メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  

虫の知らせレストラン」 みんなの声

虫の知らせレストラン 著:怪談レストラン編集委員会 松谷 みよ子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2006年09月
ISBN:9784494011551
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,548
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • オチはあまりないです

    今回は虫のしらせなので、予告のまま話がすすむので、意外性にはやや欠け、そんなに怖くないし、オチもないです。でも素直に読めるので、小学生には良いと思います。

    「死のジャケット」は不吉なことを言われて捨てようとしたダグラス卿が救われ、欲しがった召使は予言どおり死ぬという結末で、予知夢や虫のしらせをあなどってはいけないなあと思います。

    「カラスの尾羽根」では国のために命を投げ出す者に対する最後の酒でも没収してまわる役人に腹が立ちます。周囲が「こんな国のために命を捨てなくていい、生きて帰れ」」というのも分かります。戦争はばかばかしいものです。国の名目や国の利益のために個人の幸せや命を捨てさせるのが義務だなんてばかげていると思います。

    時々聞く名前ですが、ツベタンカという名前がブルガリア語で花の子という意味というのは初めて知りました。知識が入って良かったです。

    掲載日:2011/05/01

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こねて のばして』ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット