庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ピンポンならすのだあれ?」 みんなの声

ピンポンならすのだあれ? 作・絵:たるいし まこ
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2003年
ISBN:9784579404209
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,047
みんなの声 総数 7
「ピンポンならすのだあれ?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 懐かしい気持ち

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子2歳、

    読みながら「わかるわかるー」という懐かしい気持ちになりました。
    お留守番中になるチャイムって、
    「ドキっ」と心臓が固くなる感じするんですよね。
    インターフォンやテレビモニターがなかった私の幼少期には絵本のしゅんたくんみたいに玄関まで行ってドキドキしながら「どなたですか?」と聞いたのを懐かしく思い出しました。
    次々と現れる珍客なのですが、親目線で見ると
    「ドア開けちゃダメ!」と叫びそうになりました。
    さみしいことですが、むやみに玄関を開けてはいけない現代なのですよね。ましては勝手に上り込んでオムレツをつくるなんて…
    親目線ではあの無防備さが怖くなりましたが、
    懐かしい気持ちでいっぱいになりました。

    掲載日:2012/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • お客さんがおもしろい

    まだ2さいの娘には早いかなと思いつつ、ピンポンならすのが好きなので読ませてみました。

    右側のページがドアになってて誰がでてくるのかとても興味深く読みました。お客さんがみんな動物だったので、とても楽しかったです。
    いのださんのオムレツがとても美味しそうでした。娘と二人で「ふわふわとろーり、おいしそうだね、食べたいね」と盛り上がりました。

    掲載日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキ

    なんだか、しゅんちゃんのお留守番とても忙しくてドキドキだったけど

    楽しそうでしたね。

    みんな良いお客様で安心しました。一人でお留守番はやっぱり大人にな

    っても不安になり心細くなります。下の娘が小学校5年生から鍵っ子に

    なったのを、今更ですが可哀そうなことをさせたなあって思いました。

    孫にだけは、鍵っ子にさせたくないと思いました。しゅんちゃんのよう

    に珍客で楽しい思いをするのならいいのですが、世の中物騒なので絵本

    の中で楽しむほうが無難のような気がします。

    昔なら、家に鍵などかけなくてお出かけしても大丈夫だった時代が懐か

    しいです。でも絵本を読んでいると初めてのお留守番もありかなって

    思ってしまうから不思議です。そんな魅力が絵本にはありました。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキ感は、楽しいです

    お留守番中に次々現れる変なお客さん。
    ドキドキ感が楽しい一冊なんだけど、
    ちょっと分かりにくかったかな〜?
    子どもの反応はイマイチだった。

    掲載日:2010/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなかいいね(笑)

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    お留守番って、引き受けたときはなんとも思わないのに、お母さんが出て行ったとたん、急に心細くなりますよね。
    このぼくも同じで、なんだかこわいなあと思っていると、次々に変わったおじさんやおばさんがやってきます。
    どうしてやってきたかというと・・・読んでからのお楽しみ。
    本当にこんなことがあったら、すごくうれしいなあと思うし、おるすばんのよくあるようなお話とは違って、とても楽しめました。
    子供も楽しそうに聞いていました。

    掲載日:2009/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜか忙しいお留守番

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子8歳、女の子6歳、女の子3歳

    お母さんがお買い物に出かける間、お留守番を頼まれるしゅんちゃん。
    すごく不安そうな様子から、きっと初めてのお留守番なのでしょう。
    「ピンポーン!」とインターホンが鳴るたびに
    とても不思議なお客さんが現れます。
    キツネの新聞屋さんから貰った「もみじやまだより」には
    見覚えのある人物がいっぱい登場して、
    また全部、平仮名で書かれているので お子さんでも楽しく読めますよっ♪

    掲載日:2006/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • お留守番はどきどき。

    すごく可愛い絵本です。
    お留守番って、小さい子には命がけの仕事ですよね?(ちょっと、大袈裟かな?)
    しゅんたくんも、お母さんが急に買い物にいくことになって、(たぶん初めてなのかな?)お留守番をすることになります。どきどきしているしゅんたくんのところに、次々にやってくる不思議な人(?)たち。
    とっても爽やかで、楽しいお留守番を見ることができました。
    最近、我が家の子供達もやっとできるようになったお留守番。ただ、近頃はちょっと怖い世の中なので、この絵本のしゅんたくんみたいに、簡単にドアチェーンをはずしちゃだめですよ。

    掲載日:2004/01/07

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / てぶくろ / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット