だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

あながいっぱい!」 みんなの声

あながいっぱい! 作:みやもとただお
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2003年10月
ISBN:9784251039774
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,979
みんなの声 総数 13
「あながいっぱい!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 絵がとにかく私好み

    宮本忠夫さんの絵がとにかく私好みです。何と表現したらいいのか。たとえば豚。豚はほとんどピンクを思い浮かべる。でも宮本さんは青色、緑色と組み合わせる。それらの色と組み合わせることによってよりピンク色が生きてくる。キリンと言えば黄色と茶色を思い浮かべる。しかし宮本さんは緑、赤、青と組み合わせている。キリンの表情もとても優しげだ。熊のお母さんの顔も天使のようだ。絵を見るだけでも価値がある本だと思う。”あながあったらなにしたいか?”の問いかけにそれぞれの答えも実にかわいらしいもの。わにが好き。怖いものが出てくるから好き!なんて!そして怖いものであるお化けの絵は怖いというよりかわいらしい。好きといった当の本人ワニに体当たり。それでも好きなんてよほど好きなんだろう。私だったら穴に大好きな物の種をまいておきたいかな。娘ならどうするかな。などと自分自身に問いかけてみるのも楽しかったです。これから宮本さんの絵の本を探してみたいと思います。それほど気に入りました。色のセンスと優しい表情がとても気に入りました。

    掲載日:2007/09/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • あながあったら…

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    1歳と3歳のこどもに読みました。
    あながあったらどうするか?とお話がすすみます。
    人(動物ですが)によって反応が違って面白かったです。
    くまが穴に入っておかあさんといっしょにねんねするところが好きです。
    うちの子たちはあながあったらどうするのかな?

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • あなの中には

     動物たちの前に、あながあります。あなをのぞいたり、しっぽを入れてみたり、、、。あなの中は、いろいろなものがあっておもしろかったです。想像がふくらみますね。
     くまの親子が、ねむっているあなの中が、あたたかそうでほほえましいなと思いました。
     
     カラフルな色使いが楽しい絵本でした。動物たちの表情がよかったです。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • あなが あったら・・・

    一つの穴から広がる世界。
    なんだか心がホッコリするお話です。

    絵が素敵です。
    絵の具とペンの組み合わせでしょうか?
    穴や動物のほっぺの赤みなど、色使いがとても綺麗です。

    掲載日:2011/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な『あな』にびっくり♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    独特な絵のタッチです

    あな?
    どうも、「異空間」は遊べるし
    想像力が働くんですかね?

    全然予想出来ないことが
    ページをめくる度に
    展開されます

    くまさんの親子の絵がとっても好きです

    最後もいいですね

    おはなし会で読んでみたいです

    掲載日:2011/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美味しいもの

    きつねさんのようにしっぽを入れる勇気はないですが、しっぽで美味しい魚が釣れて、「美味しいものがぱくぱく食べられるから。」と考えるのがいいなあって思いました。そんな風に考えれるのが素敵に思いました。登場する動物たちがとても可愛らしかったです。夫々に何を思うのか友達にも聞いておきたいと思いました。

    掲載日:2010/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色彩が素敵

    絵の色使いがセンスがあって芸術的だなと感じました。
    お話も、ストーリーがあるわけではないのですが、
    絵の温かさと相まってほのぼのとします。
    幼い頃から、センスのある絵に触れてほしいなと思います。

    字が大きく書かれているので、娘も自分で声に出して読んでいます。

    掲載日:2010/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • これはどんな穴?想像力を広げる

    現実的にはありえるかな?と首をかしげるような事が多かったですが
    想像力を広げるのには素晴らしいお話かもしれませんね。
    しかし、怖いものが出てくると知ってて
    わざわざ穴を通り抜けるって言うのは
    理解に苦しみますが…。
    最後の
    『おかあさんとぽかぽか』
    『かわいいあかちゃんのうた』
    『ちいさいきのめ』
    は心和みますね。

    掲載日:2010/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 擬音以外は引っかからなかった。

    なんでしょうね。
    あんまり好きじゃ無かったみたいです。

    「ぴゅーん」とか「どろどろどろーん」とか、擬音は喜ぶんですが…
    絵のテイストが合わなかったのかなぁ。

    キャラクターもブタ、キツネ、ゾウ、キリンなど好きな動物ばかりだったのに、残念です。
    お話は可愛いので、子どもによっては気にいるのかもしれませんね。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんのあな?

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    絵がかわいいです。クレパスでざざっと色を重ねた、やわらかい表情の動物達がなんともいえません。
    それぞれの穴からは、それぞれの希望の穴の役割があって、次の穴はどんなことしてくてるの?という期待感が高まります。
    穴があったら、いったい何の穴でどんなことが待ってるのか、色々想像してみたくなりました。

    掲載日:2010/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット