ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…

百年たってわらった木」 みんなの声

百年たってわらった木 作:中野 美咲
絵:おぼ まこと
出版社:くもん出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年10月
ISBN:9784774307244
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,465
みんなの声 総数 31
「百年たってわらった木」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 頑張り過ぎてる子達に・・・

    作者12歳!ってことに、ただただ驚かされました。

    とても深いお話です。
    自分をよく見せようと飾ることに一生懸命で頑張りすぎていた木が、百年たって孤独に気づくというお話です。

    「飾らず、ありのままの自分を見せればいいんだよ」というメッセージが真っ直ぐに伝わってくる作品でした。

    12歳の作者もきっと悩み苦しんだことがあって、このような見解に達したのでしょう。
    だからこそ作品に記し、力強いメッセージとなったのでしょう。

    作者と同じ年頃の子ども達に読むと、いいのではないでしょうか?
    きっと多くの子の胸に、痛烈に届くはず☆

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    3
  • 頑張りすぎないで・・・・・

    全頁試し読みで読みました。娘もいつも自分のことはちっとも構わないで頑張りすぎているから、この絵本をプレゼントして「気を抜いて・・・」と、ほしいと思いました。100年たっても気づいてよかったと思いました。まだまだこの先何年も何年も生きられるから、木の周りにお友達がいっぱい集まってくれて本当によかったと思いました。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • じぶんであること

    自分らしくあることを貫くということは
    今の時代、簡単なことではないと思います。
    学校では低学年から空気を読むことを要求されますし・・。

    自分らしさを失わないまま
    集団生活していくことを
    自然と促してくれるような1冊です。

    作者はわずか12歳とのこと。
    これだけの文章が書けるということに
    今後を期待させるものがありますね。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一生懸命生きていること、精一杯無理をしていること、自分に自分を強いていること…、なんだか自分自身を納得させようとしている自分のことのようです。
    今日まで一生懸命生きていることが、決して理解されているわけではないことを絵本の主人公の木は100年経って知ることができました。
    他人にとって自分はどのように思われているのか、たまに脱力して周りを見渡すと見えてくることがあるのかもしれません。
    決して力づくでyはなく、力を抜いたところに人との接点があるのかもしれない…。
    これって大人向けの絵本ですか?

    掲載日:2014/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の自分をさらけ出すこと

    本当の自分をさらけ出すことは、自分を良く見せることよりも難しいかもしれません。

    かっこよく見せたい、すごいと思われたい。
    そのために努力することも、大切なことです。
    けれども、行き過ぎると周りが見えなくなってしまいます。

    自分のかっこ悪い姿、弱い姿は隠しておきたいもの。
    けれどもそれを乗り越えた時、きっと もっと大切なことに気付けるのだとおもいます。
    12才の作者さんの、純粋なメッセージが伝わってくる一冊です。

    掲載日:2013/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありのまま

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    とても素敵なお話でした。
    100年経っても友達ができない木が、自分に足りないものに気づいていきます。
    つるつるだと小鳥が止まりにくいと知って、つるつるである必要がないのに気付きます。そうして、ありのままの自分であることの大切さを知っていきます。

    人との関係において、ちょっと飾ってしまうことはだれにでもあると思います。でもそれでは長く関係は続いて行かない。
    自分と他人との関係を改めて考えさせられました。そしてこれが12歳のこの作品であるということに驚きました。

    掲載日:2013/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な作者

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    最初は知らずに読みました。4歳の息子が気に入って、何度も繰り返し読みました。
    あとになってよくよく見れば、作者は子どもだったのですね。本当に驚きました。
    百年頑張り続けた木。気負い続けた木。その気負いは無意味であったと気づき、自然体の自分に戻りこの先また何百年と生きていくというお話。
    12〜13歳の少女がこんなにスケールの大きいお話を書けるなんて!
    いや、大人じゃないからこそ書けたのでしょうか。
    作者の年齢を知ってから読むと、また違う味わい方ができます。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲良し

    森のみんなが木の周りに集まって楽しそうにしている姿がとってもかわいかったです!!うちの子は木の幹にたくさんの虫たちが集まってきていたのがとっても気に入っていて、とっても細かく見入っていました。みんなで仲良するっていいことだねって言っていました。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 木の顔の部分の位置がちょっとびっくり

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    普通、気を擬人化すると、たいてい木の幹の模様の部分を顔に見立てたりするものですが、この絵本の中の木は木の股の大きなこぶの部分に顔がついていて、最初ちょっと違和感がありました。
    慣れてくると、こういうのもありだなと、思えました。

    絵は全体的に色鮮やかではっきりしています。字も太く読みやすいし、たくさんの動物たちが出てくるので、読み聞かせなどには使いやすいと思います。
    読んであげるなら4歳以上小学校低学年くらいにお薦めします。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • リラックス

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、男の子8歳

    息子六年生のクラスで読み聞かせしました。

    思春期を迎え、かっこよくみせようとか
    無理して突っ張ってみたりしているだろう子供たち…。
    このかっこいい木のように気づくといいのだけど、
    救われるといいのだけど、という願いを込めて読みました。

    この木は百年経っても、寂しいままでいました。
    あるとき、頑張っていることに疲れてしまい、
    ふと気を抜くことを知りました。
    リラックスしたら、たくさんの森の友達が寄ってきて
    この先も生きていられそうだと笑っています。

    小学生の作品と知り、びっくりしました。
    ストレートな心の動き…。みんなの心に響いたらいいな。

    掲載日:2011/05/27

    参考になりました
    感謝
    0

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / わたしのワンピース / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット