貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

こころってなんだろう」 みんなの声

こころってなんだろう 作:杉山千香
絵:夏目 洋一郎
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年10月
ISBN:9784265036479
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,363
みんなの声 総数 1
「こころってなんだろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 心の動き、心の働きについて

    「げんきがいちばん」シリーズの7巻目。
    心について考えてみる絵本です。
    「かんがえるカエルくん」という絵本でも、カエルくんが「こころってな〜に?」「こころって、どこにあるの?」って、(この絵本は哲学として)読者に問いかけてきました。
    こちらの絵本は、少し毛色が違います。むしろ医学的、体験的に「心」というものがどういう存在であるかを、語ってくれています。
    身近に起こりうるドラマとして、心の動きをとらえてくれているので、小学校低学年くらいから十分理解できる内容になっていると思います。

    掲載日:2004/01/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット