ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

マローンおばさん」 みんなの声

マローンおばさん 作:エリナー・ファージョン
絵:エドワード・アーディゾーニ
訳:阿部 公子 茨木 啓子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1996年10月
ISBN:9784772190244
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,686
みんなの声 総数 7
「マローンおばさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 世間から隔絶され、貧乏で孤独なマローンおばさん。
    老いるということはこういうことなのでしょうか。
    招き入れた動物たちが唯一の救い。
    愛情を受けた動物たちにみとられてマローンおばさんは天国に旅立ちます。
    崇高な詩ではあるけれど、なんだかジーンとしてしまいました。
    マローンおばさんは、動物たちに見守られて幸せだったのだろうか。
    せめて息を引き取るところにいてくれたことが、救いではあったとは思うけれど。

    掲載日:2013/01/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • わかちあい。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    森のそばで、ひとり貧しく暮らすマローンおばさん。

    誰にも気にかけてもらえず、優しくされもしなかったのに、
    寒い冬、次々訪れる弱った動物達に居場所を与えてやります。
    食べ物も分けてやります。

    「あんたの居場所くらい、ここにはあるよ」と。

    アリーナ・ファージョンの美しく慈しみ深い詩。
    そして見事な日本語訳は、声に出して読みたい独特のリズムです。

    マローンおばさんは、自分の全てを動物達にわかちあい、
    読むもの、聞くものにも大切なことを分けあたえてくれます。

    この本を読み、佐藤初女さんを思いました。

    アーディゾーニの多くも少なくもない絵が、
    マローンおばさんの心をそのまま表現しているようです。

    掲載日:2009/10/14

    参考になりました
    感謝
    2
  • 天にめされたマローンおばさん

    エリナー・ファージョンの お話を読んでみたいと思って かわいい小さな絵本を見つけました

    マローンおばさんは一人貧しく暮らしていました 話し相手も自分だけ さびしい暮らし

    こんなお話で始まります 何だか 淋しいお話だな〜
    絵はエッチングで描かれていて 小さな絵の中に 優しさを感じました

    月曜日 雪深く 降り積もる日に すずめが一羽 家に入れてあげて 自分のパンくずを分けてあげるの・・・
     「あんたの 居場所くらい ここにはあるよ」

    火曜日は かりかりにやせた猫 やぱり 「あんたの 居場所くらい ここにはあるよ」と入れてあげて ぱんがゆをあげ
    マーロンおばさんも貧しいのに みんなが訪ねてくると中に入れてあげて やさしいおばさん!
    居場所この言葉が 本当に心に響きます
    今 居場所がなくて 淋しい子や 大人がいるのですが

    居場所があるというのは 誰でも大切ですね!!


    いろんな動物を全て受け入れてあげた マーロンおばさん
    とうとう死んでしまい みんなが聖ペテロのところへ連れて行くのですが・・・・

    キリスト教のお話ですね
     
    人に 優しくしたマーロンおばさんは 天に召されたのですね

    小さな子供には 難しいかもしれませんが キリストの聖書のお話のようで 高学年の子供なら 分かると思います

    人に優しくするとはどういう事かが 分かると思います

    一人淋しかったマーロンおばさんは いろんな動物と楽しく過ごせたのではと思います 
     
    死んでしまうのは かわいそうですが 天に召されて 幸せかもしれませんね・・・・・

    掲載日:2010/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あんたの居場所くらいここにはあるよ。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    表紙絵と、題名の響きに惹かれて、何となく図書館で借りてきました。
    中身も見ずに借りてきたので、読んでみてビックリ!

    私は読む前、「寒い雪の季節に森の中に暮らすおばあさんが、楽しい昔話でも語る」そんな物語だと思って借りてきたのですが…。
    全然違いました。

    どちらかというと、詩のような韻律で書かれている、どこかさみしいお話でした。
    凍えて死にそうな動物たちがおばあさんの小屋に訪れたとき「あんたの居場所くらい、ここにはあるよ」と言ってやるのです。
    自分の食べ物もままならない暮らしなのに、この言葉は訪ねてきた者にとって、救われますよね。
    ここのセリフが私は好きです。

    最後に優しいマーロンおばあさんが天国へ召されてしまうのですが、
    日本人の大好きな「(アニメ)フランダースの犬」のような美しく、
    神様に愛されているという終わり方は優しく、素敵でした。
    1ページ1ページの挿絵がとても印象的でした。
    ただ、ここに描かれている天国は、日本人の子どもたちにあまりイメージしやすいものではないので、子どもたちに読んであげる、語ってあげるというのでしたら、高学年以上のお子さんがいいかと思います。

    むしろ大人向けのお話会などで語ったら、喜ばれるかもしれません。

    掲載日:2009/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • やわらかなものに包まれるかんじ

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    おはなし会で、ファージョンの詩を聴いて、興味がわきました。
    宗教的なところがありますが、それとは関係なく心に響くものがあります。
    他の命を自分の命同様に大切にできる優しさ。
    すべての命には、居場所=生きる意味があるんだと安心感。
    なにか悩んだ時に、そっと開いてみるといいかもしれません。
    じわじわと温かさが伝わってきます。

    掲載日:2007/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙が静かにほおを伝います。

    愛って何だと思いますか?

    追いかけることが愛?
    待つことが愛?
    与えることが愛?

    この絵本を読んだとき、涙が溢れました。
    マローンおばさんは身寄りもなく、みすぼらしいおばさん。
    それでも、ある日一羽の鳥がマローンおばさんの元へ。
     
    マローンおばさんに何もなくても、そのままの姿で愛される。
    愛とはありのままの姿を愛してあげることではないでしょうか。
     
    そして、マローンおばさんが小鳥や、ねずみたちに、食べ物を分け与えることが、マローンおばさんの愛なのです。

    私はうつになった時、初めて自分を愛するということを知りました。
    自分の弱さ、苦しさを自分自身で愛してあげる。
    それは人に対しても同じです。
    ありのままの自分で愛されることを、この絵本は教えてくれました。

    掲載日:2005/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • いまだ涙声

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子9歳、女の子4歳

     マローンおばさんは森のそばでひとり寂しく暮らしています。誰一人マローンおばさんの様子を訪ねる人はなく、心にかける人もいません。でも、マローンおばさんは心の大きな持ち主です。月曜日から順に訪ねてくるみすぼらしい動物たちに「あんたの居場所くらいここにはあるよ」と話しかけ、心休まる場所を与えてあげるのです。そして、土曜日の夜……。
     英国人児童文学作家・詩人エリナー・ファージョンの詩です。英語で読んでも、日本語で読んでも、最後は涙声になり、子どもの前ではまだまともに読めていない状態が続いています。この美しい詩に出会えたことに心から感謝。後半はキリスト教的ですが、そこに描かれた主題は宗教を越え、普遍的です。黒のペン画がまた詩にぴったり。床で眠るマローンおばさんは動物たちと同じ高さにいますよね、それが忘れられません。冬が来たら開きたい、わたしにとって大切な一冊です。

    掲載日:2004/01/06

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おかえし / うみへいくピン・ポン・バス

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット