十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

あめのひのおるすばん」 みんなの声

あめのひのおるすばん 作・絵:岩崎 ちひろ
出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1968年
ISBN:9784783400196
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,490
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 子供のころを思い出す

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    何歳何カ月までを描き分けるという岩崎さんの繊細な絵に魅了させられる絵本です

    内容も雨の日に一人で留守番する子供の気もちそのままの不安や寂しさまでもが、画面から伝わってきます

    あの水彩画の技術は驚きです

    セリフもあまり多くないので、絵が語る部分が感じ取れるんでしょうね

    時代を超えてまだまだ永遠に読み継がれる絵本だと思います

    掲載日:2011/05/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • すばらしい感性の表現

    小さな女の子が一人でお留守番しています。
    雨が降っています。
    女の子は不安です。
    心細さ、雨に対する感覚、母親への思い、お留守番ができていることへの誇らしさ、女の子の繊細な心の動きが、雨の中でぼんやりとにじんだ感じで表現されています。
    あえて水彩絵具のにじみの中で、そっと表現したところがスゴイ。
    言葉が少ないだけに、絵がすべてを語っています。
    幼年むけに作られた絵本かもしれませんが、この表現力、感性の伝え方の世界を味わうには、心のひだが培われてこなければ難しいようにも思いました。
    岩崎さんにとっても、印刷されて絵の出来上がりを確認するまでには冒険だったのではないでしょうか。
    これほど繊細な表現が印刷機でつぶされてしまったら、失敗作になってしまうような実験的な絵本。
    眺めて飽きない絵本です。

    掲載日:2011/04/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 少ない言葉と幻想的な絵

    • なぉなぉさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    ひとりでお留守番するときのドキドキする気持ち。この絵本を読むとまさにその気分にさせられるほど、うまく表現されています。
    少ない言葉と幻想的ないわさきちひろさんの絵がその雰囲気をかもし出しています。
    見ても読んでも楽しめる1冊です。

    掲載日:2007/06/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • この絵本の女の子はお母さんを待つけどいろいろなもので紛らわす。雨の中でお留守番はとても嫌になりますよね。曇ったガラスにいろいろ書く。電話が鳴っても知らない人が出ると言いづらいですよね。この女の子は出なかった。たとえお母さんでも。でも、やっぱり、お母さんかなぁと思い、女の子は電話が鳴るのを待つ。少しの時間でも、子供にとってはとっても長い時間ですよね。

    こちらも、少しのお使いをしていたら、もう少しでゲットとなるものを逃してしまいました。なぜなら、寂しくて携帯で戻ってきてと悲しい声で呼ばれました。ちょっとの時間でも本当に待っている人にとっては長い時間ですね。

    掲載日:2007/06/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自然と感じられる。

    お留守番をしたがる娘に借りました。
    お留守番をしてるときってどんな気持ちだろう?とか、楽しいんじゃないかな?と考えていた娘。
    絵本を読んで、自然と自分の中で感じ取れたようでした。
    何度も何度も読んでとせがまれましたが、どう理解したのか?と聞いても、「ただ、読んで欲しい気持ちになる。」と言っていました。
    素直に絵本に同感できるところが、いいところだと思いました。

    掲載日:2007/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • お留守番の気持ち

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子12歳、男の子10歳

    いわさきちひろさんの描く淡い絵が
    お留守番している少女の心情を映し出しています。
    おかあさん、まだかしら?
    お外は雨、雨だれと、雨の風景が、微妙に少女の心をかき乱します。
    あっ おかあさん。
    絵は無くともこの言葉で全てが伝わります。
    雨の響きに似た絵本です。
    お留守番したことのあるお子さんにも、
    お留守番任せて帰ってきたお母さんにとっても、
    何かしら心に響くおはなしですね。

    掲載日:2006/06/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもの気持ちがわかります

    一人でお留守番するって、きっとこんな気持ちなんだろう、と感じることが出来ます。まして雨が降っていたら外に出るとも出来ません。電話は昔のものだけど、子どもの心は今も変わっていないと思います。こういった気持ちと経験を積み重ねて大きくなっていくのだろう、と思いました。

    今の親は我が子にお留守番をさせるのでしょうか? ちょっとお買い物、の短いお留守番はさせてほしいです。でもちょっとパチンコへ、は絶対にしないで下さい。まして連れて行くことも。

    この子のおかあさんはどこへおでかけしたのでしょうか?
    いつ帰ってくるのでしょうか?
    「ただいま!」と笑顔で帰宅したお母さんが出てきません。
    結末も意外でした。

    掲載日:2006/04/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • いわさきちひろの世界

    • ぽぽろんさん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子3歳、男の子2歳

    年末実家に帰ったら子供たちが見つけてきました。全然覚えてなかったのでびっくり!なんだか得した気分です。
    これは、いわさきちひろさんが初めて文章も書いた絵本だそうです。そういえば、長野県に住んでいたこともあって、美術館があったなあと思い出しました。私が生まれた年に亡くなってるんですね・・・。

    雨の日に女の子が一人でお留守番をしているお話。女の子の目線で、この子の独り言のような感じですが、これには説明なんていらない。なんだかスーッと引き込まれていきます。独特な色合いで、寂しさが伝わってきます。お母さんが帰ってきて(はっきりとはうつっていなくて、そこだけ暖かな色になっている)、抱きついているところがホッとしますね。

    掲載日:2004/01/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「いわさきちひろー27歳の旅立ちー」というDVDを見ました
    彼女の生き方に感銘を受け 感動しました

    はじめてのおるすばんは  ちひろさんが ひとりでおるすばんする 女の子のこころぼそい 気持ちを見事に 描かれた絵本です

    ちひろさんの 感性の豊かさが この絵本からほとばしっています
    あめのひ ひとりでおるすばん
    お母さん はやく帰ってきて    不安   おねがいをまどにかいて
    女の子の がんばっている様子が いじらしいです

    そして お母さんが帰ってきたときのよろこび
    あたたかな 色合い ぼかし絵で お母さんの姿は見えませんが・・・・ そこには あたたかい 安心した 女の子の顔が

    ちひろさんの 子どもへの 愛情がたっぷりと感じられる 感性豊かな絵本に 見入っています

    この絵本ができるまでのちひろさんのことば チームワークが大切だとかかれています   そうですね!  

    マイブックで持っていたい絵本です

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちひろワールド

    岩崎ちひろさんの描く絵は、どれも心なしか寂しげ。それがこのお話とピッタリ合っています。私が子供だった頃は、兄弟と一緒に子供だけでお留守番という事もよくあったけど、今の子供達にはあまりない経験かな。
    元気盛りの息子にはいまいちピンと来なかったようですが、私は読み聞かせしながら絵の美しさと寂しさにどっぷり浸らせてもらいました。

    掲載日:2015/10/16

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット