あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。

ロージーの冬物語」 みんなの声

ロージーの冬物語 作:エリザベス・レアード
絵:市川 里美
訳:坂崎 麻子
出版社:リブロポート
本体価格:\1,500+税
発行日:1997年11月
ISBN:9784845711611
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,612
みんなの声 総数 1
「ロージーの冬物語」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 田舎の暮らしが生き生きと描かれています

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子3歳

    ロージーはおばさんの家で3人のいとこと冬を過ごすことになります。雪の閉じ込められてしまうこともあるけれど、いなかでは家のまわりにお楽しみがいろいろあります。寒くて外に行けない時にはゲームをしたり、お話を聞いたり。

    4人の子供達が聞くお話まで楽しめて、2倍嬉しい本です。

    私も子供の頃は、家族や親戚と暖かい部屋でこんなふうに楽しく過ごしていたような気がするなあ。いとこ達とイヌッコロのようにあそんだなあ。という郷愁を誘う本でした。描かれているのは、多分イギリスのいなかなのになぜでしょう。

    市川里美さんの絵のせいでしょうか。生き生きとした表情の子供達。細かい所まで書き込まれた家の様子。雪の冷たさが伝わり、枯れ葉を踏む音が聞こえてきそうな外の風景。彼女の絵には、いつも引きつけられます。

    掲載日:2004/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもの健やかな成長を願う終わりのない愛の絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット