめると思います。

    絵本の世界では、サンタは、古きよき物として描いて欲しいもの。
    亜流として描くなら、もっと思い切った冒険が絵本には必要ではないでしょうか?

    掲載日:2010/12/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • クリスマス間近のサンタクロースの家は、準備に大変な思いをしているようですね。
    傷んだ袋を作り直したり、そりの色を変えたり、いろいろ新鮮さを作ろうとするサンタクロースですが、サンタクロースはやっぱり昔ながらのスタイルが一番ですね。
    飛ばしてしまった袋を探し回るご苦労もよくわかりました。
    いろいろあっての、クリスマスイブ。
    楽しみが拡がっていきます。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタさんに新しさは必要?

    クリスマスの準備を始めたサンタさん古くなった袋を捨ててしまいます。それに伴いトナカイのいらないジェットそりにしてしまおうと考えます。

    サンタさんがハイテクなのは何だか寂しい気がしましたが、どうなったのでしようね。そもそもサンタさんに新しさは必要なのでしょうか?

    絵本ですが少し長めのお話に感じられました。変わっていくものの中で、変わらないでほしいもの、そして変わらないものの良さを改めて思いました。

    掲載日:2009/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタじいさま

    表紙の絵にとても愛想があっておもしろい絵だなあって思いました。新しいものを新調したいサンタじいさんの気持ちも人間味溢れていて愉快です。サンタじいさまのおもちゃ工場の存在を知ることが出来たのも新しい発見で、よかったです。古い袋もサンタさんの一番使いやすいものだとわかってよかったです。そして、一生懸命にさがすサンタさん。諦めないでさがしてよかった。絵にも愛嬌が溢れていておもしろいです。トナカイさんのびっくりした顔、落胆した顔がおもしろいです。クリスマスに向けて張り切って出発した絵に穏やかな安らぎを貰いました。

    掲載日:2008/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマス

    今の時期にピッタリの絵本だったのでこの絵本を選びました。サンタクロースの持ち物が何故昔から決まっているのかが納得できる絵本でした。サンタクロースの持つ袋がとにかく素晴らしかったです。外見ではなく内容が重要なのだという事を教えてくれる絵本でした。やっぱりサンタクロースは赤が似合うなー!と惚れ惚れしました。タイトルの描き方もとても凝ってセンスを感じました。クリスマスに読みたい絵本です。

    掲載日:2008/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私はこんなサンタさんすきよぉ

    色んなクリスマス絵本の中でもサンタさんが美化されすぎず私は好きです.どこか親しみのわくサンタさんで子供向けというよりは大人が読んでも楽しめると思いますよ.最後は自分を取り戻し,新しいばかりがいいのではない.古いものには隠された秘密があるな〜んてところが何かそっと大切な事を教えてくれている気がしました.挿し絵も気に入りました.

    掲載日:2007/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間くさいサンタ

    物語は、クリスマスが押し迫った12月14日。
    サンタさんの工場では、子供達のプレゼント作りに小人達が大忙し。
    このサンタさん、忙しくてイライラしていたのか、例年使っていたプレゼントを入れる袋を「おんぼろ」になったからといって、窓から捨ててしまうわ。そりをサイケ調にぬったくってしまうわ。
    おまけに来年からはトナカイたちもうって、ジェットそりにしてしまうかとまでいうんです。
    ものすごく人間くさいサンタさんで、先日読んだ「サンタクロースってほんとにいるの?」にくらべると、サンタさん像がガラガラと崩れてしまいそうな感じでした。
    でも、まぁ、サンタさんのとらえ方も、十人十色。こういう普通の人っぽいサンタさんでも、OKな方はいますよね?

    掲載日:2003/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット