だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

きえたいろ」 みんなの声

きえたいろ 作:M・F・ガリアルディ
絵:ステファン・ザブレル
訳:高田 敏子
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年09月
ISBN:9784052018947
評価スコア 3.86
評価ランキング 28,801
みんなの声 総数 6
「きえたいろ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 森に色泥棒がやってきて、全ての色が消えてしまいました。
    その後、色が戻った方法には「まさか、そんなことで!」と驚きました。
    実に、子供らしいですね。
    色使いや絵の描かれかたなど、外国の雰囲気が強く感じられる絵本だったと思います。

    掲載日:2015/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフルで素敵な絵本

    森の色を盗む色泥棒の白いおじさん。主人公の少年は、何か特別なことをしたら戻るかも?!と、いろんなことをしますが、泣いたすぐ後に笑ったら、色が戻ります。でも、変なところに色が戻ったのでおじさんに頼みます。すると、色泥棒ではなくて、虹つくりのおじさんだったんです。「戻す代わりに、虹を出すときには貸してね」と約束して、全てを戻します。

    おじさん、最初から頼めばいいのに、、、というツッコミどころもありますが、絵本の中で色があふれていて、ストーリーもカラフル。表紙の虹の絵も最後まで読めば納得です。娘もタイトルだけで興味しんしんで読み聞かせを聞いていてくれました。おすすめ。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色の大切さ

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    子どもが喜びそうな夢のあるお話。
    色を消して袋に入れていく男が不気味でしたが、実は虹つくりのおじさんだったとわかります。
    色がなくなって、戻ったと思ったら色彩がめちゃくちゃ。
    色って実は大切な役割を持ってるんですね。
    一難去ってまた一難、最後まで目が話せない絵本でした。

    掲載日:2009/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色彩鮮やかな絵本ですが

    鮮やかな色の中で唯一モノトーンで描かれた謎のおじさんが印象的で、子供はとても気に入ってくれた様です。
    大人目線では、森の中で主人公のピニンにしかできない事・・・が、始めから予測できてしまったというか、有名な絵本の展開とほぼ同じだった事が少し残念でした。

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもらしいですが・・・

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    絵は、子どもの頃にやった、クレパス+絵の具で書いてあって、
    主人公のピニンだけが、あとから貼ってあるようです。
    子どもの心をくすぐる絵と内容です。

    だれもできないことをして、魔法を解こうとしますが、それが何なのか見つからず泣いてしまいます。
    でも、それがだれにも出来ない事でした。

    泣いた後に、すぐに笑う事なのです。
    子どもらしいし、気持ちを切り替えは大切です。
    でも、笑った理由が、わにの泣き顔がおかしいからと言うのは、どうでしょうか?

    もっと、ほかの理由にしてもらいたかったなあ。

    掲載日:2006/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色使いそして絵がステキ

    • ミブノさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子8歳、男の子6歳、男の子4歳

    題名の通り色が消えてしまうお話です。色泥棒の男に色を盗まれて主人公のピニンがとり返す方法は自分にできて他の人に絶対負けない事をすること。なんだろう?色々試します。結局は色を返してもらえますが、その負けないことって言うのが実は泣いてもすぐに笑うことができる。何とも子供らしい!しかも本の色使いは、きれいで絵も独特のかわいいとは言いがたいですが頭に残るステキな絵です。色泥棒の男も実は悪気が合ってではなくて大きなにじをつくるあいだかしてほしいだけ、夢があると思いませんか?そうにじつくりのおじさんなんです。大人の人にもお勧めですよ。見てよし!聞いてよし!読んでよし!そろっています。

    掲載日:2003/12/18

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット