しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

てっちゃんのえほん」 みんなの声

てっちゃんのえほん 作:大熊 義和
絵:いわむら かずお
出版社:チャイルド本社
本体価格:\581+税
発行日:2000年05月
ISBN:9784805422885
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,449
みんなの声 総数 3
「てっちゃんのえほん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほのぼの

    ほんの少しの変化でも子供にはとても楽しいようで、
    仕掛けの部分を何度もめくっています。
    「どこいくの?」と聞くと、とても嬉しそうに笑います。
    最後はみんながママの所に帰ったね。と言うと満足して本を閉じていました。

    掲載日:2010/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の世界観

    • ゆうぴっぴさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、男の子1歳、女の子1歳

    ページをパタパタめくる仕掛け絵本です。
    てっちゃんという男の子が読んでいる絵本から、次々と動物が飛び出して・・・。
    文中に「だいすき」がたくさん出てくるのが良いですよね。だいすきって、子供が喜ぶ言葉なので、読んでいる側も嬉しい気持ちになります。子供心を掴みやすい動物も出てきますし、文章も簡潔明瞭なので、赤ちゃんでもOKな絵本だと思います。
    子供の空想の世界をかわいらしく描いています。
    いわむらかずおさんの絵も大好きです。

    掲載日:2006/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の中から・・

    てっちゃんが野原でえほんを読んでいます。すると、絵本の中から動物たちが飛び出てきます。犬の親子が仲良く寝んねしていたかと思うと、子犬がぴょーん。絵本から出て歩き出すって感じです。
    絵が14匹シリーズのいわむらかずおさんで、とってもかわいく、ほのぼのしています。
    動物がでてくるとこは、ぱたんとページをめくる仕掛け絵本的になっていて、楽しいです。
    2歳ぐらいのお子さんから読めると思います。

    掲載日:2004/01/05

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ぐるんぱのようちえん / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット