雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

いないよいないよ」 みんなの声

いないよいないよ 作:あまん きみこ
絵:上野 紀子
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\500+税
発行日:1983年12月
ISBN:9784591018286
評価スコア 3.88
評価ランキング 28,736
みんなの声 総数 7
「いないよいないよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みんなおおきくなあーれ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    乳児親子の会のおはなし会用にセレクト。
    かくれんぼといないいないばあとミックスさせたような展開です。
    ねずみさんやうさぎさんなどが体の一部を覗かせて大きな木に隠れていて、
    みいつけた、と声をかけると出てくる趣向。
    それぞれが特徴のある鳴き声で登場するのも面白いですね。
    後半はみんな登場して、「みんなおおきくなあーれ」と言ってもらえるのが嬉しいですね。
    くまさんが隠れるくらい大きな木の存在感も素敵です
    登場人物たちの伸び伸びした表情にほっこりさせられました。
    もちろん、クイズ風にするのには難しいですから、
    誰だろう?のワクワク感をたっぷり味わってもらえるように読んでみようと思います。

    掲載日:2012/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみくんシリーズの絵ですよ

    1歳10ヶ月の息子に読んでやりました。

    昔よく読んだねずみくんシリーズのイラストレーターの本です(作者も同じかな?)。絵はとてもかわいいし、わかりやすいですが、ストーリー展開がイマイチです。いきなりねずみのしっぽが木の陰から見えるところから始まり、?と思います。そして最後には、大きな木を囲んで大きくなあれ・・・。

    いないいないばあともちょっと違うみたいで、いないいないばあが大好きな息子でもこの絵本には反応していませんでした。ちょっとストーリーの展開がわかりにくいのでしょうか。

    掲載日:2009/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • にまあ〜っ

    息子の大好きな、あっくんシリーズ、かくれんぼの本です。
    いつも出てくる大好きなお友達が、木のかげに隠れています。ちょっこっと見えている、しっほやおしりですぐにわかり、「あっ!きつねさん」とか大喜びで答えます。そして、次のページに出てくる姿が可愛いいんです。息子も、にまあ〜っとします。
    とにかく、あっくんシリーズは息子には大うけなのです!

    掲載日:2009/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • かくれんぼ遊び

    木のかげに隠れている動物達。ページをめくると誰が隠れているのかがわかるので、
    ちょっと見えている尻尾をヒントに誰が隠れているのかを
    当てながら読むと面白いです。
    ページをめくって、「○○だったね!」と
    正解を確認するのもそのたびに「わかった!」という
    喜びを味わうことができるので、子供も喜びました。
    子供の大好きなかくれんぼ遊び(いないいないばあ)なので
    子供受けはとてもよいです。

    掲載日:2008/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとしたクイズ感覚で

    • 霧丸さん
    • 20代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子1歳

    木の陰からしっぽだけちょこっと見えています。
    文章を読んでしまうとすぐに答えがわかっちゃうのですが、あえて文章を読むのはあとにして、
    「あれ?だれのしっぽかな?」とクイズ風に子供に問いかけてからページをめくって答え合わせのようにして読んでいます。すぐに答えもわかるので、子供も嬉しそうにページをめくるのを楽しんでいます。
    動物達やあっくんの表情が本当に楽しそうに生き生きと描かれているのでかわいらしいです。
    最後に「みんなおおきくなあーれ」といって、大きな木をかこんでみんなで万歳ポーズをしているところでは、
    息子も大きく両手を挙げて、「大きい」のポーズをまねしています。シンプルな内容なので、小さい子にもわかりやすくていいと思います。

    掲載日:2007/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ど〜こだ

    • キンコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子2歳、男の子1歳

    大きな木の向こう側に誰かが隠れています。でもしっぽが出ているので誰か想像できます。子供達は負けじとその隠れている動物を当てます。そして動物の名前を呼ぶと木の向こう側から出てきます。最後は主人公の「あっくん」が「ばぁ」と言って出てきます。最後の「あっくん」は子供達もちょっと考えてから答えました。皆知恵比べで楽しく遊べます。

    掲載日:2006/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 木に隠れてるのは?

    ねずみ・うさぎ・きつね・くま・そしてあっくんという名の男の子が木に隠れています。あまんきみこさんの赤ちゃん絵本シリーズでおなじみのキャラたちです。そして、ちゅう、ぴょんとそれぞれ木から出てきます。
    体の一部が木から見えているので、これは誰かな?と子供に問うこともできます。
    最後の「おおきくなあれ」という語りかけには共感できます。かわいい絵と簡単なストーリーなので小さいお子さんにおすすめです。

    掲載日:2004/01/07

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット