だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ないたこだあれ」 みんなの声

ないたこだあれ 作:あまん きみこ
絵:上野 紀子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\500+税
発行日:1983年12月
ISBN:9784591018293
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,186
みんなの声 総数 6
「ないたこだあれ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • つられ泣き&笑い

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    あまんきみこのあかちゃんえほんシリーズで初めて読んだ絵本です。
    泣いている男の子が、次々出てくる動物達になぐさめられて、つい泣きがエスカレート、でも、それを見ていた動物達もつられ泣きしてしまうのが、子どもらしくて愛らしいです。

    最後に、何で泣いていたのか忘れちゃったかのように、みんな笑顔になっているのがいいですね。

    掲載日:2009/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズ

    以前にもあまんきみこさんの赤ちゃん絵本シリーズを読んだ事があり親近感が湧いたのでこの絵本を選びました。主人公が泣いているのを皆が慰めようと努力する姿がとても愛らしかったです。友達みんなから好かれている主人公は幸せ者だと思いました。泣いている時にいないいないばあをするのはいい方法なのだと知らなかったです。主人公の御蔭で知恵が付きました。上野紀子さんの絵も素敵でした。

    掲載日:2009/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいな〜

    お友達が泣いていたら心配です。
    なんとかしてあげたい。
    そんな子供の気持ちが絵本になったようなお話です。
    文字は少ないのですが、内容はきちんとあるので、
    赤ちゃんから少し大きくなるまで長く楽しめると思います。
    とてもほのぼのとしていて、読み聞かせしている親も暖かい気持ちになれます。

    掲載日:2008/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • あるある!と思いました

    • 霧丸さん
    • 20代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子1歳

    あっくんがないてるのを慰めに来てくれた動物達が
    なきやまないあっくんをみてみんな泣き出します。
    動物達がないているのをみて、
    こんどはあっくんがみんなを泣き止まそうといないいないばあをして、そしてみんなで笑顔に。

    これって実際に子供たちによくあることだよなぁと思いました。泣いているのがうつっちゃうことも多いし、そして誰かが泣き止むとみんなも泣き止む。すごくよくある「あるあるネタ」なので、身近に感じられ、親しみがわく本です。
    上野紀子さんのイラストもかわいらしくて大好きです。
    息子はいっしょに「えーん」と泣きまねをしながら読んでいました。シンプルで読みやすくて、小さい子でも楽しめる絵本です

    掲載日:2007/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかります!

    • さゆらぶさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    あっくんはずっとないています。それをみた動物たちが次々になぐさめにやってきます。でもどうしても泣き止まないので、ついには動物たちが泣いてしまいます。
    よく子供の中でもあることですよね。
    そしてあっくんがみんなが泣いているので驚いて泣き止みます。
    そしてみんなでわらいます。
    よかったね!
    とても単純ですが絵もかわいいし、大好きな本です。

    掲載日:2006/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣かないで。

    あっくんという名の男の子が泣いてます。ねずみ・うさぎ・くまがやってきて、泣かないで!というのですが、あっくんは泣き続けます。
    こまった動物たち今度は自分たちが泣いちゃうんです。
    ほのぼのとする光景です。それをみたあっくんがいないいないばあをして、慰めてあげるという話で、立場が逆転するところもユニークです。絵がかわいくて、簡単な話に娘も気にいったようで、一緒に泣きまねをして楽しんでいました。

    掲載日:2004/01/05

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット