あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

「ちびくろサンボ」 みんなの声

ちびくろサンボ 作:(不明)
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 3
「ちびくろサンボ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ママの小学校の国語の本にのっていた

    • ゼミさん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳

    この本は人種差別問題などで絶版となりここ数年で復刻本となったんですよね。そうですママが小学何年生だったか?の国語の本にのっていました。
    三十年位前の教科書の内容で記憶に残っているのはこの「ちびくろさんぼ」とまどみちおさんの「ゆうびんやさん」という詩だけです。本屋さんで見かけたときは思わずうれしくなって買っちゃいました。三十年間記憶に残っている作品と評価すれば皆さんにはどんなに良い作品か想像できるのではないでしょうか。
    サンボという少年とトラが織り成すおいしそーな物語ですよ。

    掲載日:2006/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな、考えすぎてない?

    • ちささん
    • 20代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子2歳

    確かにこの絵本は差別という点から絶版になりました。でも、こどもに差別を教えてから絵本を読んであげるでしょうか?私は子供の頃この本を母から読んでもらって素直におもしろい!と、感じました。差別を知らずにただ、何度も読んでもらいました。トラがぐるぐるバターになってしまうのが好きでした。そして、読み終わった後かならずホットケーキが食べたくなりました。それでいいのではないのでしょうか?もう少し大きくなって差別を知ったときにこのお話を思いだしてくれればそれでいいとおもいます。今は昔ほど差別に神経質ではありません。肌の違う人はたくさんいます。この絵本は差別を考えて書いたものではないはずです。お母さんがこどもに読んであげる、それでいいのではないでしょうか?

    掲載日:2003/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちいさくてもできるよ(・−・)

    自分が小さいからと気にする子が増えてるみたいだが、ちっちゃくても勇敢で元気をくれる男の子のお話です。
    読んだことがある人も多いと思いますが、元気がないときや、ほかにも子供に読んであげると必ず喜んでくれると思います。
    そして きっと強い子になるでしょう...

    掲載日:2002/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぐりとぐら / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(3人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット