ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

くだもの」 みんなの声

くだもの 作:平山 和子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1981年10月
ISBN:9784834008531
評価スコア 4.75
評価ランキング 627
みんなの声 総数 484
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

484件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 幸せな時間をくれます

    絵本クラブ対象

    • ひぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子1歳

    私はどうも絵本に「読み聞かせ」のイメージが強くて、実はこの本を図書館で初めて見たとき、このような絵を見て楽しむ様な絵本って、いったいどうやって見せたらいいんだろう??って感じてしまっていました。
    でも、かなり評判のいい絵本だったので、くだものが大好きな娘の反応が見たくて1歳半の頃購入しました。

    初めのうちは、私もめくって読み上げる様な読み方をしてしまっていたので、娘もあまりいい反応をしてくれなかったのですが、ある日イチゴを食べる真似をしてみせてから、まるで変わりました!
    それからというもの皆さんの感想にもあるとおり、本当に楽しそうに食べる真似をするんです。
    1歳9か月の今、自分から持ってくるお気に入りの本の1つです。

    この絵本を開いて二人で食べて食べさせあって、「おいし〜い」ってニコニコ笑って、これが「幸せな時間」なんだな〜と思います。

    掲載日:2009/05/24

    参考になりました
    感謝
    10
  • 買って大正解

    0歳の娘に、いろんなくだものの名前を教えたくて購入しました。
    写実的な絵だったので、あんまりかわいくないなと思っていたのですが、
    「昔からある絵本だし、いい絵本なんだろうな」と思い、
    購入を決めました。

    結論からいうと、買って大正解です。
    娘の一番お気に入りの絵本で、
    1歳半になった今でも読まない日はないくらいです。

    あまりにも本物そっくりなので、食べる真似をしたり、
    「どうぞ」って言って私に食べさせてくれたり。

    娘はこの絵本で「いただきます」「ごちそうさま」のあいさつ、
    「おいしい」の言葉を覚えました。
    今では、ぬいぐるみにこの絵本を持ってきて、くだものを食べさせてあげています。

    実はこの本、友達からもプレゼントされて、計2冊持ってます。
    でも重複した本がこの本で本当によかったと思っています。
    一冊はおうち用、一冊は実家においてあります。

    この絵本は読んであげる絵本ではなくて、
    コミュニケーションをとる絵本だと思います。
    昔から今まで人気があるのも、うなづけます。
    娘が子供を産んで、この本で「いただきます」を教えてたら
    感動してしまう気がします。

    でもきっとその頃でも残ってる絵本だと思います。
    本当に買って大正解でした。
    続編?の「おにぎり」「やさい」も買おうか検討中です。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    8
  • おいしそう!!

    子ども達が取り合いになってボロボロになっている絵本です。私としても大好きで初めての子どもや泣いている子どもとのコミュニケーションをとるためによく利用しています。
    「はい、どうぞ」
    と食べやすく切られたくだものの美味しそうなこと!!
    子ども達もまねっこでパクンと食べてくれます。(指をかじられたことも何度かありますが・・・)

    だんだんわかってくると、「種があるから出してね」「ぺっ」なんていう会話&まねが出来るようになって、さらには私に向かって食べさせてくれるようになりました。

    食べやすい大きさの果物だけでなく、素の形もリアルに描かれているぶん、名前を覚えるにもとてもわかりやすくて本当におすすめです。
    なかでも子ども達のお気に入りは「くり」
    イガイガをさわって「いちゃい!!」私が「いたいいたいのとんでけ〜」をするのをまっています♪

    掲載日:2004/10/20

    参考になりました
    感謝
    4
  • 初めの一冊

    息子が一歳前に、この絵本と出会い、今は、一歳になった娘が読んでいます。
    この絵本で『さぁ どうぞ』と私が言い、娘の口元に運ぶマネをすると、娘も口をあけて、モグモグ。

    何度か読んでいると、私が『さぁ どうぞ』と言うと、自ら食べるマネをします。
    そして、私が『おいしいねぇ〜』とホッペをポンポンとしていると、娘も笑顔でホッペをポンポン。

    ちなみに息子の時も同じ様な反応でした。

    今は、息子が娘に読んであげている姿を見ると、簡単なやりとりなので、兄妹遊びにもなるんだなぁ〜。と、ほのぼのしました。

    家族で楽しめる一冊だと思います。

    掲載日:2012/05/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • この本は、市の4ヶ月検診の時にいただきました。
    当時は読み聞かせには程遠く、1歳過ぎても興味をしめさず、2歳の今になってようやく楽しめるようになりました。

    色も形も大きさも、本物そっくりに描かれているくだものが出てきます。
    つぎのページでは、皮をむき、切った常態で「さあ どうぞ。」
    すいか、もも、ぶどう、なし・・・etc.どれも馴染みのあるくだものですよね。

    この本は字が少ないので、読み聞かせというより、やりとりしながら楽しむ本かと思います。
    わが子は、「このくだもの何だろうね?」と一緒に考えながら読んだり、
    「さあどうぞ」と本を差し出すと、「いただきます」と食べるまねをしたりしています。

    掲載日:2010/05/31

    参考になりました
    感謝
    2
  • はじめての絵本

    生まれてはじめて読んであげた絵本です。

    くだものが大きくリアルに描いてあるシンプルな本なので、
    ただ書いてあることを読むだけでなく、「これは、なあに?」
    「わぁ、おいしそうだね」などとおしゃべりしながら見ています。

    まだ0歳の頃から手に届くところに置いていたので、
    破いたりしてしまって、ボロボロですが、娘は気に入って
    いるようで、何度も読んでと持ってきます。

    1歳を過ぎた頃には、ページをめくるたびに、くだものを手でつかんで
    食べるふりをしたり、ママやパパにも食べさせてくれるようになって、
    読むたびに幸せな気分にさせてくれる1冊になりました。

    掲載日:2010/03/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • バナナむけるかな

    絵がリアルで私は好きです。娘が一歳の時に購入しました。バナナ上手にむけるかなのところに興味があるようで、それから自らバナナをむこうとしだしました。この本のおかげです。あとは読むたびに、はいどうぞをおうむ返しのように、私のマネして言ってました。2歳のいま、自分で読むんだあ。と、一人で読んでます。もちろん自分で作り上げた文章で。それはそれで楽しそうにしてます。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • おいし〜い!

    図書館司書の方におすすめされて、購入しました。
    司書の方は、「幼稚園児に読み聞かせをしても、みんな本の近くに来て、果物を食べに来るのよ」とおっしゃっていました★
    2歳の娘も例外ではなく、「おいし〜い!!」と本の果物をいつもモグモグしています。最近では、0歳の妹の口にも入れてあげるようになり、姉妹のコミュニケーションにも一躍かってくれている本です。

    掲載日:2014/01/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんな絵が描けるようになりたい(笑)

    年少の娘・1歳の息子がいます。
    正直、息子にとっては「まだ出会ったことのないもの」たちが多く、
    あまり興味を示してくれませんでした。
    他の方のレビューをみて、ちょっと期待してたのですが…。
    でもおいしいものがたくさん描かれているので
    実際に食べたら喜びそうです。


    それに対し、4歳の娘は図書館で借りた帰りに
    待ちきれなくて車の中で見ていました。

    ページをめくるたびに、
    「かーたん!なんとビックリだよ!!」
    と言いながら、大好きなくだものを食べて(?)いました。
    娘にとって、この絵本はまさに図鑑。
    文字もくだものの名前と「さあ どうぞ。」がほとんど。
    4歳には簡単に読めて楽しんでいます。

    最後に娘が言ったこと。
    「ねー、かーたん。メロンないね、何で?」

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • みずみずしい☆

    これも、かならずベストセラーで紹介されますよね。

    私が子どもの頃は、『絵本=おとぎばなし』。
    リアルなのは、図鑑ぐらいだった気がします。
    しかも、ストーリーではなく日常の何気ない風景。
    大人にとっては、何でもない世界。
    でも、赤ちゃん目線では、こんな風に見えるんだ〜!
    と気付かされる1冊でした。
    この『絵本なのにリアル』の発想は、
    当時の絵本界に新旋風を巻き起こしたんじゃないかな?
    と勝手に思ってます。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    1

484件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(484人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット