あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

いいものひろった」 みんなの声

いいものひろった 作:なかの ひろたか
絵:二俣 英五郎
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1990年06月
ISBN:9784494006519
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,053
みんなの声 総数 7
「いいものひろった」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • きつねさんの下心はかなえられなかったけれど、くまさんの収獲を横取りしていたらどうなっていたのでしょう。
    欲が幸いして(?)、くまさんにはきっとしんせつなきつねさんだと思われたでしょうね。
    これで良かった、こんなことってよくあるように思います。
    間がいい、間が悪い、運が良かった、運が悪い。
    安心して読み聞かせに使える本の一冊です。

    掲載日:2015/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 正直がいいね

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    小さい子向けのお話のようだったので、期待しないで読んでみたら、なかなか最後まで、楽しく読めました。
    クマさんが捕った魚をうらやましく思っていたら、クマさんは帰り道に一匹、また一匹と落としていきます。それをラッキーと思いながら、拾っていくキツネさん。
    どうせもらうなら、後ろめたい気持ちじゃなく、ちゃんと相手からもらったほうが、気分良いですよね。
    正直に言ったキツネさんに、思わず(そうそう、それでいいんだよ)と心の中で言いながら、子供にもお話の言うところがわかったかな?と期待している私です。

    掲載日:2009/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心からじんわり笑える

    ページを繰るごとに、ブブッ!フフフフフ とひそやかな笑いが漏れ、ラストにワハハハハハ!と気持ちよく笑わせて頂きました。
    このボケとツッコミ、たまりません。大人の世界でもあるあるある〜。
    この繰り返し、ちょっとづつちょっとづつ盛り上がっていく感じがたまりません。
    心からじんわり笑えます。

    かわいらしい中にもオトボケな雰囲気を漂わせる味わいのある絵もすごく良かったです。

    掲載日:2009/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳の娘と読みました!

     手に取ったのは春だったのですが、物語が秋のお話なので、読むならぜひ、その季節にあわせていただくといいかな〜と思います。
     くまさんのとぼけた顔つきや、きつねさんのドギマギしている姿など、とても表情豊かに描かれていて、好感を持ちました。
     人間、誰しも欲張ってしまうことってありますよね・・・昔話だったら、きっとひどい目にあっていたはずでしょうけど、このお話には、そういった目線はありません。
     やさしく、あたたかな雰囲気を感じました。

    掲載日:2007/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二匹のやりとりがかわいい♪

    たくさん鮭を釣ったくまさん。
    それを羨ましそうに眺めているきつねさん。
    この2匹のやり取りが繰り返しなのですが・・かわいい!
    それにこのきつねさんもくまさんもとてもいいキャラクターなんですよ。
    よくきつねが意地悪だったり・・なんて話も多いですが
    一匹一匹鮭を拾いながら、もう帰ろうかな?いっちゃおうかな?と思いつつ最後までついていっちゃって最後には落ちてますよといっちゃうカワイイきつねくん。
    憎めません。

    掲載日:2006/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わずニッコリ

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子1歳

    のんびりしたくまさんのお話かな?
    思わず微笑がこぼれちゃいます。

    竹にさした鮭を背負って歩くくまさんと、くまさんが落とした鮭を拾って歩くきつねさん。
    1ぴき、もう1ぴきと拾っていくのだけれど、最後のページのきつねさんの心情とその表情には笑わずにはいられませんでした。

    まだ小さな娘にはママの笑顔の理由がよくわからないようですが、もう少し大きくなったらまた一緒に読みたいですね。

    掲載日:2006/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせ向きの素敵な絵本

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    ある秋の日、背中がかゆくなったクマさんが背中をこすりつける木を探しにいきます。
    クマさんはちょうどいいりんごの木を見つけ、背中をこすりつけます。
    すると(多くの方が想像できると思いますが)りんごが落ちてきました。
    りんごは転がって川にポチャン!
    川の中のりんごを見ていると、そこにたくさんの鮭があがってきました。
    クマさんは大喜びで鮭を川岸にはねあげ、一匹一匹竹に通し、
    肩にかついで家に帰りました。
    ・・・とこれで終ってしまったら、なんとも普通のお話なんですが、このあと、一匹のきつねの登場でとっても面白いお話になります。
    是非読み聞かせで使いたい絵本です。
    こんな素敵な絵本に出会えるととっても嬉しくなります♪
    絵は私の大好きな二俣英五郎さんが描いています。
    きつね、クマ、いづれの表情も素晴らしかったです。

    掲載日:2004/01/07

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット