モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

おしゃべりくれよん」 みんなの声

おしゃべりくれよん 作:パトリシア・ハバード
絵:G・ブライアン・カラス
訳:いしづ ちひろ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1998年
ISBN:9784593503841
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,959
みんなの声 総数 18
「おしゃべりくれよん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • こんなクレヨン、素敵

    このお話はクレヨンがおしゃべりをするというお話でした。うちの子はおしゃべりしながら一緒にお絵かきができるクレヨン、あったらいいな〜なんて言いながらお話を聞いていました。色によって性格に特徴があったのが面白かったです!!

    掲載日:2014/06/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • ポップでキュート

    毎回ページごとに柄が違うお洋服を着ているおしゃれな女の子が主人公。紹介するクレヨンの色のワンピース着てます。とってもかわいいです。

    クレヨンの色ごとに連想される背景が飛び出します。
    3歳になるとクレヨンのお絵かきもだいぶ上手になります。書きたいものの似た色を使うことができます。読み聞かせをして想像力を掻き立てることができます。

    この方のイラストはとてもカラフル(暗い色も)でポップで、楽しい雰囲気が出てた読んでいる私たちも楽しくなります。
    子供は楽しいことが大好き、わくわくして聞いていました。

    お化けがでてくるシーンは早く捲れってどやされました。
    でも次のページはピエロのおじさんが出てきて、ホットします。

    家にあるクレヨンを見ながら読み聞かせもいいと思います。

    掲載日:2016/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色を覚えるのに大活躍

    まだまだ色の名前が言えない娘なのでこれを読んで色に親しんでもらってます。

    女の子がクレヨンとおしゃべりしながら色の世界を表現していて、読んでてとてもたのしいです
    色と一緒に声の表現も書かれていて頑張ってしてるのですがなかなか難しい。。
    みずみずしい声って?とか考えながら読んでます。
    でもそれがまた楽しいです。

    お絵かきしながらこの絵本を読んでも楽しいかなと思うので今度やってみようかと思ってます。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しくなる絵本

    4歳6歳の娘たちに読みました。いろんな色のクレヨン、そして可愛い女の子が出てきます。

    娘たちと私で「可愛いねー」と連発の読み聞かせ。「どの色がいい?」なんて質問し合いながら読みました。とっても楽しい読み聞かせになりました。ちょっと元気のないときでもこの絵本を読んだら元気が出ること間違いなし!

    掲載日:2014/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズミカルな絵本です。

    クレヨンのお話です。

    いろんな色がそれぞれ活躍してるページがあります。

    小さい子でも楽しめると思いますが、

    小さい子の絵本よりも色の種類が多いです。

    女の子の来ている洋服もいろいろと変わります。

    そちらも注目です。

    掲載日:2013/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい絵とくれよん

    沢山の「くれよん」が登場して、沢山の絵を描いていきます。

    とってもリズミカルな言葉で、どんどん進んでいいます。

    可愛い絵と、ピッタリで女の子は、誰もが好きだと思います。

    小さな子供、くれよんに興味を持ったらこの絵本がいいと思いました。

    掲載日:2012/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  •  “マグリーリさん”シリーズや『ようちえんていうところ』でファンになってしまったG・ブライアン・カラスさんの絵でしたので手に取りました。

     クレヨンを主役とした作品はたくさんありますが、この作品も素晴らしい。
     それぞれの色のクレヨンが主役となる各見開き。
     紫は風船ガム。

     茶色のページと緑のページが気に入りました。
     銀色も捨てがたいな〜。

     色の持つイメージってあると思いますが、見事に各ページそれそれの色の素晴らしさが表現されています。

     クレヨンデビューの赤ちゃんからでも楽しめると思いますよ。
     息子が、ちょいと覗いて「このページがすきだ!」と青色ページを指さして行きました。

     皆さんは、どの色のページがお好みでしょうか?

    掲載日:2010/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • くれよんを使う時期のお子さんに

    声に出して読むと、とても心地よい響きがありました。

    絵もポップではじけるような楽しさがあります。

    どの色がどんな風に使うのかページをめくる楽しさがありました。

    くれよんを使う時期のお子さんにとって身近なお話だと思います。

    掲載日:2009/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほっぷなくれよんが楽しいよ

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪8歳

    真面目な日本人の絵の感覚では描けないポップな絵本。この絵のホップさにかなう絵本作家は長新太先生ぐらいかな(あれはあれで物凄い色彩感覚だけどね)。くれよんの色の印象を考えて絵にして見ているこっちまで楽しくなってきます。
    しろいくれよんはおばけなんて日本人なら青空に浮かんだ雲を綿菓子にして食べちゃいそうです。ピンクのくれよんもピエロがでてくるなんて舶来の絵本だなぁと思ってしまいました。日本だったら桜を選ぶのじゃないかなぁ。
    姪っ子はこの絵本を読んだ後白い紙にくれよんでぐちゃぐちゃわけのわからない絵を描きはじめました。姪っ子の最高傑作ができたそうです。絵を画像で見せられないのが残念です。

    掲載日:2009/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園生女の子におすすめ

    • しゃけさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子8歳、女の子6歳、男の子1歳

    絵を見るだけでも元気になります。
    天気が悪くて外に出られない日にこれを読んだら、
    「ママ、おえかきしよう〜」と娘も機嫌がよくなりました。

    掲載日:2008/02/06

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット