しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ねむりたくないトム」 みんなの声

ねむりたくないトム 作・絵:マリーアリーン・ボーウィン
訳:かねづか きょうこ
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年
ISBN:9784579403677
評価スコア 3.25
評価ランキング 36,791
みんなの声 総数 3
「ねむりたくないトム」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもは親にそばにいてほしい

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子7歳、女の子4歳、男の子1歳

    「ねむりたくないトム」の題の通り、主人公のうさぎのトムは、お母さんにベッドに入れられてもなかなか眠れません。この絵本では、寝付くまでお母さんがそばにいてはくれないのです。トムは一人ぼっちで寂しいのです。その子どもの叫びが、とてもよく表現されています。最後は、自分のベッドに持っているぬいぐるみをみんな乗せて、自分の寝る場所がなくなり、疲れておもちゃ箱の上で寝てしまっています。

    うちでは、家族全員が狭い部屋にそれこそくっついて寝ています。それでも、子ども達は毎晩のように「ママのとなりがいい」とか「手をつないでね」と言います。外国ではこう(子どもを1人ぼっちで寝かせる)なんでしょうか?アメリカの映画などを見ると、子どもは小さい頃から1人で寝かせられています。

    子どもはやはり「お母さん、そばにいて」と思っているのでしょうね。
    この絵本からはそういうメッセージが聞こえてきます。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怒ったママうさぎはまるで私(笑)

    うさぎのトムは一人で寝るのが苦手みたい。
    まるでFUFUみたい〜〜〜と娘が言って3冊目の最後の一冊に選ぶ事が多かった絵本。
    途中でトムがベットから出てリビングに降りてきてしまった来た時の両親の顔(笑)
    経験のある方ならその気持ちが良くわかると思います。
    怒ったうさぎのママは自分にそっくりで思わずうなづいてしまいます。

    掲載日:2008/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文化の違い?添い寝してあげればいいのに

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子10歳、女の子8歳、女の子3歳

    なかなかねむりたくないトムは、うさぎの男の子。
    おとうさんにだっこをねだったり、おかあさんにお話をしてもらったり・・・この辺はどこにでもある情景ですね。

    部屋が散らかってたり、ふとんに入ってから「のどが乾いた」なんていうところも、我が家では日常茶飯事で笑っちゃいました。

    う〜ん、でもね、文化の違いと言ってしまえば仕方ないことなのかもしれないけど、暗い部屋で小さな子をひとりきりで寝かすというのは、かわいそうな気がするんです。しかも、おかあさんの顔がどんどん怖い顔になって、「あまえるのもいいかげんにしなさい」なんて怒り出すシーンは、読んでる方もたまらなくなります。
    結局トムは、おもちゃやぬいぐるみを全部引っ張り出して、ひとりで眠りにつくんだけど、寝付くまで、おかあさんかおとうさんが添い寝してあげればいいのにな・・・と思ってしまいました。

    絵は、なかなかかわいいですが・・・。

    掲載日:2004/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / ねないこ だれだ / ルフランルフラン2 〜本のあいだのくにへ〜

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット