すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

サリバンせんせい」 みんなの声

サリバンせんせい 作:武鹿 悦子
絵:広野 多珂子
出版社:チャイルド本社
本体価格:\571+税
発行日:2004年05月
ISBN:9784805425657
評価スコア 4
評価ランキング 22,675
みんなの声 総数 1
「サリバンせんせい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 尊敬のまなざし

     ヘレン・ケラーとサリバン先生のお話ですが、広野多珂子さんの絵に惹かれて購入しました。「三重苦」という苦しみ、そして、「生きる」ということの喜びが、小さい子でも心で感じ取れるように、わかりやすい文章と、優しい絵で表現されています。

     娘も、何も聞こえない真っ暗な世界で、言葉も知らずに生きているヘレンの苦しみを、なんとかわかろうと懸命に努めているかのように、何度も、何度も繰り返し読みたがりました。
     あの有名な「水」のシーンでは、「ものには名前がある」ということをヘレンが初めて理解した瞬間、娘の顔もぱっと明るく輝きました。娘の手のひらに「みず」と書きながら、「どうかわかって。わかって」と必死に伝えようとしたサリバン先生の愛の深さにも心を打たれました。

     目を閉じ、両手で耳をふさいでも、「まだ光は見えるよ。ママの声も聞こえるよ」と、驚く娘。本当にどれほどの苦悩の中で、どれだけ努力し続けて、明日を切り開いていったことでしょう。
     ラストのページの成人したヘレンと、その傍らにぴったりと寄り添うサリバン先生の姿に、娘も最大限の尊敬のまなざしを送っていました。

    掲載日:2010/12/08

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット