うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

おおきなたまご 改訂新版」 みんなの声

おおきなたまご 改訂新版 作:寺村 輝夫
絵:和歌山 静子
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:2003年12月
ISBN:9784251000644
評価スコア 3.81
評価ランキング 29,108
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 卵の木!?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    このシリーズをちょびちょび読んでいます。
    みんなが食べるには卵が小さすぎると、にわとりが言うのにちょっと…ん?と引っかかりました。自分の子どもでないの?と私などは思ってしまいました。
    が、卵の木っていう展開は面白かったです。

    掲載日:2015/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • コケコッコーの呪文

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    小さい子向けおはなし会用にセレクト。
    「たまごのほん」シリーズのようですね。
    『おしゃべりなたまごやき』や『ぞうのたまごのたまごやき』の作品もある寺村さん、
    たまごはお気に入りのアイテムなのでしょうか。
    さてさて、にわとりが、小さな卵を見て、みんなを呼んで卵焼きをごちそうとするのです。
    でも、小さい卵では役に立たないので、卵を埋めて、大きな卵を作り出すのですね。
    「コケコッコー」と唱えて、芽が出て花が咲き、実がなって…。
    科学的にはちょっと問題があるような気もしますが、
    にわとりの思いに免じて目をつぶりましょうか。
    そうそう、ラストのみんなの笑顔、とっても素敵なのですから。

    掲載日:2014/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母としてはちょっと気になる発想ですが…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    低年齢のお子さん向けの本です。
    奇想天外で面白かったです。
    しいていうと、にわとりたちが自分の卵で「ご馳走しよう」という発想が、子どもを持つ母親の一人としてはちょっと気持ちがついていけませんでしたが、それを除けばどんどん大きくなるたまご(の種?)は面白かったです。

    掲載日:2012/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまごの木

    たまごの絵本シリーズの1冊。
    2歳9カ月の息子と一緒に読みました。
    たまごの木が育っていくお話が、とてもユニークで面白いです。
    だんだんと大きくなっていく木、ページをめくるたびに成長していく
    木を見るのが楽しいです。
    他のシリーズよりも少し内容が難しいかな?
    2歳ぐらいから楽しめるように思います。
    和歌山さんの絵はとても分かりやすく、また可愛くて読んでいる私も楽しくなります。

    掲載日:2012/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 卵が木に

    卵は、どうやって大きくするのでしょう。
    と、考えてみても「いや、大きくならないでしょ」としか思えませんでしたが、この絵本の中では、どうやら方法があるようです。

    しかも、思いもかけない方法だったので、とにかく驚きました。
    まるで、植物の種のように育てて、大きな卵が実ります。

    ユニークな発想は、子供の笑いによさそうですね。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまごから芽が!!

    たまごから芽がでちゃう、なんともおもしろい
    絵本です。不思議なお話ですが、こんなことが
    実際にあったら、おもしろい!!っていう内容
    ですよ♪
    絵本は、夢があっていいと思います!
    笑顔になれる絵本を、これからもたくさん読みたい
    と思います。
    この絵本の最後のページにも、素敵な笑顔がたくさん
    出てきますよ☆

    掲載日:2011/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまごが木になってる!?

    みんなをよんで玉子焼きをごちそうしたいおんどりさん。
    でも小さな玉子ひとつしかありません。
    そこでその玉子を地面に埋めることにしました・・・。

    というはじまりです。

    表紙をみて「なにかありえないお話になりそう♪」と思い
    手にとりました。

    思ったとおりでした!

    息子は最初、「あれ? 玉子ってにわとりさんからでてくるんだよ・・・・・・???」という反応でしたが

    そのうちこの本の不思議さにとりつかれ
    喜んで聞いています。

    今では「○○ちゃんも、玉子埋めてみたいなぁ〜」なんて言ってます。

    現実にはありえないお話でも
    こういうところから豊かな発想や、発想の転換が育ってくれればいいかな〜と思います。

    絵本ならではのお話でした。

    掲載日:2009/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 卵の木

    大きな卵がなる木です。

    ユーモアがあって面白いです。

    なんでも欲しいものを植えて大きくするのは夢があっていいなあと思い

    ました。

    そんなように貪欲になるのもいいなあって思いました。

    おんどりさんのご好意で、家族6人といぬさん、ねこさんもお腹いっぱ

    いになって幸せそうな顔が印象に残ります。

    美味しい物ってとても幸せになります。

    とくに家族みんなで食べるのはとても幸せだと思いました。

    太い黒いふちどりもとくにあかちゃんには、力強く印象が残っていいな

    あと思いました。

    「こけこっこーーー」「こけこっこーーー」

    の繰り返しがお気に入りの孫でした。

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまごから芽が出て

    たまごを地面に植えたら芽が出て大きな卵に…。
    「はやくめをだせ こけこっこー」
    「はやくみがなれ こけこっこー」
    なんかさるかに合戦を思わせるフレーズでした。
    現実ではありえないストーリーなので、
    事実を知ってから想像力豊かに読むといいかもしれません。
    娘は特に反応がなかったのでもう少し大きくなったらまた読んであげようかな。

    掲載日:2008/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアたっぷり

    • 霧丸さん
    • 20代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子1歳

    たまごを地面に埋めて、木がでてきて、そこに大きな卵の実(?笑)がなる。。とってもユーモアたっぷりの展開で、
    面白いのですが、ちょっぴり困ったのは
    「たまごはニワトリがうむ」ということをなんとなく理解し始めていたばかりの1歳の息子には、
    「木になるの?」というとまどいもあったようで、不思議な顔をして私の顔を見ました。
    一応、「卵はニワトリが産むんだけど、このお話のたまごは、埋めたら木がでて、大きなたまごの実をつけたんだね、不思議だね、魔法かな?面白いね」と言葉を添えたのですが、
    なんとなく納得してくれたようで、あとは大きな卵やきを見て「まんまるー」と喜んでいました。

    お話の中で起こる不思議な展開というのも絵本の魅力だと思うので、リアルだけではない絵本の面白さも、この本で伝わってくれたらいいな、と思います。

    掲載日:2007/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(3.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット